2014年12月17日

『ベイマックス』お薦め映画

★★★★ 2014年製作 米 (108 min)
【監督】ドン・ホール、クリス・ウィリアムズ
【出演者】
(声)ライアン・ポッター、スコット・アツィット、ダニエル・ヘニー、マーヤ・ルドルフ、他
(声)菅野美穂、小泉孝太郎、川島得愛、本城雄太郎、他
【あらすじ】美しい街サンフランソウキョウ。 幼い頃に両親を亡くした14歳の天才科学少年ヒロは、大学生の兄タダシと共に叔母キャスの家で暮らしていた。 タダシが事故で亡くなり部屋に閉じこもっていたヒロの前に、空気で膨らんだ白くて大きな体を持つベイマックスが現われる。 それはタダシが、人々の心とカラダを守るために開発したケア・ロボットだった。 ヒロは、ベイマックスや兄の友人たちと一緒に、兄の死の真相を探り始める…。 アニメーション。

『ベイマックス』象のロケット
『ベイマックス』作品を観た感想TB

画像(C)2014 Disney. All rights reserved.

bighero.jpg 【解説と感想】歳末の街は、LEDの電飾で目も眩むほど華やかだ。見つめているだけでデートも盛り上がる。それもこれも、このほどノーベル賞を受賞した赤崎勇、天野浩、中村修二ら、多くの科学者のお蔭である。私たちは、今より更に便利な生活を常に待ち望んでいる。その期待に応えられるのも科学の力だ。ところが一方でそれら最先端の科学を、私利私欲のためにだけ利用しようとする悪人もいる。

本作の舞台は、アメリカのサンフランシスコと日本の東京がミックスしたような未来の都市サンフランソウキョウ。主人公は14歳の少年ヒロ。彼の家族は叔母キャスと大学生の兄タダシの2人だけ。ヒロは高すぎる知力を持て余し、ロボット・ファイターに熱中していた。だが兄が通うサンフランソウキョウ工科大学を見学し、科学の夢を追求したいと、飛び級での大学入学を志す。

タダシと陽気な仲間たちが研究に没頭している工科大学の研究室は、まるで遊園地だ。今にも手が届きそうな明るい未来が感じられて、ワクワクしてくる。
しかし残念なことに、前途有望な青年タダシは事故で死んでしまう。彼が残した白くて丸くて大きい“ベイマックス”は、人々の心とカラダを守るために働くケア・ロボット。ヒロの心の傷を癒そうと一生懸命だし、たいていの命令は聞いてくれるが、悪い命令には従わない。人間以上に良心があるロボットなのだ。

ロボットと少年の友情物語なのかと思ったら、犯人探しの謎解きサスペンス、正義のヒーローの活躍と、様相が変わっていき飽きさせない。画期的な発明を悪用したり、金儲けの道具にしたりする大人の醜さも描かれる。

ハイテクロボットなのに、空気しか入っていないように見えるベイマックスの動きはかなり鈍くて笑わせてくれる。だがプニュプニュのベイマックスにギュッと抱きしめられると、心がじんわり温かくなっていくようだ。両親や兄を亡くした寂しさは消えないが、ヒロは決して一人じゃないと、ベイマックスが教えてくれる。

私は字幕版で見たが、ラストに流れた日本版エンドソングはAIの2005年の大ヒット曲『STORY』の英語バージョン。ベイマックスとヒロのために作られたのではと思うほどピッタリの歌詞で、思わず泣きそうになった。

才能ある青少年も、一歩間違えば犯罪者になりかねない。合成薬物製造や、サイバー犯罪など、卓越した能力を正しく利用できなかった例だろう。落ちこぼれだけでなく頭の良すぎる子どものことも、周りの大人は気をつけて見てやらねばならない。本作ではそれを大人ではなくロボットがやってくれている。傷ついた少年の心を、優しさと愛で軌道修正してゆく心温まるSFファンタジー。お薦め作品だ。

(象のロケット 映画・ビデオ部 並木)


 
posted by 象のロケット at 11:40| Comment(0) | TrackBack(7) | 超お薦め映画作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする