2010年11月17日

名刺サイズの用紙を使って名刺を自作する/作成キット販売中!

2012年10月27日更新:名刺用紙に4種類(金線・緑線・青線・赤線)の線入り高級名刺用紙が追加になりました。

『本格名刺作成キット』発売!
-パソコンとプリンタで名刺を作りたい。
-オリジナルな両面名刺を自分で作りたい。
-名刺屋さんの名刺よりもきれいに作りたい。
-急に必要になったので急いで名刺を作りたい。
-新しいメールアドレスを急いで入れたい。
-このお客さんには携帯電話の番号も入れた名刺を渡したい。
-今月PRしたい商品を名刺にワンポイント入れたい。
-覚えてもらえるように顔写真を入れたい。
-メタリックや金色に輝く箔押しのようなマークを入れたい。
-しっかりと気持ちを込めた名刺を作りたい。

名刺はとても大事なビジネスツール。自由自在に思いを込めたオリジナル名刺を作りましょう。

自分で作る名刺!印刷サンプル画像は→こちら。

[名刺作成に必要なもの]
*弊社の<耐デカール用紙メンテナンス><名刺印刷グレードアップメンテナンス>を行ったアルプス製MDプリンタ/
MD-1000/MD-1300/MD-1500/MD-5000/MD-5500(*注1)
*『本格名刺作成キット』

[本格名刺作成キット]
(商品内容)
1.名刺作成用付箋紙 300枚(片面名刺の場合、約10,000枚〜30,000枚作成可能)
2.高級名刺用紙 1,000枚
3.線入り高級名刺用紙 4種類(金線・緑線・青線・赤線)X各種類10枚
4.名刺レイアウトサンプル10種類(Word使用 CD-ROM 1枚 印刷名刺サンプル10種類)
5.印刷説明書。名刺作成時の注意と、より美しく作成するコツ。

商品に含まれます名刺用紙1,000枚は、いずれも印刷に最適な用紙となっています。紙質もしっかりとしており、ビジネス用に最適です。 以下の5種類よりご選択ください。100枚単位で混載も可能です。
+名刺標準(55×91mm)サイズ:白
+名刺標準(55×91mm)サイズ:わずかにクリーム色がかった白
+小型角丸名刺(48×85mm)サイズ:白
+小型角丸名刺(48×85mm)サイズ:わずかにクリーム色がかった白
+名刺標準(55×91mm)サイズ:線入り白(55o幅の端から約34oの位置に用紙の端から端まで水平に金線・緑線・青線・赤線のいずれかご希望の線が一本入ります。裏面には線は印刷されていません。)

MDファン特別価格 12,000円/1セット(同梱いたします1,000枚に関して線入り高級名刺用紙をご希望の場合は、100枚単位で400円のアップとなります。 例えば600枚が線なし、400枚が線入りの場合は、13,600円/1セットとなります。)
尚、高級名刺用紙は3,000円/500枚単位で追加ご注文可能です。
線入り高級名刺は5,000円/500枚単位で追加ご注文可能です。

ご注文は、弊社のMDプリンタ【修理】【メンテナンス】【販売】の各種サービスをご利用の際に、合わせてご用命ください。プリンタを発送の際に同梱いたします。
また、既に弊社メンテナンス済みのプリンタをお持ちの方は、弊社お問い合わせまでご連絡ください。→お問い合わせ連絡先

(特徴)
* 従来の家庭用プリンタを使った名刺印刷のようにA4サイズに複数枚印刷した後でカットするタイプではありません。本格的な高級名刺用紙に一枚ずつ印刷しますので、当然ながら出来上がった名刺の質感は極めて高く、ビジネス用途にも最適です。
* 名刺屋さんで使用されている業務用名刺印刷機に負けない高解像度の鮮明印字が可能です。極小文字もきれいに印刷できます。
もちろん、オリジナルロゴやオリジナルデザインも自由自在です。
写真入り、ゴールド・シルバー・ブルー・レッドのメタリック印刷や、フラッシュゴールド・フラッシュシルバー箔押し印刷も簡単印刷。名刺屋さんに依頼するとびっくりするほど高価な名刺を簡単自由に作ることができます。
* 顔料系のドライインクを使用しているため、耐水性・耐候性に優れ、長期間の保管においても、にじみや色褪せが発生しません。
* 2回印刷することで、表裏両面名刺印刷もできます。
* ページ合成機能も利用できます。MD-5000シリーズでは2400dpiVDフォト印刷も可能です。
* 印刷スピードでは、さすがに業務用名刺印刷機にはかないませんが、1枚あたり20秒(モノクロ印刷)〜60秒(フルカラー印刷)程度で印刷できます。

(注意)
アルプス電気製MDプリンタMD-1000/MD-1300/MD-1500/MD-5000/MD-5500のいずれの機種においても『本格名刺作成キット』はご使用できますが、弊社の<耐デカール用紙メンテナンス>および<名刺印刷グレードアップメンテナンス>を施していませんと、紙づまり・インクテープ切断の発生や印字ヘッド損傷の原因となります。

尚、本<名刺印刷グレードアップメンテナンス>は、初期評価を2010年5月に完了し、2010年6月1日以降に発送の以下のすべての弊社販売品・修理品・メンテナンス品に施しています。 『本格名刺作成キット』をご利用の際には、弊社発行の「納品書兼保証書」の日付が2010年6月1日以降であることをご確認ください。
メンテナンス済みMD-5000/MD-5500販売
MD-5000/MD-1500/MD-1300/MD-1000修理サービス
MD-5000/MD-5500メンテナンスサービス

<名刺印刷グレードアップメンテナンス>とは→詳細

(*注1)
名刺印刷可能範囲
*MD-5000/MD-5500
上余白3mm、下余白3.2mm、左余白4mm、右余白5o
*MD-1000/MD-1300/MD-1500
上余白12mm、下余白5.9mm、左余白4mm、右余白5o
また、MD-1000シリーズではフラッシュゴールドとフラッシュシルバーの特色印刷はできません。特色メタリック印刷は可能です。

(象のロケット 技術センター)

 
posted by 象のロケット at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | MDプリンタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック