2010年09月16日

MDプリンタの特徴と用途/MD-5500,MD-5000,MD-1500,MD-1300,MD-1000

その実力を知り、一度使うと手放せなくなるMDプリンタは、インクジェットやレーザープリンタにはない数々の特徴・機能ゆえに、趣味の印刷から商用印刷まで、実に幅広く各分野で利用されています。ユーザーの方と話していましても「えっ!そんな使い方もあったのか!」と驚かれる方も少なくありません。
このページでは、MD(マイクロドライ)プリンタの使われ方について紹介します。

先に、なぜMDプリンタではこのような特徴ある印刷が可能なのかを簡単に説明します。
1.オフセット商用印刷と同じ顔料系のインクであり、しかもそのインクは水分を含まず、40ミクロン(MD-5000/MD-5500ではVDフォト印刷技術により各ドットを最小ドット径10ミクロンの16段階制御となります)のドット径で用紙に溶融・加圧・転写されます。 しかも高品質な商用カラー印刷において使われる網点印刷方式です。
これにより耐水性・耐候性にすぐれ、普通紙やフィルムに対してもにじみや色あせのないシャープな印刷を可能とします。 色の再現性・保存性にも優れており、ポスターやチラシなどの商用印刷の色校正用にも使われています。
また、このテープ状のインクリボンは、“5年以上前の使いかけのもの”が問題無く使えてしまうという、ほとんど印刷しなくても毎年本体価格以上のインク代を浪費してしまうインクジェットやレーザーでは考えられないような経済性を持っています。

2.白色(ホワイト)の印刷ができます。小型の家庭用プリンタで白が印刷できるのはMDプリンタだけです。特色ホワイトは白を印刷するためだけではなく、フィルム上に他のインクをきれいに印刷するための下地印刷としても使用します。
また、キラキラと輝くメタリックや箔押しのようにピカッと輝くフラッシュ特色印刷も可能です。

3.ページ合成機能を備えています。 これにより、用紙(フィルム)の種類に合わせて下地印刷を設定したり、重ね刷りをしたり、更に写真屋さんでプリントしたような光沢仕上げなどを自由自在に行うことができます。 「プリンター」というよりも小型で超高性能な「印刷機」です。(ちなみに印刷時の音は、「印刷ロボット」です。)

4.昇華印刷ができます。虫眼鏡で見てもドットの判別は出来ません。

これらの優れた特徴を生かして、例えば次のようなシーンで活躍してくれます。

【家庭で】
A4サイズの普通上質紙に、レーザープリンタ以上のシャープさで文字印刷をしてくれます。 カラー印刷も鮮明。 にじみや色あせもありません。 ワンポイントでキラキラ輝くメタリックインクやフラッシュインクを使えば、プロ仕様の印刷物の出来上がりです。 このプリンタが1台あれば、年賀状や暑中見舞い、毎日の献立や案内状、回覧板、名札、名刺など、アイデア次第で印刷に関するほとんどのことはできてしまいます。 去年の年賀状印刷の使いかけインクが、そのまま今年の年賀状印刷でも使えてしまう経済性も嬉しい限りです。

【趣味で】
自作用のクリアデカールシートデカールシートを使って、プラモデルやフィギュア用に自作デカールを作れます。
自転車のフレームやヘルメット、バイク、自動車への装飾印刷。釣り用具へのマーキングや装飾にも利用されています。
塩ビシート製のカッティングシート(マーキングフィルム)に印刷して、同じく自転車・バイク・自動車などの装飾ができます。
色合いを鮮明にしインクを定着しやすくするために下地印刷に特色ホワイトを使用したり、光沢仕上げインクで表面光沢を上げ定着もよくします。 色を付けるためのインクばかりではないところが印刷用途を多彩にしています。
対象物に貼りつけた後は、仕上げのコーティングを施せば、色あせることもはがれることも無いプロ顔負けのオリジナル装飾デザインの出来上がりです。

【ファッションで】
クリアデカールシートカッティングシートに印刷し、デコ電用のオリジナルシールやオリジナルな下地シートを作成。その上にスワロフスキーなどのクリスタルパーツを接着していけば、一味違ったデコ電の完成です。デコ小物入れ、デコ名刺入れ、デコライターも。
ネイルアート用にオリジナルシールも作れます。
アイロンプリントシートを使えば、オリジナルTシャツやオリジナルな絵柄の布バッグも作れます。

【ビジネス、スモールオフィス、店舗で】
普通上質紙や、紙質がしっかりとした大理石調の上質紙などを使って、顧客提出用の会社概要や提案書、パンフレットなどのビジネス文書が作成できます。ワンポイントにメタリック印刷やフラッシュインクを使えば更に高級感がでます。写真入りのメニューや写真入りの名刺も自由自在。
カッティングシートに印刷して切り出せば、屋外用の看板やオリジナルウィンドウPOP、店内POP広告の出来上がり。
オフィスや店舗に1台あると、何かと重宝するプリンタです。

【印刷業界で】
サンプル作りや色校正、更に製版用ネガ・ポジフィルムの作成にも利用します。

『本格名刺作成キット』販売中!
『象のロケット ステッカー用転写シート』販売中!
『象のロケットMDプリンタ用ビューカル(Viewcal)』販売中!
『象のロケット クリアデカールシート』販売中!
『象のロケット デカールシート』販売中!
(象のロケット 技術センター)


posted by 象のロケット at 14:38| Comment(4) | TrackBack(0) | MDプリンタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 私はMD愛好者です。また「視覚障害者と共生する会」を運営しています。特に途中から視覚障害になられた方は点字は読めません。
 全国に約35万人の障害者がおられますが、点字の読める方はその1割しかいません。
 日常生活情報の活字文書を、音声コードを併記して、コード読み取り器で音声にして聞けるように、ボランティアで、はがきサイズの情報誌を発行しています。
 レーザープリンターもありますが、私のもっとも信頼しているプリンターがMDプリンターです。しかしメーカーの生産中止でどこまで現行機の使用が出来るか心配していましたところ、本日貴社の記事を知り延命作業しておられることを知りました。
 また、我々と同じようにコード併記発行のボランテイア団体が増えつつあります。小規模運営に対してのコストメリットと信頼性は抜群です。
 音声コードはSPコードで600dpiのプリント解像度を要求していますが、MDはまさに適格ですので、この面でもPRされると良いと思います。
 現在使用中の機種はMD-4000、MD-1000(2台)の計3台使用しています。
 無償ボランティアですので、定価では購入できませんが、程度の良いものを次の予備機としようかと思っています。
Posted by 小林 勲生 at 2010年12月02日 19:55
ご丁寧なコメントを頂きありがとうございます。
障害者の方々を支える大事な活動に、弊社の活動も多少なりとも役立っていることをお聞きし嬉しい限りです。
最近販売を開始いたしました『本格名刺作成キット』を購入されたお客様が、QRコードの名刺への印刷についてお話しをされていらっしゃいましたが、上質普通紙にレーザー以上に安定した鮮明な印刷ができるMDプリンタは、SPコード印刷においてもおっしゃられる通りで安心して使用できるプリンタだと思います。

このプリンタを必要とされている方がいらっしゃる限り頑張ります。
至らない点も多々ありますが、今後ともご声援よろしくお願い致します。
メールの方でもご連絡させていただきます。
Posted by 象のロケット 長谷 at 2010年12月03日 12:03
MD愛好者:東京の小林です。
 昨年の12月2日に貴社への応援コールを投稿させてもらいました。この際、私どものボランティア団体のことも使用に際して紹介序文に付記しましたところ、私どもの活動をご理解いただき、早速、支援のお話を頂きました。
 内容は現在使用しなくなったMD1500が在るので、良かったら使用して欲しいとのお言葉でした。それも私どもの活動拠点までお持ちくださるとのことでした。
 私どもには必須のプリンタで有難く感謝しながら頂きました。
 同時に、象のロケット(研究所)さんのフアン層の大きさを知らされました。この話を早速、タイトル「善意のMDプリンタ」として、目の不自由な仲間達に、紙が話すカード(SPコード印刷併記)を作成し配布するとともに、福生市職員にも渡したところ、いい話なので、もっと広く皆さんに知らせましょうとなり平成23年4月1日発行の市民活動サポートニュースKAGAYAKI Vol.32に記事を掲載することになり、本日発行誌をもらってきました。記事内には貴社の名称「象のロケット(研究所)」も入れさせてもらいました。合せてプリンタ寄贈いただいた方への御礼を兼ねて投稿させていただきました。有難うございました。
Posted by 小林 勲生 at 2011年03月31日 15:18
コメントありがとうございます。
障害者の方々の支えになっております貴ボランティア団体の活動が広がっていきますことを陰ながら応援しております。
Posted by 象のロケット 長谷 at 2011年04月04日 20:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック