2019年02月27日

『天国でまた会おう』お薦め映画

★★★★★ 2017年製作 仏 (117 min)
【監督】アルベール・デュポンテル
【出演者】
ナウエル・ペレーズ・ビスカヤート
アルベール・デュポンテル(プレイ - 獲物 - 、ブルー・レクイエム、アレックス)
ローラン・ラフィット(ミモザの島に消えた母、エル ELLE 、ムード・インディゴ うたかたの日々)
ニエル・アレストリュプ、エミリー・デュケンヌ、メラニー・ティエリー、エロイーズ・バルステール
【あらすじ】1918年、西部戦線で仲間のフランス軍中年兵アルベールの命を救った若き兵士エドゥアールは、顔に重傷を負ってしまう。 帰還後、アルベールは家に帰りたくないというエドゥアールの戦死を偽装し、アパートで彼の面倒を見ることに。 声を失ったエドゥアールの想いを理解する幼い孤児の少女ルイーズも巻き込んで、3人は大胆な詐欺を企てる…。 ヒューマンドラマ。 ≪共に生きた時間に、一生分の輝きがあった。≫
セザール賞脚色賞・監督賞・撮影賞・衣裳デザイン賞・美術賞 原作:ピエール・ルメートル

『天国でまた会おう』象のロケット
『天国でまた会おう』作品を観た感想TB

画像Copyright:(C)2017 Stadenn Prod. - Manchester Films - Gaumont - France 2 Cinema All rights reserved.

seeyou1.jpg【解説と感想】 フランスのベストセラー作家ピエール・ルメートルによる本作の原作「天国でまた会おう」は、世界大戦三部作の第1部で、第一次世界大戦終結が間近に迫った1918年の西部戦線から始まる。第2部は「炎の色」、第3部はまだ出版されていない。ハードボイルド調の物語が、映画ではドラマティックに脚色されていて見事だ。

主人公の中年男アルベール・マイヤール(アルベール・デュポンテル:本作の監督と脚本も担当)は、第一次世界大戦のフランス軍帰還兵。貧しい育ちの気の弱いお人好しで、いつも残念な表情をしている。元の職場には戻れず失業し、婚約者からは振られ、踏んだり蹴ったり。だが、戦場で死にかけたからこそ、生きることに執着している。食うために働く、まさに一般庶民の象徴。彼を見るとつい笑ってしまう。

seeyou2.jpg 一方、戦場でアルベールの命を救ったために爆撃で顔の半分を吹き飛ばされてしまった不運な若者エドゥアール・ペリクール(ナウエル・ペレーズ・ビスカヤート)は、元々はハンサムなお坊ちゃまで絵を描くのが上手かった。生きる意欲を失くし痛み止めのモルヒネ中毒となっているが、美と復讐への執着を持つアーティスト。様々な自作の仮面を被っており、その奥で光る目がハッとするほど美しい。ほとんど言葉を発しないし顔も見えないが、十分魅力的なもう一人の主人公である。彼を見ると悲しくなってしまう。

seeyou4.jpg そして、前世からの因縁のように事あるごとに彼らの行く手を阻む悪役が、西部戦線で2人の上官だったドルネー・プラデル中尉(ロラン・ラフィット)。出世欲の塊で金への執着がすさまじい、庶民の敵。彼を見ると怒りがこみあげてきてしまう。

戦争がなければ、3人が出会うこともなかった。その戦争を起こしたのは敵・味方の両方の国家であり、戦争で得をしたのはエドゥアールの父(ニエル・アレストリュプ)のような金持ち連中。祖国のために命がけで戦った英雄なのに、今や国からお荷物扱いされている哀れな帰還兵は、本当は誰を恨めばいいのだろうか。

seeyou3.jpg アルベールは、命の恩人エドゥアールの介護と不慣れな仕事でヘトヘト。恩給の支給手続きも遅れていて生活は困窮を極める。しかし、近所の幼い少女ルイーズ(エロイーズ・バルステール)との交流で気持ちが明るくなったエドゥアールは、絵を描く気力を取り戻し、なぜか大それた詐欺計画まで思いつく。大金を欲しがる男には見えなかったのだが…?

seeyou5.jpg 原作とは多少異なる先が読めない展開で、衝撃的で美しい終盤のシーンがいつまでも心に残っている。孤独な人々が愛を求める感動的なヒューマンドラマであり、ファンタジックでミステリアスな、クライム・エンタテインメントでもある。お薦め作品だ。

(象のロケット 映画・ビデオ部 並木)


 
 
posted by 象のロケット at 17:39| 超お薦め映画作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月18日

『グリーンブック』お薦め映画

★★★★★ 2018年製作 米 (130 min)
【監督】ピーター・ファレリー
【出演者】
ヴィゴ・モーテンセン(イースタン・プロミス、はじまりへの旅、ヒストリー・オブ・バイオレンス、オーシャン・オブ・ファイヤー)
マハーシャラ・アリ(アリータ:バトル・エンジェル、ベンジャミン・バトン 数奇な人生、プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ / 宿命、ムーンライト)
リンダ・カーデリーニ(ハンターキラー 潜航せよ、シンプル・フェイバー、スクービー・ドゥー2 モンスターパニック、ブロークバック・マウンテン)

【あらすじ】1962年、アメリカ。 ニューヨークの一流ナイトクラブ「コパカバーナ」で、用心棒を務める白人男性トニー・リップ。 店が一時休業となった時期、彼は黒人男性ピアニスト、ドクター・シャーリーのコンサートツアー運転手として雇われた。 黒人用旅行ガイド〈グリーンブック〉を頼りに、2人は人種差別の激しい南部へと向かうことに…。 実話から生まれた音楽ヒューマンドラマ。。
ゴールデングローブ賞ミュージカル・コメディ部門作品賞・助演男優賞・脚本賞

『グリーンブック』象のロケット
『グリーンブック』作品を観た感想TB

画像Copyright:(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All rights reserved.

greenb1.jpg 【解説と感想】 男女差別の「ビリーブ 未来への大逆転」、人種差別の「ブラック・クランズマン」、「ビール・ストリートの恋人たち」、同性愛者差別の「サタデーナイト・チャーチ 夢を歌う場所」等、これから続けざまに「差別」を描くアメリカ映画が公開される。差別に苦しむ人が、今もいかに多いかということの現れだろう。世の中から差別は決してなくならない。

本作もアメリカの人種差別がテーマで、イタリア系移民の白人中年男トニー・リップ(ヴィゴ・モーテンセン)が、黒人ピアニストのドクター・シャーリー(マハーシャラ・アリ)の運転手兼用心棒となり演奏旅行に同行するという、実話ベースの物語だ。

greenb3.jpg 時は1962年。トニーには当時の白人男性としてはごく普通の黒人差別意識があった。しかし、アメリカで割と少数派のイタリア系移民は、「ウォップ(イタリア野郎)」と呼ばれ、白人の中では少々差別されてもいた。北欧系アメリカ人のスリムでハンサムなヴィゴ・モーテンセンが、お人好しのガサツで教養のないビール腹の典型的な「イタリアおやじ」になりきっているのには驚いた!

greenb2.jpg 一方、ドクター・シャーリーは黒人の人気ピアニスト。カーネギーホールの最上階で王様のような暮らしをしている、異色のインテリ紳士。上流階級の白人は彼を持てはやすが、受け入れるのは演奏だけで、決して同格とは見なしていない。北部ならそうでもないが、南部は特に黒人差別が強い。しかし、ドクターは敢えて南部ツアーを決行した。白人に劣らぬ身の振るまいと演奏の実力で、黒人を見る白人の目を変えたかったのだろう。

タイトルの「グリーンブック」とは、黒人が利用可能な施設が記載された旅行ガイドブックで、「ジム・クロウ法(有色人種による公共施設の利用を制限する法律)」の適用が地域によって異なる南部で重宝されていた。「ドクター・シャーリー・トリオ」の他のメンバーは白人なので、移動は別行動。面倒だがちゃんとやらないと逮捕されてしまう。

ドクター・シャーリーは元々クラシック畑の人。彼のCDにはクラシックの名曲も入っていて、静かで格調高い演奏が耳に残る。黒人の演奏は受けないと言われ、やむなくジャズ系に転向したが、本当はクラシックをやりたかったのだという。博士号を取っても、演奏が上手くても、色が黒いばかりにクラシック界では認められなかった。逆に黒人の中では浮いた存在だったろう。畑の中で働く黒人労働者たちが、白人運転手を従えた彼を無言で見つめる様子が何とも言えず印象的だった。

南部のコンサートツアーはハプニングの連続。屈辱的な扱いを受けてドクターは傷つくが、気のいいトニーとの掛け合いは笑わせてくれるし、微笑ましいエピソードもある。黒人の現実を知り、トニーの差別意識は変わっていった。インテリ黒人ピアニストと粗野な白人運転手が友情を育んでいく、社会派ロードムービー。お薦め作品だ。

(象のロケット 映画・ビデオ部 並木)


 
 
posted by 象のロケット at 21:22| 超お薦め映画作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月30日

『七つの会議』お薦め映画

★★★★ 2019年製作 日 (119 min)
【監督】福澤克雄(祈りの幕が下りる時、私は貝になりたい)
【出演者】
野村萬斎(のぼうの城、陰陽師、陰陽師 II、スキャナー 記憶のカケラをよむ男)
香川照之(市川中車)(フリック、トウキョウソナタ、ゆれる、劔岳 点の記)
及川光博(半沢直樹 、相棒 -劇場版 II- 警視庁占拠!特命係の一番長い夜、大奥、古畑任三郎 すべて閣下の仕業)
片岡愛之助、音尾琢真、藤森慎吾(オリエンタルラジオ)、朝倉あき

【あらすじ】都内にある中堅メーカー東京建電で、パワハラ騒動が起こる。 加害者はトップセールスマンの課長・坂戸(さかど)で、被害者は年上の部下で万年係長の八角(やすみ)だった。 パワハラ委員会の不可解な裁定に社員たちが揺れる中、万年二番手に甘んじてきた原島が新課長に抜擢される。 だがそこには、ある秘密と闇が隠されていた…。 ミステリー。
原作:池井戸潤 主題歌:ボブ・ディラン『メイク・ユー・フィール・マイ・ラヴ』

『七つの会議』象のロケット
『七つの会議』作品を観た感想TB

画像Copyright:(C)2019映画「七つの会議」製作委員会

nanatsu1.jpg 【解説と感想】 私生活は二の次にして仕事第一で働くのが、かつては社会人として正しい姿だった。今はプライベート優先で、残業も飲み会も社内行事も悪びれもせず断る社員が増えているという。ああ、一度でいいからドライに割り切れる人間になってみたい!

nanatsu3.jpg 本作の舞台は、東京都内の中堅メーカー「東京建電」。人望も熱いトップセールスマンの営業一課長・坂戸宣彦(片岡愛之助)が、年下の万年係長・八角民夫(野村萬斎)からパワハラで訴えられる。八角(ヤスミ)は、会議中も堂々と居眠りをすることから社内では「居眠りハッカク」と呼ばれている。そのグータラぶりに坂戸が激怒したのだ。非は八角にあると思われたが、なぜか親会社ゼノックスの倫理規定に則って坂戸は左遷され、万年二番手の原島万二(及川光博)が華の一課長に抜擢された。

「七つの会議」というタイトル通り、いくつもの会議が行われる。社内の絶対権力者である営業部長・北川誠(香川照之)が檄を飛ばし、各部署に高いノルマを課す。東京建電はいわゆる古い体質の企業で、何が何でも売り上げを達成しなければ生き残れない。怒鳴り散らす北川の方がよっぽどパワハラ上司なのだが、実はこのパワハラ提訴は大した問題ではなかった。ここから東京建電のみならず、親会社ゼノックスを巻き込む途方もない問題へと発展してゆくのだが、それ以上は劇場でご確認を。

nanatsu4.jpg 主人公を演じる野村萬斎は、俳優としても引く手あまたの狂言師。映画「陰陽師」で安倍晴明を演じたことから、フィギュアスケートの金メダリスト羽生結弦選手が「陰陽師」の劇中音楽をアレンジした曲「SEIMEI」を使った際には、和の動作のアドバイスを授けたという。世田谷パブリックシアター芸術監督を務めたり、2020年東京オリンピック・パラリンピックのクリエイティブ・ディレクターに就任したりと、本業以外でも大忙し。企業人の経験はあるはずもないお方だが、意外にも八角役にマッチしている。というのも、八角は一匹狼のはぐれ社員。「のぼうの城」で演じた“でくのぼう城代”のように飄々としながらも、かなり毒気のある人物で腹黒くも見える。

nanatsu2.jpg 小さい会議は報告を兼ねて便宜上行われるだけ、中くらいの会議は社内の力関係と根回しに左右され、大きな会議は結局はトップが決断を下す。つまり、登場する会議のどれもが、ほとんど意味をなしていない。それでも会議は社内の最重要事項として行われる。グータラでも八角は新卒時から東京建電で働いている生え抜き社員。会社を愛する気持ちもあるだろう。八角の不穏な行動は、結局は会社のためになるのではと思われるが…?

原作は、企業小説で絶大な支持を得ている作家・池井戸潤。サラリーマンやOLの心意気と残念のあるあるが詰まった、企業犯罪エンターテインメント。お薦め作品だ。

(象のロケット 映画・ビデオ部 並木)

 
 

posted by 象のロケット at 15:29| 超お薦め映画作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月11日

『天才作家の妻 40年目の真実』お薦め映画

★★★★ 2017年製作 スウェーデン・英・米 (101 min)
【監督】ビョルン・ルンゲ
【出演者】
グレン・クローズ(101、彼女を見ればわかること、アルバート氏の人生、白と黒のナイフ)
ジョナサン・プライス(未来世紀ブラジル、エビータ、パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド、007/トゥモロー・ネバー・ダイ)
クリスチャン・スレーター(マンハッタン花物語、クライム&ダイヤモンド、告発、インビジブル2)
マックス・アイアンズ、ハリー・ロイド、アニー・スターク、エリザベス・マクガヴァン
【あらすじ】現代文学の巨匠となったアメリカの作家ジョゼフ・キャッスルマンの、ノーベル文学賞受賞が決定。 授賞式に出席するため、妻ジョーン、駆け出しの作家の息子デビッドと共にスウェーデンを訪れた夫ジョゼフは、有頂天だった。 ホテルのロビーで、妻ジョーンは記者ナサニエルから思いがけない質問をぶつけられる…。 ヒューマンドラマ。

『天才作家の妻 40年目の真実』象のロケット
『天才作家の妻 40年目の真実』作品を観た感想TB

画像Copyright:(C)META FILM LONDON LIMITED 2017 All rights reserved.

wife1.jpg 【解説と感想】 ノーベル賞受賞者の発表後は、受賞者の業績はもちろん、生い立ち、家族、母校、私生活などが話題となり、尊敬の念を持って報道される。歴代の日本人受賞者は謙虚な好人物のように見受けられると共に、一般人とは次元が違う独特の雰囲気も漂わせている。彼らは歴史に名を残す、特別な方々なのだ。
なのに本作は、老夫婦のベッドシーンから始まる。まだまだ性欲衰えない夫ジョゼフ(ジョナサン・プライス)に呆れながらも、付き合うしかない妻ジョーン(グレン・クローズ)。そこへ、夫にノーベル賞受賞の報せが入る。これでもジョゼフはアメリカ現代文学の巨匠で、世界に名を知られた大作家なのだ。ベッドの上で飛び上がって喜んだ夫妻は、駆け出し作家の息子デビッド(マックス・アイアンズ)を伴い、授賞式が行われるスウェーデンのストックホルムへ向かう。

wife2.jpg 大勢の報道陣の中で、1人だけ嫌な記者がいた。ジョゼフの伝記を書くつもりだという男性記者ナサニエル(クリスチャン・スレーター)は、ジョーンにとんでもない質問をぶつける。夫ジョゼフの作品は、実は妻ジョーンが書いたものではないかと言うのだ。失礼極まりない質問なので、当然ジョーンは相手にしない。しかしナサニエルはしつこくて、息子デビッドまでが両親に疑念を抱き始めた。

本作の見どころの一つはノーベル賞受賞式の舞台裏で、受賞第一報から、現地の出迎え、ホテルの接遇、現地の案内、式典リハーサル、記念パーティー、料理やファッションなど、一般人が知りたい情報がコンパクトに詰め込まれている。高待遇をもって迎えられる受賞者も、会場では大勢の出席者の1人。それでもジョゼフとジョーンには、巨匠とその妻という輝きと風格がある。歳を取ると、失われる若さと引き換えに、こんないい味が出てくるのだ。もちろん生き方次第だが…。

wife3.jpg 妻ジョーンはだんだん落ち込んでいく。ナサニエルのせいで、昔の自分を思い出してしまったからだ。若い頃の彼女(アニー・スターク:グレン・クローズの実の娘)は作家を目指していて、妻子持ちの若い教授ジョゼフ(ハリー・ロイド)の教え子だった。ジョーンには才能があったが、当時は女性作家が成功するのは困難な時代。やがて、ジョーンは略奪愛の末にジョゼフと結婚し、子宝にも恵まれた。夫はノーベル賞作家となり、妻としては文句のつけようのない勝ち組となったが、果たして彼女は幸せだったのか…? 

wife4.jpg 妻ジョーンは終始ポーカーフェイスで落ち着き払っており、記者に本音を話さない。それだけでも、彼女がタダ者ではないことが分かる。一方、能天気にはしゃいでいる夫ジョゼフはエロ親父ぶりも発揮し、だんだんアホに見えてくる。ただ、下半身と才能は関係ないのかもしれないし…?

結局のところ、天才作家は夫と妻のどちらだったのか? もちろん私が明かすわけにはいかない。夫婦の絆は外から窺い知ることはできないし、ひょっとしたら当人同士だって真実に気づいていないかもしれない。天才作家を40年間支え続けた妻が一番大切にしたかったものが明かされる、格調高い大人の夫婦のドラマ。お薦め作品だ。

(象のロケット 映画・ビデオ部 並木)

 
 
posted by 象のロケット at 11:23| 超お薦め映画作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月29日

『クリード 炎の宿敵』お薦め映画

★★★★★ 2018年製作 米  (130 min)
【監督】スティーブン・ケイプル・Jr.
【出演者】
マイケル・B・ジョーダン(クリード チャンプを継ぐ男、ブラックパンサー、クロニクル、ファンタスティック・フォー )
シルベスター・スタローン(ロッキー・ザ・ファイナル、ロッキー、ランボー、クリード チャンプを継ぐ男)
テッサ・トンプソン(クリード チャンプを継ぐ男、マイティ・ソー バトルロイヤル、グローリー 明日への行進)
フロリアン・ムンテアヌ、ドルフ・ラングレン
【あらすじ】アドニス・クリードは、父アポロと同じくボクシングのヘビー級チャンピオンとなり、恋人ビアンカにプロポーズする。 そんな折、アドニスを指導してきたロッキーの前に、アドニスの父をリング上で死に追いやった旧ソ連のボクサー、イワン・ドラゴが現れる。 彼は自分の息子ヴィクターとアドニスを勝負させようとしていた…。 ボクシング・ドラマ第2弾。
脚本:シルベスター・スタローン、ジュエル・テイラー

『クリード 炎の宿敵』象のロケット
『クリード 炎の宿敵』作品を観た感想TB

画像Copyright:(C)2018 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. All rights reserved.

creed21.jpg【解説と感想】 現在72歳のシルベスター・スタローンは、ロッキーの跡継ぎを育てた。それが「クリード チャンプを継ぐ男」の主人公クリードで、本作「クリード 炎の宿敵」はその続編である。

1作目はボクシングのヘビー級チャンピオンだったアポロ・クリードの愛人の息子アドニス・ジョンソン(マイケル・B・ジョーダン)が、アドニス・クリードという名前でボクサーになるまでの物語で、伝説のボクサー、ロッキー(シルベスター・スタローン)は彼のコーチ役。早くもベルトを守る側となったアドニスの苦しみが描かれる。

creed22.jpg アドニスにとっては不本意ながら、1作目では偉大な父クリードの息子で、コーチがロッキーというダブル「七光り」が注目されてしまった。本作では、父アポロ・クリードをリング上で死に追いやったイワン・ドラゴの息子でウクライナ(旧ソ連)の最強ボクサー、ヴィクターと、アドニスの「因縁対決」が世間の注目を集める。

日本人のヘビー級のボクサーは少ない。大きくて強い順に、黒人>白人>黄色人種というイメージが私にはあった。しかし登場人物を体格で並べると、白人イワン・ドラゴ(ドルフ・ラングレン:スウェーデン人196cm)>白人ヴィクター・ドラゴ(フロリアン・“ビッグ・ナスティ”・ムンテアヌ:ルーマニア人190cm)>黒人アドニス・クリード(マイケル・B・ジョーダン:アフリカ系アメリカ人182cm)>白人ロッキー(シルベスター・スタローン:ヨーロッパ+ユダヤ系アメリカ人177cm)の順。全員ヘビー級でも歴然とした差があり、海賊バイキングのようなヴィクターとアドニスが同じ階級なのは気の毒な感じがしてくる。

creed24.jpg 通常なら父アポロ・クリードが被害者で父イワン・ドラゴが加害者。息子アドニス・クリードは復讐する側なのに、ドラゴ父子はクリード&ロッキーの被害者のような顔をしている。父ドラゴは父クリードを死に至らしめたことと、その後ロッキーに負けたこと(詳細は「ロッキー4」)で全てを失っていたのだ。彼は息子ヴィクター・ドラゴをチャンピオンに育てるためだけに生きている。そんなハングリー精神の塊のような怪物ドラゴ父子に比べ、アドニスは父の本妻メアリー・アン・クリード(フィリシア・ラシャド)に引き取られ裕福に育った。

creed23.jpg アドニスの新妻ビアンカ(テッサ・トンプソン)は妊娠中。幼少期に父を亡くしたアドニスは、ヴィクターとの試合でもしものことがあったら、子どもに自分と同じ思いをさせてしまうのではという不安を抱く。それでも、父のように偉大なチャンピオンになることは彼の夢。全ての経緯を知っていてアドニスを心配する父親的存在のロッキーも含め、3組の父子の因縁と情が絡み合い、涙を誘う。息子は父のようになりたい、そしていつかは超えたいと望む。父は息子に自分を越えて欲しい、何より幸せになってもらいたいと願う。優しいだけでは成長出来ない。アドニスもヴィクターも、父親の愛のムチのお蔭で理想的な息子に育った。果たして試合の結果は? 映画的にも、息子「クリード」は父「ロッキー」を超えられるのか…?

creed25p.jpg 息子2人の「世紀の対決」では、ここぞという時に名曲「ロッキー」のテーマが流れる。グッと盛り上がり、そのまま感動シーンへと引っ張っていく。ロッキーを知らない世代も、過去のシリーズを見たくなるだろう。名実ともにロッキーの精神を受け継ぐ、ボクシング・ヒューマンドラマ。お薦め作品だ。

(象のロケット 映画・ビデオ部 並木)



posted by 象のロケット at 16:34| 超お薦め映画作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする