2009年06月25日

名機ALPS(アルプス)MDプリンタ

映画DVD総合ナビゲーター『象のロケット』を運営する弊社(株)象のロケットはアルプス電気製プリンタMD-5000、MD-5500ユーザーの皆様へのサポート事業を進めます。

『普通紙への極めて鮮明な印刷。』、『昔はインクジェットプリンターのインクの方が割安だと思っていたけど、頻繁に印刷しない自分なんか、たまに印刷しようとするとインクジェットのインクが詰まってて全部交換。 目詰まり防止機能でパソコン立ち上げるたびにクリーニングしたら、何も印刷していないのにクリーニングだけでインクが無くなってしまう。結局、MDのインクの方が割安なんだよね。』、『金や銀の箔で押したようなフラッシュ印刷やメタリック印刷、ホワイトインク印刷、インクジェットどころかレーザーでも実現できない印刷だよ。』……

MD-5000/MD-5500は、数あるプリンターの中でも、まさに名機と呼ぶにふさわしいプリンターです。

インクジェットやレーザープリンタでは印刷できないゴールドやシルバーや白などの特色印刷、普通紙やフィルムなど印刷対象を選ばず色褪せない顔料系熱溶融インク、最新のレーザープリンタにも負けない鮮明印刷など、一度使った人には手放しがたいプリンタなのです。

しかも、時代の流れはペーパーレス。 たまにしか印刷されない方が増えています。 インクジェットでは頻繁にノズルクリーニングをしなければならず、レーザーでも定期的に印刷しておかないと高価なトナーカートリッジが使えなくなってしまいます。『ほんの数枚しか印刷していないのに、消耗品の購入金額がかさんでしまった…』と嘆くユーザーも少なくありません。

ところがこのMDプリンタは、5年以上前の使いかけの古いインクカセットがそのまま使用できます。 しかも消費電力は顔料系熱溶融タイプでありながらレーザープリンタの1/10。待機消費電力はゼロ。頻繁なメンテナンスとも無縁。使いたい時に電源ONで即座に鮮明印刷! 地球環境にとても優しいエコなプリンタなのです。

OSのバージョンアップについていけずに使い捨てがあたりまえのプリンタを始めとするパソコン周辺機器にあって、既に販売から10年以上が経過しているMDプリンタ群を、それを必要とされている方の元に元気な姿でお届けする。 また、損傷し元気をなくしてしまったプリンタを再び持ち主のもとで元気に働けるように修理する。

どこまで使い捨て文化と決別できるか! 象のロケットの一つの挑戦です!

まずは、アルプス電気が販売中止しましたメタリック系インク(ブルーとレッド)の互換インクの販売を通して、MDプリンター愛好ユーザーの皆様とコミュニケーションを持ちながら、一緒にアルプス電気を応援していければよいと考えています。
来月2009年7月上旬には販売開始予定です。

更に、MDプリンターのことを知らない一般の方に対しては、このプリンターを利用してできる『完全オリジナル超高級名刺作成キット』の販売を通して、このプリンターの魅力をお伝えしたいと考えています。

使用しなくなった(動かなくなった)MD-5000、MD-5500の買い取りも行います。 新品MD-5500買い替え資金の足しにいかがでしょうか?

また、修理やメンテナンス事業も進めてまいります。

ぎりぎりのコストで頑張っていきたいと思いますので、皆様のご指導・ご声援をよろしくお願いいたします。
(象のロケット 技術センター)


 
posted by 象のロケット at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | MDプリンタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122222816
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック