2017年05月27日

『光』お薦め映画

★★★★★ 2017年製作 日 (102 min)
【監督】河瀬直美(七夜待、2つ目の窓)
【出演者】
永瀬正敏(KANO 1931海の向こうの甲子園、スマグラー おまえの未来を運べ、誘拐、隠し剣 鬼の爪)
水崎綾女(ReLIFE リライフ、進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド、進撃の巨人 ATTACK ON TITAN、BUNGO 〜ささやかな欲望〜 見つめられる淑女たち)
神野三鈴(日本のいちばん長い日)
小市慢太郎、早織、大塚千弘、大西信満
【あらすじ】ディスクライバー(音声ガイド原稿制作者)の尾崎美佐子は、視覚障害者向けの映画音声ガイドの仕事に携わることになった。 そこで視力を失いつつある弱視の天才カメラマン中森雅哉と出会う。 表現に細かく注文を付ける雅哉に反発する美佐子だったが、彼が過去に撮影した写真を見て心を動かされる。 しかし音声ガイドの方は、何度書き直しても皆が納得するものができないのだった…。 ラブ・ストーリー。

『光』象のロケット
『光』作品を観た感想TB

画像Copyright:(C)2017 “RADIANCE” FILM PARTNERS/KINOSHITA、COMME DES CINEMAS、KUMIE

hikari1.jpg 【解説と感想】例えば駅の中を歩く人の中で、一目で身体障害者と分かるのは、足の不自由な人と目の不自由な人だ。なぜなら、車椅子や松葉づえ、白い杖は目立つから。耳の聞こえない人、声が出せない人、内臓疾患を抱える人は、見た目からはわからない。見た目で分かる障害者と分からない障害者には、どちらにも犯罪や事故に遭う危険がある。東京オリンピックへ向けて工事中の駅が多いが、まだまだバリアフリーにはほど遠い世の中だ。今回の作品には、目が見えない人も映画を楽しめる「音声ガイド付きバリアフリー上映」に携わる人々が登場する。

本作の主人公は、かつては天才カメラマンとして知られた存在だった中森雅哉(永瀬正敏)。彼は急激に視力が低下していて、完全に見えなくなる日がもうそこまで来ている。声が出ない歌手、音が聞こえないオーケストラ指揮者、足が不自由なサッカー選手と同じく、その苦悩たるや絶望に近いものがあるだろう。撮影への意欲と執着を捨てきれないでいる彼は、片時もカメラを手放すことができない。

hikari2.jpg 他の視覚障害者と共にバリアフリー映画のアドバイスもしている雅哉は、ディスクライバー(音声ガイド原稿制作者)の尾崎美佐子(水崎綾女)と出会う。彼女は精一杯頑張っているのだが、いかんせん未熟さが目立つ。それは仕事の経験というより、若くて人生経験が足りないせいだと言えるだろう。音声ガイドを利用する人の立場になって原稿を書くことが、まだ出来ずにいるのだ。そこを痛いほど的確に突いてくる雅哉の意見は辛辣で、美佐子を苛立たせる。

外国映画が日本で上映される場合、吹替とは別に、台詞が日本語になっただけの字幕スーパーがあるが、それとは別に、もっと分かりやすく細かい配慮がなされた難聴者向けの字幕がある。そして、視覚障害者向けには、音声ガイドというものがある。本作は、あまり知られていない音声ガイドの仕事が良く分かる内容になっていて、視覚障害者の手助けになりながらも邪魔をしない程度の音声原稿に仕上げるまでの過程が、丁寧に描かれている。美佐子自身が、担当する映画作品、そして目が見えない人のことを本当の意味で理解していなければ、映画製作者と視覚障害者が満足するような音声原稿は作れない。試写シーンで披露される、美佐子を悩ませた場面の最終稿は感動的で、映画と劇中劇がピタリと重なって見えた。

hikari3.jpg 雅哉を演じる俳優・永瀬正敏の演技が素晴らしい。彼は写真家としても活動しており、プライドが高い天才カメラマンのアーティスト・オーラを醸し出している。渋さとカッコよさが混在していて、美佐子が惹かれていくのも納得だ。一見、似合わない2人が近づいていく過程といい、全体が自然な流れで割とゆったりした印象なのに102分という尺なのは、ストーリーがシンプルだからだろう。暗闇の世界に向かいつつある男のラブ・ストーリー。お薦め作品だ。

(象のロケット 映画・ビデオ部 並木)


 
posted by 象のロケット at 10:11| Comment(0) | TrackBack(3) | 超お薦め映画作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月23日

象のロケット特色オレンジ MDプリンタ用インクカセット

【品名】:象のロケット特色 オレンジ
【型番】:ZK-MDC-ORMR(3個パック:ZK-MDC-ORM3)

花粉症に苦しむ長谷です。今年のバレンタインデー、皆様いかがでしたでしょうか?
象のロケットよりMDプリンタユーザーの皆様へ思いっきりの愛を込めたプレゼントです。
多くのユーザーの皆様より以前よりご要望をいただいておりましたMDプリンタ用の特色オレンジの販売を開始いたします。今後、皆様のご要望にお応えしながら製品化を進めます象のロケット特色カラーインクの第1弾となります。
新色インクは高額な開発費用の問題を含め多くの難題がありましたが、関係各社の多大なる協力による販売開始です。完璧とまではいきませんが、何とか皆様の期待に応えることができるレベルで製品化できていると思います。従来の紙用CMYKに比べるとわずかに印字エッジのシャープ性能は劣りますが、CMYK網点印刷では得られない美しい単色文字が印刷可能です。 あとは皆様の印刷テクニックで使いこなしていただけると幸いです。

【特徴】
1.色合い:マゼンタ58%、イエロー96%の標準的なオレンジ色です。しっかりとした色合いです。透過性の顔料インクです。印刷後の色の安定性に優れています。
2.他色との重ね印刷性能:プリンタのページ合成機能を使って、従来の紙用シアン・マゼンタ・イエローやメタリック系のそれぞれのインクの上に重ね印刷を行うことができます。
シアン+オレンジ=濃いめのアーミー色(ミリタリー色・アーミーグリーン色・ミリタリーダークグリーン色)、グレーに近い深緑色
マゼンタ+オレンジ=ワインカラーのような赤色
イエロー+オレンジ=橙色(だいだいいろ)、ゴールデンオレンジ色、黄色みがかったオレンジ色
メタリックブルー+オレンジ=濃いめのメタリックアーミー色(ミリタリーダークブラウン色)、メタリックなこげ茶色
メタリックレッド+オレンジ=メタリックマゼンタではなくメタリックな赤色
メタリックゴールド+オレンジ=メタリックなダークオレンジ色
メタリックシルバー+オレンジ=メタリックなオレンジ色

3.印刷性能:クリアデカールシート、普通紙、各種フィルムへの印刷が可能です。もちろん下地印刷としての特色ホワイトの上に印刷可能です。
また皆様から好評をいただいております『象のロケット クリアデカールシート 半光沢 Z-CDCA4光沢 Z-GCDA4』『象のロケット ホワイトデカールシート 半光沢 Z-WDCA4』への印刷性能が高くなるように開発を行いました。
4.MDプリンタを故障させる原因(埃・粉塵)を徹底排除した生産ラインでの製造です。:安心してお使いください。
5.地球に優しいエコロジープロジェクト:使用済みのインクカセットを再利用しています。プラスチックの劣化やカセットのひずみが無いものを選別し、完全洗浄後に再検査を行い利用しています。
模型製作・デカール製作・販売のプロの方々にも検証していただき、二重丸の評価をいただいております。
模型、プラモデル、フィギュア、デコレーション、ネイルアート、ヘルメットや自転車・バイク・自動車の装飾、釣り竿や浮きなどへのマーキング・名入れなど、幅広くご利用ください。

【使い方】
1.MDプリンタ全機種において使用できます。下記2または3の印刷設定でご利用ください。
2.インクカセット認識バーコードは紙用ブラックと同じですので、MDプリンタは本インクカセットを紙用ブラックとして認識します。しかしながら紙用ブラック600dpiや2400dpiの設定では綺麗に印刷することはできません。
印刷プロパティで『グレイスケール』+『平滑紙(デカールシートやMD用ビューカルへの印刷時は必ず「裏面印刷」にチェックを入れてカール矯正は止めること)』+『詳細設定→解像度を1200dpi』を選択してください。この設定により小さな文字などを最もシャープに印刷することができます。
尚、デカール印刷などでページ合成機能を使いながら特色ホワイトやメタリックカラーなど他のインクも同一シート上に印刷する場合には、選択する「用紙の種類」により「用紙」タブ内の「自動給紙」と「手差し」が自動で切り替わり、直前の印刷と一致していないとページ合成にチェックを入れていても用紙を一旦排紙してしまいます。一連の印刷の間、「自動給紙」と「手差し」は統一するように注意してください。手動で自由に選択できます。
3.使用済みのメタリック系インク(メタリックシルバー・メタリックゴールド・メタリックレッド・メタリックブルー)のバーコードと張り替えることにより、プリンタは本インクカセットを張り替えたメタリックカラーとして認識し、印刷することができます。自分が利用しやすいメタリック系インクのバーコードと張り替えてください。いずれのメタリック系インクのバーコードであってもデカールシートや紙への定着はしっかりとしています。
尚、一度剥がしたバーコードシールを張り替える場合には両面テープなどで確実に貼ってください。紙用ブラック用のバーコードの上に重ね張りしても構いません。
メタリックレッドとメタリックブルーのバーコードも販売中です。必要な方は合わせてご注文ください。
4.紙用シアン・マゼンタ・イエローなどと重ね印刷をする場合には、本特色インクを最上面に印刷(一番最後に印刷)してください。
5.マークセッターやマークソフターなどのデカール軟化剤、更に水性コーティング、ラッカーコーティング、ウレタンコーティングなど従来お使いいただいている各種コーティング塗装剤との相性もも良好で自由にお使いいただけます。

【価格】
≪象のロケット特色≫
オレンジ ZK-MDC-ORMR ¥2,000
オレンジ3個パック ZK-MDC-ORM3 ¥5,000 (¥1,667/1個)

【購入方法】
象のロケットクリアデカールシートやインクカセットの購入につきましては、『各種インクカセット・付属品販売中!』ページの「ここからコピー」〜「ここまでコピー」をメールに貼り付けて送信してください。午後2時までにご注文メールをいただき、ご入金の方が確認できましたら、当日発送し、伝票番号をご返信いたします。 ご不明なことがありましたら、遠慮なくご連絡ください。
各種インクカセット・付属品販売中!
お問い合わせ連絡先

ORM1.JPG
象のロケット特色オレンジ ZK-MDC-ORMR
地球に優しいエコロジープロジェクト:使用済みのインクカセットを再利用しています。プラスチックの劣化やカセットのひずみが無いものを選別し、完全洗浄後に再検査を行い利用しています。
インクカセット認識バーコードは紙用ブラックと同じです。

ORM2.jpg
象のロケットクリアデカールシートに特色ホワイトを下地印刷→紙用シアン・マゼンタ・イエローをそれぞれ単色印刷→最後に特色オレンジを印刷。

ORM3.jpg
特色オレンジ印刷部分の拡大です。

ORM4.jpg
紙用シアン・マゼンタ・イエローとの重ね印刷部分の拡大です。
シアン「n + Ora」、マゼンタ「nta + Or」、イエロー「ow + Ora」の部分が特色オレンジを重ね合わせた部分です。

ORM5.JPG
貼ってみましょう! 貼りたい部分をはさみやナイフで切り出します。

ORM6.JPG
水に浮かせます(5秒〜10秒程度)。水から引き上げて一呼吸置くと透明フィルム部分が台紙上を滑るようになります。 コツは長く水に入れ過ぎないことと水から引き上げた後ヌルヌルと台紙上を滑るようになるまで慌てずに待つ(10秒〜30秒程度)ことです。水の中で台紙とフィルムを分離させてはいけません。

ORM7.JPG
MD-5000i(ボンダイブルー)の筐体上に貼ってみました。 片側を指や濡れた綿棒で押さえて台紙を滑らせながら貼り付けます。

ORM8.jpg
ラッカー系のクリアー(光沢)を吹きました。 対象物への固着強度が上がり、透明フィルム部分が目立たなくなります。 ラッカー系の他、水性クリアーやウレタンコーティングなど各種コーティング塗装剤との相性も良く、まるで対象物に直接印刷したかのような仕上がりにすることも可能です。 研ぎ出し(削り出し)作業も安心して行えます。

ORM9.jpg
その拡大写真です。

ORM10.jpg
更に拡大した写真です。

今後、皆様のご要望に順次お応えしながら象のロケット特色カラーインクの製品化を進めます。
ご要望色がありましたら、以下の情報をお寄せ下さい。
1.ご要望色 DICカラーコードなどでなるべく正確にお願いします。
2.その色が使われる個所の情報など、ご希望される理由。
ご協力をお願いいたします。

(象のロケット 技術センター)
 
posted by 象のロケット at 16:24| MDプリンタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MDプリンタ用インクカセット認識バーコード販売中!

デカール印刷の際、象のロケット特色カラーインクを好みのインクとしてプリンタに認識させる際にお使いください。
尚、本商品は、MDプリンタ(MD-5000またはMD-5500)とインク、そしてMD用ビューカルを使っての手作り商品です。皆さんも作ることができます。使用する材料は本ページ下段をご覧ください。

【品名】:メタリックレッド用バーコード 8枚
【型番】:Z-BC8-SMTR
貼り付けたインクカセットをアルプス電気製メタリックカラー・レッドMDC-METR(沖データ製特色メタリックレッドMLC-SMTR)として認識させるためのバーコードシールです。

【品名】:メタリックブルー用バーコード 8枚
【型番】:Z-BC8-SMTB
貼り付けたインクカセットをアルプス電気製メタリックカラー・ブルーMDC-METB(沖データ製特色メタリックブルーMLC-SMTB)として認識させるためのバーコードシールです。

【特徴】
1.貼り付け後、時間の経過とともに粘着力が上がりますので、カセットの拭き取りクリーニングではがれることはありません。
2.MD用ビューカル(ブラック)に印刷後、表面をMD用ビューカル(クリア(透明))で保護していますので、印刷バーコードを痛めません。
3.経年劣化はほどんどありません。

【使い方】
1.象のロケット特色カラーのインクカセット認識バーコードは紙用ブラックと同じですので、そのままであればMDプリンタはインクカセットを紙用ブラックとして認識します。
使用済みのメタリック系インク(メタリックシルバー・メタリックゴールド・メタリックレッド・メタリックブルー)のバーコードと張り替えることにより、プリンタは本インクカセットを張り替えたメタリックカラーとして認識し、印刷することができます。自分が利用しやすいメタリック系インクのバーコードと張り替えてください。いずれのメタリック系インクのバーコードであってもデカールシートや紙への定着は同様にしっかりとしています。
尚、一度剥がしたバーコードシールを張り替える場合には両面テープなどで確実に貼ってください。紙用ブラック用のバーコードの上に重ね張りしても構いません。

使用済みのメタリック系インクがなかったり、あっても多用しているメタリックインクの為、同一シート上に違う種類のメタリック系インクとして認識させたい場合に、本商品をお使いください。
2.なるべくずれないように、既存のバーコードシールと同じ位置に貼ってください。
メタリックレッドとメタリックブルーの場合は、最も幅の広いバーが外側に来るように貼ります。左右を間違えると正しく認識されません。。

【価格】
各バーコード8枚分で¥500(税込)です。

≪MDプリンタ用インクカセット認識バーコード≫
メタリックレッド用バーコード 8枚
Z-BC8-SMTR ¥500

メタリックブルー用バーコード 8枚
Z-BC8-SMTB ¥500

【購入方法】
象のロケットクリアデカールシートやインクカセットの購入につきましては、『各種インクカセット・付属品販売中!』ページの「ここからコピー」〜「ここまでコピー」をメールに貼り付けて送信してください。午後2時までにご注文メールをいただき、ご入金の方が確認できましたら、当日発送し、伝票番号をご返信いたします。 ご不明なことがありましたら、遠慮なくご連絡ください。
各種インクカセット・付属品販売中!
お問い合わせ連絡先

【MDプリンタ用インクカセット認識バーコードを自作する】
[準備するもの]
1.MD-5000またはMD-5500 フラッシュシルバーを印刷できるプリンタが必要です。

2.インク5種類
紙用シアン・マゼンタ・イエロー・黒(フラッシュシルバーを印刷するための下地印刷用です。)とフラッシュシルバー
カラー3個パック MDC-FLC3
ブラック MDC-FLCK
フラッシュシルバー MDC-FMES

3.象のロケットMDプリンタ用ビューカル(Viewcal) A4サイズVC9700-MDA4(クリア(透明))
VC881-MDA4(ブラック)

[作り方]
1.印刷画像を作ります。バーコードの幅や長さだけでなくシール内の位置寸法も既存バーコードシールに合わせます。また最後にカッターナイフなどでカットする際に定規をあてる位置の目印としてシートの四辺にしるしを入れておきます。
2.上記5種類のインクをプリンタにセットしてVC881-MDA4(ブラック)に印刷します。
3.印刷面保護のためにVC9700-MDA4(クリア(透明))を貼ります。空気が内部に残らないように注意しながら端からゆっくりと貼り付けます。水張りも効果的です。
4.カッターナイフと定規などでVC881-MDA4(ブラック)の台紙部分を切り落とさない程度に刃を入れてカットします。

(象のロケット 技術センター)

 
posted by 象のロケット at 15:30| MDプリンタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月23日

【MDプリンタ ユーザーサポート期間に関する重要なお知らせ[2017年1月23日更新]】

【MDプリンタ ユーザーサポート期間に関する重要なお知らせ】

いつもお世話になっております。象のロケット、技術センターの長谷(はせ)です。
2015年5月に、弊社では2030年までMDプリンタの販売・修理サポートを継続する旨を掲載し、2016年9月に『修理メンテナンスを継続サポートするプリンタの限定』につきまして、下記の通りご案内いたしました。

================================
[対象機種]
MD-1000、MD-1300、MD-1500、MD-5000、MD-5500
[対象プリンタの制限]
1.象のロケットから購入された修理メンテナンス済みMDプリンタ。
2.2016年12月までに象のロケットに修理メンテナンス依頼をされたMDプリンタ。
上記1または2に該当するプリンタに制限させていただきます。
================================

しかしながら、2017年1月以降も、皆様からの新規の修理依頼が多数継続している状況を考慮し、本日下記の通り、更に6か月間延長することにいたしましたことをご案内いたします。
================================
[対象機種]
MD-1000、MD-1300、MD-1500、MD-5000、MD-5500
[対象プリンタの制限]
1.象のロケットから購入された修理メンテナンス済みMDプリンタ。
2.2017年6月までに象のロケットに修理メンテナンス依頼をされたMDプリンタ。
上記1または2に該当するプリンタに制限させていただきます。
================================

一部の部品が寿命となりますと、他の部品やキャリッジユニット、印字ヘッドにまで破損が拡大していくため、いつもと違うなと感じられたら早めの修理をお勧めいたします。

【MDプリンタ ユーザーサポート期間に関する重要なお知らせ】

お問い合わせ連絡先

(象のロケット 技術センター)

 
posted by 象のロケット at 17:13| MDプリンタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『サバイバルファミリー』お薦め映画

★★★★ 2017年製作 日 (117 min)
【監督】矢口史靖(WOOD JOB! 神去なあなあ日常、ウォーターボーイズ、ロボジー、アドレナリンドライブ)
【出演者】
小日向文世(仄暗い水の底から、愛を乞うひと、いま、会いにゆきます、重力ピエロ)
深津絵里(ステキな金縛り、恋ノチカラ TV版Vol.1〜4、女の子ものがたり)
泉澤祐希(君と100回目の恋)
葵わかな、菅原大吉、徳井優、桂雀々
【あらすじ】ある朝、緊急事態が発生する。 テレビや冷蔵庫、スマホにパソコンといった電化製品ばかりか、電車、自動車、ガス、水道、乾電池に至るまで、電気を必要とするすべてのものが完全にストップしてしまったのだ! 情報も絶たれた中、突然訪れた超絶不自由生活。 東京に暮らす鈴木家の父親は、一世一代の大決断を下す…。 サバイバル・ドラマ。

『サバイバルファミリー』象のロケット
『サバイバルファミリー』作品を観た感想TB

画像Copyright:(C)2017フジテレビジョン 東宝 電通 アルタミラピクチャーズ

survival1.jpg 【解説と感想】年末年始、私はほぼ潜伏生活を送っていた。一歩も外へ出なくても、続々と年末年始のご馳走や正月飾りが届く。汚れ物は白物家電にお任せ。室温・湿度も快適。それもこれも通販、宅配便、便利家電のおかげである。ありがとう!
しかし、ライフラインがストップしたら、こんな食っちゃ寝グータラ生活は送れないのである。年末に観た本作を思い出し、毎日の有り難さを噛み締める正月であった。

そう、本作「サバイバルファミリー」は、電気・ガス・水道がストップしてしまうお話である。なぜか乾電池も使えなくなり時計も動かない。ガソリンで動くはずの自動車も動かない。動く乗り物は自転車だけ。テレビ・ラジオやスマートフォンも使えないので、どこかで大災害があったのか、なかったのか、この不便な生活がいつまで続くのかも、全く分からないのだ。

主人公は、この危機に直面した鈴木一家4人(父・母、思春期の息子、娘)。食べ物も水も手に入らなくなり、このまま家にいても餓死を待つばかり。亭主関白を気取る父(小日向文世)は東京を捨てる決心をし、俺について来いと宣言する。田舎に行けば何とかなると思ったのだ。しかし、自転車でようやく空港へたどり着いたものの、当然のことながら飛行機は飛んでいない。文句を言いながらもついて来た家族は、父が頼りにならないことを再認識する。

妻(深津絵里)は主婦ならではの備えと知恵を発揮し当座をしのぐ。生活面では母強しである。しかし、日頃の運動量も少なく華奢な母には、体力がなかった! 息子(泉澤祐樹)、娘(葵わかな)は、カッコつけとスマホ生活から抜けられないイマドキの若者である。特に娘のブータレ状態ときたら話にならない。

survival3.jpg こんな時、他人の面倒まで見ていられないのはお互い様。途中、印象的な4人家族(父:時任三郎、母:藤原紀香、息子二人:大野拓朗・志尊淳)が登場する。彼等は日頃からアウトドア生活に慣れ親しんでいるらしく、服装も持ち物も準備万端。「ボクたちこんな非常事態だって楽しんでますよ」という雰囲気がちょっと鼻につく。頼りがいある両親とハンサムな息子たちを、鈴木家の娘は羨望の眼差しで見つめる。ウチのオトーサンとは雲泥の差! 情けないが仕方ない。娘はダメ親父について行くしかないのだ。

survival5.jpg もう飢え死にしそうだという時、鈴木一家は老人(大地康雄)宅で意外な親切を受ける。普段はバカにしている田舎に、煙たがっている老人に、ほぼ就活の対象外である農林水産業に、イザという時は必ずお世話になるのだ。いつも口にしている野菜や肉・魚、豊富にあると思っている水や電力も、供給しているのは地方なのだということを、都会人はウッカリ忘れている。戦争の時も、震災の時も、多くの人々が地方へ移動した。田舎の方が都会より自然豊かで、人情があり、簡単に食料が手に入り、安全で健康的な生活を送っているイメージがある。実際はそうでもないのだが…。

survival4.jpg 大災害発生時、直接の被災は免れても、水道・ガス・電気の供給や交通機関が一時ストップし、大変な思いをされた方々は多いだろう。そんな時、ラジオやインターネットの情報が頼りとなる。しかし本作の場合はそんな情報機器すらも使えない。普段、情報に踊らされている私たちだが、情報がなければ自分の判断で動くしかない。

 さて、ボロボロになりながらも鈴木一家は自転車で苦難の旅を続ける。もし目的地にたどり着いたとしても、そこでどうするのか? 2011年の東日本大震災から5年以上が経過したというのに余震はまだまだ続いているし、最近の地震は首都圏大震災の前震ではと煽る人もいる。防災用品は準備万端の方もそうでない方も、アウトドア生活が趣味の方も苦手な方も、頼る田舎がある方もない方も、参考のために見て欲しい。深刻になり過ぎない明るい冒険サバイバル。お薦め作品だ。

(象のロケット 映画・ビデオ部 並木)

 
posted by 象のロケット at 15:44| Comment(0) | TrackBack(2) | 超お薦め映画作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする