2019年01月11日

『天才作家の妻 40年目の真実』お薦め映画

★★★★ 2017年製作 スウェーデン・英・米 (101 min)
【監督】ビョルン・ルンゲ
【出演者】
グレン・クローズ(101、彼女を見ればわかること、アルバート氏の人生、白と黒のナイフ)
ジョナサン・プライス(未来世紀ブラジル、エビータ、パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド、007/トゥモロー・ネバー・ダイ)
クリスチャン・スレーター(マンハッタン花物語、クライム&ダイヤモンド、告発、インビジブル2)
マックス・アイアンズ、ハリー・ロイド、アニー・スターク、エリザベス・マクガヴァン
【あらすじ】現代文学の巨匠となったアメリカの作家ジョゼフ・キャッスルマンの、ノーベル文学賞受賞が決定。 授賞式に出席するため、妻ジョーン、駆け出しの作家の息子デビッドと共にスウェーデンを訪れた夫ジョゼフは、有頂天だった。 ホテルのロビーで、妻ジョーンは記者ナサニエルから思いがけない質問をぶつけられる…。 ヒューマンドラマ。

『天才作家の妻 40年目の真実』象のロケット
『天才作家の妻 40年目の真実』作品を観た感想TB

画像Copyright:(C)META FILM LONDON LIMITED 2017 All rights reserved.

wife1.jpg 【解説と感想】 ノーベル賞受賞者の発表後は、受賞者の業績はもちろん、生い立ち、家族、母校、私生活などが話題となり、尊敬の念を持って報道される。歴代の日本人受賞者は謙虚な好人物のように見受けられると共に、一般人とは次元が違う独特の雰囲気も漂わせている。彼らは歴史に名を残す、特別な方々なのだ。
なのに本作は、老夫婦のベッドシーンから始まる。まだまだ性欲衰えない夫ジョゼフ(ジョナサン・プライス)に呆れながらも、付き合うしかない妻ジョーン(グレン・クローズ)。そこへ、夫にノーベル賞受賞の報せが入る。これでもジョゼフはアメリカ現代文学の巨匠で、世界に名を知られた大作家なのだ。ベッドの上で飛び上がって喜んだ夫妻は、駆け出し作家の息子デビッド(マックス・アイアンズ)を伴い、授賞式が行われるスウェーデンのストックホルムへ向かう。

wife2.jpg 大勢の報道陣の中で、1人だけ嫌な記者がいた。ジョゼフの伝記を書くつもりだという男性記者ナサニエル(クリスチャン・スレーター)は、ジョーンにとんでもない質問をぶつける。夫ジョゼフの作品は、実は妻ジョーンが書いたものではないかと言うのだ。失礼極まりない質問なので、当然ジョーンは相手にしない。しかしナサニエルはしつこくて、息子デビッドまでが両親に疑念を抱き始めた。

本作の見どころの一つはノーベル賞受賞式の舞台裏で、受賞第一報から、現地の出迎え、ホテルの接遇、現地の案内、式典リハーサル、記念パーティー、料理やファッションなど、一般人が知りたい情報がコンパクトに詰め込まれている。高待遇をもって迎えられる受賞者も、会場では大勢の出席者の1人。それでもジョゼフとジョーンには、巨匠とその妻という輝きと風格がある。歳を取ると、失われる若さと引き換えに、こんないい味が出てくるのだ。もちろん生き方次第だが…。

wife3.jpg 妻ジョーンはだんだん落ち込んでいく。ナサニエルのせいで、昔の自分を思い出してしまったからだ。若い頃の彼女(アニー・スターク:グレン・クローズの実の娘)は作家を目指していて、妻子持ちの若い教授ジョゼフ(ハリー・ロイド)の教え子だった。ジョーンには才能があったが、当時は女性作家が成功するのは困難な時代。やがて、ジョーンは略奪愛の末にジョゼフと結婚し、子宝にも恵まれた。夫はノーベル賞作家となり、妻としては文句のつけようのない勝ち組となったが、果たして彼女は幸せだったのか…? 

wife4.jpg 妻ジョーンは終始ポーカーフェイスで落ち着き払っており、記者に本音を話さない。それだけでも、彼女がタダ者ではないことが分かる。一方、能天気にはしゃいでいる夫ジョゼフはエロ親父ぶりも発揮し、だんだんアホに見えてくる。ただ、下半身と才能は関係ないのかもしれないし…?

結局のところ、天才作家は夫と妻のどちらだったのか? もちろん私が明かすわけにはいかない。夫婦の絆は外から窺い知ることはできないし、ひょっとしたら当人同士だって真実に気づいていないかもしれない。天才作家を40年間支え続けた妻が一番大切にしたかったものが明かされる、格調高い大人の夫婦のドラマ。お薦め作品だ。

(象のロケット 映画・ビデオ部 並木)

 
 
posted by 象のロケット at 11:23| 超お薦め映画作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月29日

『クリード 炎の宿敵』お薦め映画

★★★★★ 2018年製作 米  (130 min)
【監督】スティーブン・ケイプル・Jr.
【出演者】
マイケル・B・ジョーダン(クリード チャンプを継ぐ男、ブラックパンサー、クロニクル、ファンタスティック・フォー )
シルベスター・スタローン(ロッキー・ザ・ファイナル、ロッキー、ランボー、クリード チャンプを継ぐ男)
テッサ・トンプソン(クリード チャンプを継ぐ男、マイティ・ソー バトルロイヤル、グローリー 明日への行進)
フロリアン・ムンテアヌ、ドルフ・ラングレン
【あらすじ】アドニス・クリードは、父アポロと同じくボクシングのヘビー級チャンピオンとなり、恋人ビアンカにプロポーズする。 そんな折、アドニスを指導してきたロッキーの前に、アドニスの父をリング上で死に追いやった旧ソ連のボクサー、イワン・ドラゴが現れる。 彼は自分の息子ヴィクターとアドニスを勝負させようとしていた…。 ボクシング・ドラマ第2弾。
脚本:シルベスター・スタローン、ジュエル・テイラー

『クリード 炎の宿敵』象のロケット
『クリード 炎の宿敵』作品を観た感想TB

画像Copyright:(C)2018 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. All rights reserved.

creed21.jpg【解説と感想】 現在72歳のシルベスター・スタローンは、ロッキーの跡継ぎを育てた。それが「クリード チャンプを継ぐ男」の主人公クリードで、本作「クリード 炎の宿敵」はその続編である。

1作目はボクシングのヘビー級チャンピオンだったアポロ・クリードの愛人の息子アドニス・ジョンソン(マイケル・B・ジョーダン)が、アドニス・クリードという名前でボクサーになるまでの物語で、伝説のボクサー、ロッキー(シルベスター・スタローン)は彼のコーチ役。早くもベルトを守る側となったアドニスの苦しみが描かれる。

creed22.jpg アドニスにとっては不本意ながら、1作目では偉大な父クリードの息子で、コーチがロッキーというダブル「七光り」が注目されてしまった。本作では、父アポロ・クリードをリング上で死に追いやったイワン・ドラゴの息子でウクライナ(旧ソ連)の最強ボクサー、ヴィクターと、アドニスの「因縁対決」が世間の注目を集める。

日本人のヘビー級のボクサーは少ない。大きくて強い順に、黒人>白人>黄色人種というイメージが私にはあった。しかし登場人物を体格で並べると、白人イワン・ドラゴ(ドルフ・ラングレン:スウェーデン人196cm)>白人ヴィクター・ドラゴ(フロリアン・“ビッグ・ナスティ”・ムンテアヌ:ルーマニア人190cm)>黒人アドニス・クリード(マイケル・B・ジョーダン:アフリカ系アメリカ人182cm)>白人ロッキー(シルベスター・スタローン:ヨーロッパ+ユダヤ系アメリカ人177cm)の順。全員ヘビー級でも歴然とした差があり、海賊バイキングのようなヴィクターとアドニスが同じ階級なのは気の毒な感じがしてくる。

creed24.jpg 通常なら父アポロ・クリードが被害者で父イワン・ドラゴが加害者。息子アドニス・クリードは復讐する側なのに、ドラゴ父子はクリード&ロッキーの被害者のような顔をしている。父ドラゴは父クリードを死に至らしめたことと、その後ロッキーに負けたこと(詳細は「ロッキー4」)で全てを失っていたのだ。彼は息子ヴィクター・ドラゴをチャンピオンに育てるためだけに生きている。そんなハングリー精神の塊のような怪物ドラゴ父子に比べ、アドニスは父の本妻メアリー・アン・クリード(フィリシア・ラシャド)に引き取られ裕福に育った。

creed23.jpg アドニスの新妻ビアンカ(テッサ・トンプソン)は妊娠中。幼少期に父を亡くしたアドニスは、ヴィクターとの試合でもしものことがあったら、子どもに自分と同じ思いをさせてしまうのではという不安を抱く。それでも、父のように偉大なチャンピオンになることは彼の夢。全ての経緯を知っていてアドニスを心配する父親的存在のロッキーも含め、3組の父子の因縁と情が絡み合い、涙を誘う。息子は父のようになりたい、そしていつかは超えたいと望む。父は息子に自分を越えて欲しい、何より幸せになってもらいたいと願う。優しいだけでは成長出来ない。アドニスもヴィクターも、父親の愛のムチのお蔭で理想的な息子に育った。果たして試合の結果は? 映画的にも、息子「クリード」は父「ロッキー」を超えられるのか…?

creed25p.jpg 息子2人の「世紀の対決」では、ここぞという時に名曲「ロッキー」のテーマが流れる。グッと盛り上がり、そのまま感動シーンへと引っ張っていく。ロッキーを知らない世代も、過去のシリーズを見たくなるだろう。名実ともにロッキーの精神を受け継ぐ、ボクシング・ヒューマンドラマ。お薦め作品だ。

(象のロケット 映画・ビデオ部 並木)



posted by 象のロケット at 16:34| 超お薦め映画作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月01日

『A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー』お薦め映画

★★★★★ 2017年製作 米 (92 min)
【監督】デヴィッド・ロウリー(ピートと秘密の友達)
【出演者】
ケイシー・アフレック(マンチェスター・バイ・ザ・シー、キラー・インサイド・ミー、ジェシー・ジェームズの暗殺、トリプル9 裏切りのコード)
ルーニー・マーラ(ドラゴン・タトゥーの女、キャロル、ローズの秘密の頁(ページ)、LION/ライオン 25年目のただいま)
【あらすじ】田舎町の小さな一軒家で若い夫婦のCとMは幸せな毎日を送っていたが、夫Cは交通事故で死亡してしまう。 妻Mが夫Cの死亡を確認し病院を去った後、夫Cはシーツを被った状態で起き上がり、そのまま自宅まで戻ってきた。 妻Mは夫Cの存在には気が付かないが、ゴースト(幽霊)となった夫Cは、悲しみに暮れる妻Mを見守り続ける…。 ラブ・ファンタジー。


『A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー』象のロケット
『A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー』作品を観た感想TB

画像Copyright:(C)2017 Scared Sheetless, LLC. All rights reserved.

ghost1.jpg 【解説と感想】 人は死んだらどうなるのか? 三途の川で呼び戻されたと言う人もいるけれど、ほとんどの死者は蘇生しないので、正確なことは分からない。微生物に分解されて元素に戻る、星になる、永遠の眠りにつく、天国や地獄に行く、家族の元に霊としてとどまる、別の生物に何度でも生まれ変わる…等、その人の人生観や宗教観、科学的見解や願望によって、考え方は多岐に渡り決して結論は出ない。私自身は、死んだらぐっすり眠りたいと思っているが、日頃の行いが悪いから地獄へ落ちてしまうだろうか?

ghost2.jpg 本作はタイトル通り、ゴースト(幽霊)のお話。田舎の小さな一軒家で若い夫婦が幸せに暮らしていたが、夫Cは交通事故死する。しかし彼はシーツを被ったまま起き上がり、自宅へ戻って来た。ゴースト(幽霊)となった夫Cは妻Mをずっと見守り続け、妻Mはそのことに全く気付かない。

ghost3.jpg 派手さはなく静かな物語だが、グイグイ引き込まれ涙する場面も多かった。本作の主人公は、ハンサムな夫C(ケイシー・アフレック)や美しい妻M(ルーニー・マーラ)ではなく、白いシーツを被ったゴースト。見かけも行動も全然怖くなくて、無表情な顔はむしろユーモラス。シンプルなキャラクター、押しつけがましさのない死生観、見たことのないストーリー展開、美しい色づかい、同じ場所で時間だけが過ぎていくタイムトラベル感など、様々な要素に惹き付けられた。ゴースト自身の戸惑いと悲しみが伝わって来て、胸が締め付けられる。特に、向かいの家のゴーストが、窓越しにゴースト=Cに向かって放つ一言は衝撃的だ。ゴーストがいることを知らずに喋り続ける名もない男性住民の言葉は、非常に示唆に富んでいる。

ghost4.jpg 夫Cを亡くした後も生きていかなければならない妻Mと違い、死んでしまった夫Cの人生に未来はない。あるのは死ぬ前の人間としての過去と、ゴーストとしての現在だけ。特定の人だけが成仏できずゴーストになるのか? 死んだら皆ゴーストになってしまうのか? ゴーストはどれくらいの期間この世に留まるのか?…等、様々な疑問が沸き上がる。人の死には、最初の生物的な死と、自分を覚えてくれている人がいなくなるという2度目の死があるとよく言われる。この孤独なシーツ被りゴーストは、完全なる死を迎えられるのだろうか。

死んだら全て終わりかもしれない。でももし、ゴーストとなって長い時間この世に留まっていられるとしたら…? 言葉を失ってしまうほど切なく悲しいラブ・ファンタジー。お薦め作品だ。

(象のロケット 映画・ビデオ部 並木)

 
 
posted by 象のロケット at 20:49| 超お薦め映画作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『ヴェノム』お薦め映画

★★★★ 2018年製作 米 (112 min)
【監督】ルーベン・フライシャー(L.A. ギャング ストーリー、ゾンビランド、ピザボーイ 史上最凶のご注文
【出演者】
トム・ハーディー(マッドマックス 怒りのデス・ロード、レヴェナント 蘇えりし者、オン・ザ・ハイウェイ その夜 86分、チャイルド44 森に消えた子供たち)
ミシェル・ウィリアムズ(マンチェスター・バイ・ザ・シー、ランド・オブ・プレンティ、マリリン 7日間の恋、テイク・ディス・ワルツ)
リズ・アーメッド(ナイトクローラー、ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー)
スコット・ヘイズ、リード・スコット
【あらすじ】アメリカの男性ジャーナリスト、エディ・ブロックは、人体実験で死者を出しているという噂のライフ財団に突撃取材したせいで会社をクビになり、恋人アンとも別れることに。 それでも財団の研究所に潜入したエディは、スーパーパワーを持つ“シンビオート(地球外生命体)”に寄生されてしまう。 恐ろしい意志を持つ生命体はエディと一体化し、「俺たちは−ヴェノムだ。」と名乗りを上げる…。 SFアクション。

『ヴェノム』象のロケット
『ヴェノム』作品を観た感想TB

画像Copyright:(C)&TM 2018 MARVEL All rights reserved.

venom1.jpg 【解説と感想】 正義のヒーロー「スパイダーマン」最大の宿敵は、悪のヒーロー「ヴェノム」。有名キャラらしいが、私はヴェノムのことをよく知らない。だが、本作は「ヴェノム」の誕生を描いているので、知らなくても全然大丈夫だった。アメコミ界のヒーローがまた1人、全世界デビューを果たす。

“シンビオート”とは、スーパーパワーを持つ寄生型地球外生命体の全体を指す名称で、人体を喰らったり寄生したりして人類を破滅させ、やがては地球を乗っ取ってしまいそうな、人類にとっては敵となる邪悪な生命体。そして、人類の個々に太郎や花子のような名前が付いているように、“ヴェノム”とは“シンビオート” の中の1体の名前である。シンビオートの何体かがライフ財団の宇宙船で地球に持ち込まれ、財団は秘かにシンビオートを人体に寄生させる残酷な実験を繰り返していた。財団には、人類を地球外でも暮らせるような身体に改造しようという目的があった。

主人公エディ・ブロック(トム・ハーディ)は、アメリカの男性ジャーナリスト。彼はライフ財団のカリスマ青年社長カールトン・ドレイク(リズ・アーメッド)の悪い噂を聞き、突撃取材したせいで会社をクビになる。同棲していたライフ財団顧問弁護士の恋人アン・ウェイング(ミシェル・ウィリアムズ)からは愛想を尽かされ、部屋を追い出された。それでもライフ財団に潜入したエディは、ヴェノムに寄生されてしまう。まさに踏んだり蹴ったりだが、エディの表情には「まあ、何とかなるさ」的な楽天性と人の好さが漂っている。

venom2.jpg ヴェノムの全体的な体形はスパイダーマンに似ているが、デカい白目は粘液で潤み、デカい口には長い牙のような歯があり、長〜い舌と気持ちの悪い蜘蛛の糸が飛び出す、一度見たら忘れられない恐ろしい形相の怪物だ。普段は人間エディの身体の中にヴェノムがいるが、変身するとヴェノムの中にエディがいることになってしまう。つまり、1人の心身に善と悪、弱さと強さ、人間の姿と恐ろしい容姿が混在している。ヴェノムには驚異的な身体能力があるが、何かに寄生しないと生きられない。ヴェノムの方は寄生してみて(DNA的な?)相性の良さを感じ、エディを最適な宿主と見込んだ。エディの方は寄生されるのはまっぴらゴメンだったのだが、次第にヴェノムのスーパーパワーを使うのが快感になっていく。果たして彼らは、真の相棒になれるのか…?

venom3.jpg シンビオートが人間を襲うグロテスクなシーンもある。「マーベル史上、最も残虐な悪(ダークヒーロー)」「悪役(スーパーヴィラン)」と言われているだけに、ヴェノムとはとんでもなく凶悪で嫌な奴なんだろうと最初は思ってしまうが、ヴェノムの中の「悪」はエディの中の「善」の影響を受けていく。エディとの掛け合いは軽快で面白く、案外いい奴なのかもしれないと思わせるが、果たしてどうなるのやら…。

一方、元彼女アンとエディとの関係は完全に終わりではなさそうだし、アンの新しい彼氏の医者ダン(リード・スコット)も気さくな性格で笑わせてくれる。ヴェノムの半端ない暴走と、相反するお茶目な行動も見どころ。この1作で終わるはずがないので、新しいマーベルキャラクター「ヴェノム」の今後の活躍と変化に期待したい。お薦め作品だ。

(象のロケット 映画・ビデオ部 並木)



posted by 象のロケット at 20:30| 超お薦め映画作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月04日

『スカイライン -奪還-』お薦め映画

★★★★ 2017年製作 英・中・カナダ・インドネシア・シンガポール・米 (106 min)
【監督】 リアム・オドネル
【出演者】
フランク・グリロ(パージ:大統領令、パージ:アナーキー、THE GREY (ザ・グレイ)、エンド・オブ・ウォッチ)
ボヤナ・ノヴァコヴィッチ(デビル、アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル)
ジョニー・ウエストン(マーヴェリックス 波に魅せられた男たち、WE ARE YOUR FRIENDS、96時間/レクイエム)
イコ・ウワイス、ヤヤン・ルヒアン
【あらすじ】 ロサンゼルス警察の刑事マークは、息子トレントを追い宇宙船に吸い込まれる。 そこでマークを助けたのは、人間の心を残したままエイリアンになった男ジャロッドだった。 内戦が続くラオスに墜落した宇宙船から、生まれたばかりのジャロッドの娘と共に脱出したマークは、反政府組織リーダーの男スアのアジトに身を寄せる…。 SFアクション第2弾。

『スカイライン -奪還-』象のロケット
『スカイライン -奪還-』作品を観た感想TB

画像Copyright:(C)2016 DON'T LOOK UP SINGAPORE, PTE. LTD. All rights reserved.

bskyline1.jpg 【解説と感想】 映画の続編は、前作の内容を忘れた頃にやって来る! だが、観客は前作で抱いたおぼろげなイメージを頼りに劇場へ行く。2作目のハードルは高い。2作目で打ち切りになるか、3作目、4作目が作られるかは2作目の内容と評判次第だ。弊社はユーザーに極度の先入観を与えないため、「ネタバレなし」に加え「悪口なし」をモットーとしている。「面白かった」というコメントはほぼ信用されないが、「つまらなかった」という感想は結構信用する人がいるからだ。しかし、もう公開から7年も経っているのだから時効だろう。正直言って、1作目「征服」はつまらなかった。ところが、2作目の本作「奪還」はとっても面白かったのだ! 私は終了後に思わず拍手したくなった!

bskyline2.jpg本作「奪還」の主人公・刑事マークを演じているのは、こちらもスマッシュヒットしたアメリカのサスペンス・ホラー映画「パージ」シリーズの「パージ:アナーキー」「パージ 大統領令」で主演(警官役)したフランク・グリロ。リーアム・ニーソンをちょっぴり若くしたような、正義感あふれる強くて頼れるオッサンだ。マークの息子トレント(ジョニー・ウェストン)と、なぜか美人で腕っぷしも強い地下鉄運転手オードリー(ボヤナ・ノヴァコヴィッチ)が吸い込まれた宇宙船は、どういうわけかラオスに不時着し、彼らはそこで反政府組織のボス、スア(イコ・ウワイス)らと遭遇する。イコ・ウワイスは、2011年製作のインドネシア・アクション映画「ザ・レイド」「ザ・レイド GOKUDO」で主演(警官役)し、華麗な伝統武術シラットを披露し人気となった。同じくこの2作品に出演しているアクション俳優ヤヤン・ルヒアンも登場し、2人は得意の格闘技を駆使してエイリアンと戦う。

bskyline3.jpg 「パージ」と「ザ・レイド」のシリーズそれぞれの役柄と本作のキャラが被っているのが、逆に面白くて笑ってしまう。前作に漂っていた「どこかで見た」感を更に押し出しているのに、全く「あざとさ」を感じさせない。面白いからいいじゃないのと納得してしまう。前作では「強い軍隊」も役に立たず、人類は「征服」されるがままで救いがなかった。しかし、本作では、一般人がエイリアンに「反撃」を開始し、地球「奪還」を目指す。不思議な青い光を放つ宇宙船や、不気味に強いエイリアンの最新VFX映像も見事で、視覚的にも満足できる。アメリカ映画では何かというとすぐ拳銃や軍隊が出てくるが、一般男女が銃だけでなく短剣や素手でも果敢に応戦する姿は見ていて気持ちがいいし、応援したくなる。

bskyline4.jpg さて、3作目への意欲もありありな終わり方で、ここまでくれば次はターミネーターやミュータントが登場しても決して驚かない。どう転がっていくかが今から楽しみな、こだわりのB級SFアクション。お薦め作品だ。

(象のロケット 映画・ビデオ部 並木)

 
 
posted by 象のロケット at 14:38| 超お薦め映画作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする