2018年11月01日

『A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー』お薦め映画

★★★★★ 2017年製作 米 (92 min)
【監督】デヴィッド・ロウリー(ピートと秘密の友達)
【出演者】
ケイシー・アフレック(マンチェスター・バイ・ザ・シー、キラー・インサイド・ミー、ジェシー・ジェームズの暗殺、トリプル9 裏切りのコード)
ルーニー・マーラ(ドラゴン・タトゥーの女、キャロル、ローズの秘密の頁(ページ)、LION/ライオン 25年目のただいま)
【あらすじ】田舎町の小さな一軒家で若い夫婦のCとMは幸せな毎日を送っていたが、夫Cは交通事故で死亡してしまう。 妻Mが夫Cの死亡を確認し病院を去った後、夫Cはシーツを被った状態で起き上がり、そのまま自宅まで戻ってきた。 妻Mは夫Cの存在には気が付かないが、ゴースト(幽霊)となった夫Cは、悲しみに暮れる妻Mを見守り続ける…。 ラブ・ファンタジー。


『A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー』象のロケット
『A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー』作品を観た感想TB

画像Copyright:(C)2017 Scared Sheetless, LLC. All rights reserved.

ghost1.jpg 【解説と感想】 人は死んだらどうなるのか? 三途の川で呼び戻されたと言う人もいるけれど、ほとんどの死者は蘇生しないので、正確なことは分からない。微生物に分解されて元素に戻る、星になる、永遠の眠りにつく、天国や地獄に行く、家族の元に霊としてとどまる、別の生物に何度でも生まれ変わる…等、その人の人生観や宗教観、科学的見解や願望によって、考え方は多岐に渡り決して結論は出ない。私自身は、死んだらぐっすり眠りたいと思っているが、日頃の行いが悪いから地獄へ落ちてしまうだろうか?

ghost2.jpg 本作はタイトル通り、ゴースト(幽霊)のお話。田舎の小さな一軒家で若い夫婦が幸せに暮らしていたが、夫Cは交通事故死する。しかし彼はシーツを被ったまま起き上がり、自宅へ戻って来た。ゴースト(幽霊)となった夫Cは妻Mをずっと見守り続け、妻Mはそのことに全く気付かない。

ghost3.jpg 派手さはなく静かな物語だが、グイグイ引き込まれ涙する場面も多かった。本作の主人公は、ハンサムな夫C(ケイシー・アフレック)や美しい妻M(ルーニー・マーラ)ではなく、白いシーツを被ったゴースト。見かけも行動も全然怖くなくて、無表情な顔はむしろユーモラス。シンプルなキャラクター、押しつけがましさのない死生観、見たことのないストーリー展開、美しい色づかい、同じ場所で時間だけが過ぎていくタイムトラベル感など、様々な要素に惹き付けられた。ゴースト自身の戸惑いと悲しみが伝わって来て、胸が締め付けられる。特に、向かいの家のゴーストが、窓越しにゴースト=Cに向かって放つ一言は衝撃的だ。ゴーストがいることを知らずに喋り続ける名もない男性住民の言葉は、非常に示唆に富んでいる。

ghost4.jpg 夫Cを亡くした後も生きていかなければならない妻Mと違い、死んでしまった夫Cの人生に未来はない。あるのは死ぬ前の人間としての過去と、ゴーストとしての現在だけ。特定の人だけが成仏できずゴーストになるのか? 死んだら皆ゴーストになってしまうのか? ゴーストはどれくらいの期間この世に留まるのか?…等、様々な疑問が沸き上がる。人の死には、最初の生物的な死と、自分を覚えてくれている人がいなくなるという2度目の死があるとよく言われる。この孤独なシーツ被りゴーストは、完全なる死を迎えられるのだろうか。

死んだら全て終わりかもしれない。でももし、ゴーストとなって長い時間この世に留まっていられるとしたら…? 言葉を失ってしまうほど切なく悲しいラブ・ファンタジー。お薦め作品だ。

(象のロケット 映画・ビデオ部 並木)

 
 
posted by 象のロケット at 20:49| 超お薦め映画作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『ヴェノム』お薦め映画

★★★★ 2018年製作 米 (112 min)
【監督】ルーベン・フライシャー(L.A. ギャング ストーリー、ゾンビランド、ピザボーイ 史上最凶のご注文
【出演者】
トム・ハーディー(マッドマックス 怒りのデス・ロード、レヴェナント 蘇えりし者、オン・ザ・ハイウェイ その夜 86分、チャイルド44 森に消えた子供たち)
ミシェル・ウィリアムズ(マンチェスター・バイ・ザ・シー、ランド・オブ・プレンティ、マリリン 7日間の恋、テイク・ディス・ワルツ)
リズ・アーメッド(ナイトクローラー、ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー)
スコット・ヘイズ、リード・スコット
【あらすじ】アメリカの男性ジャーナリスト、エディ・ブロックは、人体実験で死者を出しているという噂のライフ財団に突撃取材したせいで会社をクビになり、恋人アンとも別れることに。 それでも財団の研究所に潜入したエディは、スーパーパワーを持つ“シンビオート(地球外生命体)”に寄生されてしまう。 恐ろしい意志を持つ生命体はエディと一体化し、「俺たちは−ヴェノムだ。」と名乗りを上げる…。 SFアクション。

『ヴェノム』象のロケット
『ヴェノム』作品を観た感想TB

画像Copyright:(C)&TM 2018 MARVEL All rights reserved.

venom1.jpg 【解説と感想】 正義のヒーロー「スパイダーマン」最大の宿敵は、悪のヒーロー「ヴェノム」。有名キャラらしいが、私はヴェノムのことをよく知らない。だが、本作は「ヴェノム」の誕生を描いているので、知らなくても全然大丈夫だった。アメコミ界のヒーローがまた1人、全世界デビューを果たす。

“シンビオート”とは、スーパーパワーを持つ寄生型地球外生命体の全体を指す名称で、人体を喰らったり寄生したりして人類を破滅させ、やがては地球を乗っ取ってしまいそうな、人類にとっては敵となる邪悪な生命体。そして、人類の個々に太郎や花子のような名前が付いているように、“ヴェノム”とは“シンビオート” の中の1体の名前である。シンビオートの何体かがライフ財団の宇宙船で地球に持ち込まれ、財団は秘かにシンビオートを人体に寄生させる残酷な実験を繰り返していた。財団には、人類を地球外でも暮らせるような身体に改造しようという目的があった。

主人公エディ・ブロック(トム・ハーディ)は、アメリカの男性ジャーナリスト。彼はライフ財団のカリスマ青年社長カールトン・ドレイク(リズ・アーメッド)の悪い噂を聞き、突撃取材したせいで会社をクビになる。同棲していたライフ財団顧問弁護士の恋人アン・ウェイング(ミシェル・ウィリアムズ)からは愛想を尽かされ、部屋を追い出された。それでもライフ財団に潜入したエディは、ヴェノムに寄生されてしまう。まさに踏んだり蹴ったりだが、エディの表情には「まあ、何とかなるさ」的な楽天性と人の好さが漂っている。

venom2.jpg ヴェノムの全体的な体形はスパイダーマンに似ているが、デカい白目は粘液で潤み、デカい口には長い牙のような歯があり、長〜い舌と気持ちの悪い蜘蛛の糸が飛び出す、一度見たら忘れられない恐ろしい形相の怪物だ。普段は人間エディの身体の中にヴェノムがいるが、変身するとヴェノムの中にエディがいることになってしまう。つまり、1人の心身に善と悪、弱さと強さ、人間の姿と恐ろしい容姿が混在している。ヴェノムには驚異的な身体能力があるが、何かに寄生しないと生きられない。ヴェノムの方は寄生してみて(DNA的な?)相性の良さを感じ、エディを最適な宿主と見込んだ。エディの方は寄生されるのはまっぴらゴメンだったのだが、次第にヴェノムのスーパーパワーを使うのが快感になっていく。果たして彼らは、真の相棒になれるのか…?

venom3.jpg シンビオートが人間を襲うグロテスクなシーンもある。「マーベル史上、最も残虐な悪(ダークヒーロー)」「悪役(スーパーヴィラン)」と言われているだけに、ヴェノムとはとんでもなく凶悪で嫌な奴なんだろうと最初は思ってしまうが、ヴェノムの中の「悪」はエディの中の「善」の影響を受けていく。エディとの掛け合いは軽快で面白く、案外いい奴なのかもしれないと思わせるが、果たしてどうなるのやら…。

一方、元彼女アンとエディとの関係は完全に終わりではなさそうだし、アンの新しい彼氏の医者ダン(リード・スコット)も気さくな性格で笑わせてくれる。ヴェノムの半端ない暴走と、相反するお茶目な行動も見どころ。この1作で終わるはずがないので、新しいマーベルキャラクター「ヴェノム」の今後の活躍と変化に期待したい。お薦め作品だ。

(象のロケット 映画・ビデオ部 並木)



posted by 象のロケット at 20:30| 超お薦め映画作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする