2015年08月24日

『ドローン・オブ・ウォー』お薦め映画

★★★★ 2014年製作 米 (104 min)
【監督】アンドリュー・ニコル(シモーヌ、ガタカ、ロード・オブ・ウォー、TIME タイム)
【出演者】
イーサン・ホーク(ガタカ、パージ、アサルト13 要塞警察、大いなる遺産)
ブルース・グリーンウッド(レーシング・ストライプス、ビロウ、アイ,ロボット、小さな村の小さなダンサー)
ゾーイ・クラヴィッツ(マッドマックス 怒りのデス・ロード、X-MEN ファースト・ジェネレーション、アフター・アース、ダイバージェント)
ジェイク・アベル、ジャニュアリー・ジョーンズ
【あらすじ】アメリカ空軍の軍事パイロットであるトミー・イーガン少佐の勤務地は、ラスベガス近郊の空軍基地に設置された、エアコン完備の狭いコンテナ。 彼は今日もここでドローン(無人戦闘機)を遠隔操作し、1万キロも離れた中東の地にいる6人のタリバン兵をあの世送りにした。 車できらびやかな歓楽街を抜けてマイホームへ帰ると、妻と子どもたちが待っている。 そんな落差のある毎日に、トミーは違和感を覚えていた…。 現代戦争の実態。 R-15

『ドローン・オブ・ウォー』象のロケット
→『ドローン・オブ・ウォー』作品を観た感想TB

画像(C)2014 CLEAR SKIES NEVADA,LLC All rights reserved.

goodkill1.jpg 【解説と感想】ゴールデン・ウィーク前に首相官邸屋上に小さなドローン(無線操作によって飛行する無人航空機)が落下した事件は大きく報道され、ドローンの認知度が一気に上がった。ドローンは軍事目的で開発されたが、大小様々なサイズがあり、荷物運搬や写真撮影、調査、救助活動など、今やいろんな分野で活用されているらしい。

goodkill2.jpg 本作の時代設定は2010年頃。主人公トミー(イーサン・ホーク)は、かつてはF-16戦闘機に乗り、200回以上出撃して生還した優秀な米軍パイロットで、現在の勤務地はラスベガス近郊の空軍基地のオペレーションルーム。コンテナの“どこでもドア”を開けると、室内は中東。つまり、彼のチームは米国内の基地でドローンを遠隔操作し、1万キロ以上も離れた画面上の“中東”へ空対地ミサイル“ヘルファイア”を打ち込み、憎きタリバン兵を殺しているのだ。

goodkill3.jpg 任務とはいえ、敵とはいえ、何人もの人間をバラバラに吹っ飛ばした緊張感も解けないうちに、妻子の待つマイホームで夕食は楽しいバーベキュー。日常生活とのあまりの落差にトミーは違和感を覚えている。グラマラスな美人妻モリー(ジャニュアリー・ジョーンズ)との間もギクシャクして、今にも崩壊しそうだ。実機に乗っていた時は常に危険に晒されていたが、たまにしか会えない妻との関係は良好だった。以前とは比較にならないほど恵まれた職場に配属されたと言うのに、なぜ彼は沈んでいるのか?

上官ジョンズ(ブルース・グリーンウッド)は、ゲームセンター等でリクルートしてきた若きドローンパイロットの卵たちに繰り返し言って聞かせる。これは遊びのゲームではなく、戦争による殺人なのだと。軍はドローンに対する国内外からの批判も自覚しているが、タリバンを一掃するという使命感に燃えている。2001年の9.11アメリカ同時多発テロ事件を繰り返してはならないという、大義名分に支えられているのだ。

発射から着弾まで数秒のズレがあるため、標的以外の民間人を殺してしまう危険もある。CIAの特殊作戦では民間人を巻き込むリスクより、より多くのタリバンを殺す成果が優先される。向こうだってアメリカの民間人を殺しているからというのが理由。敵の民間人の被害より、自国の民間人の安全を守らなくてはならないという大義名分がある。

goodkill4.jpg どんな大義名分があろうと、自分のクリックひとつで人が死ぬ。敵ばかりでなく関係ない女性や子どもまで巻き添えにしてしまう。その現実に耐えられなくて、トミーのチームからもドラッグに溺れる者が出た。トミーもアルコールに溺れかけている。中東へ行かなくても家族が傍にいても、PTSD(心的外傷後ストレス障害)にかかってしまう。女性兵スアレス(ゾーイ・クラヴィッツ)も、これでは戦争が永遠に続くと批判的だ。全世界が抱いているドローンへの危惧が、彼女のセリフになっている。実際、ストレスに耐えかねて離職するパイロットは後を絶たないらしい。

PTSDにはならない方がいいけれど、クリック殺人が平気な兵士より、罪悪感を抱く兵士の方が正常と言える。ドローンを持
っているのは米軍だけではない。今後、ドローンによるテロは確実に起こるだろうし、小さいものだと見つけにくいから、爆発を未然に防ぐことも難しくなる。自爆テロとドローン・テロ、どちらが危険だろう。それでも米軍はドローンを使用し続けるべきなのか? 進化する現代戦争の実態と矛盾を描いたタイムリーな問題作。お薦め作品だ。

(象のロケット 映画・ビデオ部 並木)


 
posted by 象のロケット at 22:54| Comment(0) | TrackBack(7) | 超お薦め映画作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『キングスマン』お薦め映画

★★★★★ 2015年製作 英 (129 min)
【監督】マシュー・ヴォーン(キック・アス、X-MEN ファースト・ジェネレーション、レイヤー・ケーキ)
【出演者】
コリン・ファース(英国王のスピーチ、シングルマン、レイルウェイ 運命の旅路、ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月)
マイケル・ケイン(愛の落日 クワイエット・アメリカン、ミニミニ大作戦、ウォルター少年と、夏の休日、殺しのドレス)
サミュエル・L・ジャクソン(スネーク・フライト、交渉人、S.W.A.T.、シャフト)
タロン・エガートン、マーク・ストロング、ソフィア・ブテラ、マーク・ハミル
【あらすじ】ロンドンのサヴィル・ロウにある高級スーツ店「キングスマン」の裏の顔は、どこの国にも属さない世界最強のスパイ機関。 エリートスパイであるハリーは、欠員補充のため街のチンピラ、エグジーを見込んでスカウトする。 実はエグジーの亡父もキングスマンの一員だった。 一方、世界各地で重要人物の失踪事件が頻発。 IT企業家ヴァレンタインが、密かに人類抹殺計画を進めていた…。 スパイアクション。 R-15
原作:マーク・ミラー

『キングスマン』象のロケット
『キングスマン』作品を観た感想TB

画像(C)2015 Twentieth Century Fox Film Corporation All rights reserved.

kingsman1.jpg 【解説と感想】一般的なサラリーマンの場合、クールビズが浸透した夏場以外はスーツを着ている方が多いだろう。若いうちは、いくらスタイルがよくてもスーツがあまり似合わない。給料が安くてスーツに金をかけられないせいもあるが、高級スーツを着ても中身が伴わないと、ちぐはぐな印象を受ける。年を重ねるのもいいものだ。だがスーツが似合うようになると、悲しいことにジーンズが似合わなくなってしまう。どちらもサマになるオシャレな男性が、あなたの周囲には何人いるだろうか?

kingsman2.jpg ロンドンの高級紳士服街サヴィル・ロウ(背広の語源だとも言われている)にある紳士服店「キングスマン」の実態は、どこの国にも属さない最強のスパイ機関。ハリー(コリン・ファース)は、チンピラ風の青年エグジー(タロン・エガートン)を、エージェント研修生としてスカウトした。ハリーも教官のマーリン(マーク・ストロング)も、エグジーの父の死によって命を救われた過去がある。

kingsman3.jpg まずは、ハリーが乱闘するときのスパイグッズに大笑いさせられ、一気に映画に引き込まれる。「今のスパイ映画はシリアス過ぎて…。」というセリフがあるが、ホント、ゲラゲラ笑わせてくれるスパイ・コメディ。肉片飛び散る流血シーンもマンガチックに処理されており、キモいがグロくないから、残虐シーンが苦手な方でも大丈夫だ。

エグジーが女性研修生ロキシー(ソフィー・クックソン)たちと共に過酷な試験を突破していく様子は、新人スパイの成長物語として楽しめる。貧しい育ちのエグジーは、家柄が良く高学歴な他のメンバーとは反りが合わない。騎士道精神に基づいた志の高いスパイ機関は、実は上から下までエリート意識バリバリの組織だった。しかし、騎士や紳士を作るのは家柄ではなく、本人の努力。エグジーはなにせ22歳、いかようにもなる“伸びしろ”があるのが強みである。

kingsman4.jpg 英国紳士然としたエージェントのハリー(コリン・ファース:54歳)は、ホレボレするほどスーツが似合っている! 服の仕立ての良さとそれを着こなす彼の所作に目が釘付けだ。教官のマーリン(マーク・ストロング:52歳)も同様で、渋い大人の色気が漂っている! スパイ研修生のエグジー(タロン・エガートン:25歳)は、まだまだ高級スーツよりヒップホップ系の若者ファッションが似合っている。気の毒なのは悪役ヴァレンタインを演じているサミュエル・L・ジャクソン(66歳)。実際は高級スーツが似合うセレブのはずだが、めちゃめちゃダサい、品のない成金アメリカ人に徹していて、拍手を送りたくなった!

では女性陣はというと、エグジーの母はうら若き未亡人だったが、17年後の崩れたオバサンぶりに唖然とさせられる! ヴァレンタインの秘書ガゼル(ソフィア・ブテラ)は、ツンとすました美女だが両足が刃物になっている恐ろしい殺人者! そして某国王女は、志は高いが下半身ユルすぎ! というわけで品格あるレディーは登場しな
いのだが、その分しっかり笑わせてくれる。続編があるなら是非、優等生のスパイ研修生ロキシーを、色香で敵を惑わす美女に変貌させて欲しい。

何度でも見たくなる、思いっきり楽しいスパイ・アクション・エンターテインメント、お薦め作品だ。

(象のロケット 映画・ビデオ部 並木)


 
posted by 象のロケット at 22:21| Comment(0) | TrackBack(24) | 超お薦め映画作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする