2011年02月26日

『英国王のスピーチ』お薦め映画

★★★★★ 2010年製作 英・オーストラリア (118 min)
【監督】トム・フーパー
【出演者】コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター、ガイ・ピアース、ティモシー・スポール、デレク・ジャコビ、ジェニファー・イーリー
【あらすじ】第二次世界大戦前のイギリス。 ジョージ5世の二男ヨーク公(現在のエリザベス女王の父)は、吃音(きつおん:どもり)のために、無口で内向的な性格だった。 何人もの言語聴覚士の治療を受けるが一向に改善せず、式典のスピーチでいつも落ち込む夫を見かねた妻のエリザベスは、スピーチ矯正の専門家ライオネルの元を訪ねるのだが…。 実話から生まれたジョージ6世スピーチ秘話。
『英国王のスピーチ』象のロケット
『英国王のスピーチ』作品を観た感想TB

(C)2010 See-Saw Films. All rights reserved.

eikoku1.jpg 【解説と感想】仕事には向き不向きというものがある。不向きな職業には就かなければ良いのだが、実際やってみないと分からないこともある。第一希望の職業に就けて大喜びしたのも束の間、理想と現実の差に愕然とする場合もあるし、第三希望だったり、なりゆきで就いた仕事でも、意外にピッタリだったりすることもある。安易な思い込みは禁物だ。

eikoku2.jpg 本作の主人公ジョージは、イギリス国王の第二王子。王室の一員として、人と会うこと、大勢の人の前でスピーチをするのが必要不可欠な立場なのに、彼は幼い頃から吃音(どもり)で、内気な性格だった。
どんなに不向きでも、簡単に「もう辞める!」とは言えない世襲制の職業である。何とか改善しようと、今まで何人もの言語聴覚士の治療を受けて来たが効果はなく、スピーチ矯正の専門家だというライオネルに最後の望みを託したのだ。

eikoku3.jpg ライオネルは、当時イギリスの植民地であったオーストラリアの出身。ジョージとは逆に、人前でしゃべる職業・俳優になりたかった男である。しかし植民地訛りも災いし、残念ながら憧れの職業には就けなかった。ただし外交的で押しは強い。診察室では階級の差などないと宣言し、無遠慮な態度でジョージ(当時はヨーク公)に質問をぶつける。
今まで平民からそんな扱いを受けたことがないジョージは憮然とするが、それがライオネル流の心理療法。されど吃音治療はトントン拍子とはいかない。果たして第一希望の俳優になれなかったライオネルは、王室のスピーチ専門家に向いていたのだろうか?

eikoku4.jpg 思わぬ事態も勃発する。何と兄エドワード8世が王位より愛を選んで退位してしまったのだ。これは有名な事件だから、本作ではあまり詳しくは語られない。
兄に「もう辞める!」の先を越され、「僕も!」とは言えないジョージ。ますます人と会うこと、スピーチの機会は増える。国王のストレスはいかばかりか、気の毒としか言いようがない。妻エリザベスはあまり出しゃばらず、ひたすら励ます。彼らの子供たちも登場するが、長女が現在の英国女王エリザベス2世となる。

本作はコンプレックスを抱え、不向きな職業に就かざるを得なかった中年男の物語だ。引くに引けない立場、やるしかない状況に追い込まれた時、人はもう前に進むしかない。国王でなくても、誰にでもそんな瞬間は訪れる。果たしてその結果は? イギリス国王という職業はジョージに向いていたのだろうか? 彼は国民に自分の思いを伝えられるのか? 手に汗握る一世一代の感動スピーチ、2人の男の成功を祈って見守ろう。お薦め作品だ。

ところで、明後日は2011年のアカデミー賞の発表。候補作の中から、私が個人的に押すピカイチを書いてみた。紹介も兼ねて、なるべくいろいろな作品を選んだので、当たり外れはご容赦のほどを。

作品賞…『ソーシャル・ネットワーク』…現代の若者が求める人間関係を巧みに表現。
監督賞…デヴィッド・フィンチャー『ソーシャル・ネットワーク』…フェイスブック同様、勢いある流れ。
主演男優賞…コリン・ファース 『英国王のスピーチ』…主人公の複雑な内面を表現。
主演女優賞…ナタリー・ポートマン 『ブラック・スワン』…ラスト数分間は目がクギ付け。
助演男優賞…クリスチャン・ベール 『ザ・ファイター』…ダメダメ兄貴に目がクギ付け。
助演女優賞…ヘイリー・スタインフェルド 『トゥルー・グリット』…どこか懐かしい少女、好感度高し。
長編アニメーション賞…『トイ・ストーリー3』…大人も子供も楽しめる。老若男女が泣いた!
脚本賞…『キッズ・オールライト』…普遍的な問題を新しい家族の形で表現。
脚色賞…『127時間』…一人谷底にいる単調さを感じさせない見事な展開。
歌曲賞…『塔の上のラプンツェル』…音楽を楽しむなら字幕版がおすすめ。
美術賞…『アリス・イン・ワンダーランド』…不思議の国の世界を表現。
撮影賞…『インセプション』…脳内アクションに違和感なし。
編集賞…『ブラック・スワン』…プロと素人の踊りの差を全く感じさせない。

(象のロケット 映画・ビデオ部 並木)


 
posted by 象のロケット at 12:56| Comment(1) | TrackBack(34) | 超お薦め映画作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBありがとうございます。
アカデミーどうなるでしょうね。
Posted by KGR at 2011年02月28日 10:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/187864609

この記事へのトラックバック

映画 「英国王のスピーチ」
Excerpt: 英国大使館よりご招待頂き、 大使公邸での試写会に行って参りました!
Weblog: 英国日記
Tracked: 2011-02-27 22:57

試写会「英国王のスピーチ」  (一部訂正)
Excerpt: 2010/2/14、有楽町よみうりホール。 まずまずの入り。 話題の高い映画なので、混むのを予想してちょっと早め(と言っても開場ぎりぎり)に行く。 おかげで前の方の中央に座ることができた。 但し、..
Weblog: ITニュース、ほか何でもあり。by KGR
Tracked: 2011-02-28 10:14

試写会「英国王のスピーチ」2回目
Excerpt: 同じ映画を2度見ることが少ない私ですが、試写会場が英国大使館大使公邸。 これはぜひ行かねば、と半蔵門の英国大使館まで赴く。 場所が場所だけに、いつものようにジーンズはまずいかなと思い、 あらかじめメ..
Weblog: ITニュース、ほか何でもあり。by KGR
Tracked: 2011-02-28 10:33

英国王のスピーチ
Excerpt: 英国史上、 もっとも内気な王。 原題 THE KING'S SPEECH 製作年度 2010年 製作国・地域 イギリス/オーストラリア 上映時間 118分 脚本 デヴィッド・サイド..
Weblog: to Heart
Tracked: 2011-02-28 18:38

英国王のスピーチ
Excerpt: ヨーク公アルバート王子(コリン・ファース)は、ジョージ5世(マイケル・ガンボン)の次男として公式の場でスピーチをすることがあったが、幼少の頃から話すことが苦手で今もまだ吃音症に悩まされていた。
Weblog: I am invincible !
Tracked: 2011-03-01 00:29

トム・フーパー監督「英国王のスピーチ」(★★★★★)
Excerpt: 監督 トム・フーパー 出演 コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター  おもしろいシーンがいくつもある。いちばん印象に残るのは、コリン・ファースが吃音を直すために、ジェフリー..
Weblog: 詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)
Tracked: 2011-03-01 02:03

劇場鑑賞「英国王のスピーチ」
Excerpt: 「英国王のスピーチ」を鑑賞してきました「ブリジット・ジョーンズの日記」「シングルマン」のコリン・ファースが、エリザベス女王の父にして国民から慕われたイギリス国王ジョージ...
Weblog: 日々“是”精進!
Tracked: 2011-03-01 05:38

『英国王のスピーチ』 歯を食いしばっているすべて人へ
Excerpt:  人は誰しも苦手なことがある。  職業に就くのも、必ずしも好きだから、得意だからやるわけではない。  たとえ好きなこと、得意なことを職業にしている人だって、その職業で直面するすべてのことを難なく...
Weblog: 映画のブログ
Tracked: 2011-03-01 19:22

英国王のスピーチ
Excerpt: 評価:★★★☆【3,5点】 アレって、感度良すぎ!息使いまで聴こえるマイクにはノイズフィルターを。
Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
Tracked: 2011-03-02 02:45

「英国王のスピーチ」
Excerpt: 吃音の王様なんて、ユニークなところに目をつけるわね。 しかも、実在した国王。 いまのイギリス女王エリザベス2世の父、ジョージ6世。 たしかに、国王っていえば演説をするのが仕事だもんな。吃音じゃ困っち..
Weblog: 【映画がはねたら、都バスに乗って】
Tracked: 2011-03-05 11:58

『英国王のスピーチ』
Excerpt:   □作品オフィシャルサイト 「英国王のスピーチ」□監督 トム・フーパー□脚本 デヴィッド・サイドラー□キャスト コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カータ..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2011-03-06 09:03

英国王のスピーチ
Excerpt: 監督はトム・フーパー。 第83回米アカデミー賞で作品、監督、 主演男優、脚本賞など主要部門を占めた作品。 アルバート(コリン・ファース)が主演。 史実に基づいたドラマです。 時は1930年、 ..
Weblog: 花ごよみ
Tracked: 2011-03-13 20:15

幼少期のトラウマ「英国王のスピーチ
Excerpt: 今年のアカデミー賞の作品賞、監督賞、主演男優賞、脚本賞の4部門獲得。 「英国史上もっとも内気な王」と言われるジョージ6世は いかに吃音を乗り越えることができたのか? 本作の中で言語聴覚士の..
Weblog: Zooey's Diary
Tracked: 2011-03-13 21:20

英国王のスピーチ
Excerpt: 『英国王のスピーチ』---THE KING'S SPEECH---2010年(イギリス/オーストラリア)監督:トム・フーパー出演:コリン・ファース、 ジ..
Weblog: こんな映画見ました〜
Tracked: 2011-03-13 23:37

映画「英国王のスピーチ」
Excerpt:  今年のアカデミー賞・作品賞を受賞して話題になっている「英国王のスピーチ」を観に行った。  第二次大戦に突入する時代のイギリス王室が舞台で、現イギリス女王のエリザベス2世の父で、吃音を抱えたジョージ6..
Weblog: Serendipity !
Tracked: 2011-03-14 14:22

『英国王のスピーチ』はぼくの自己啓発セミナーだよ。
Excerpt:  なんだか最近やたらと文章を書く機会が多くなってきまして、このブログにかける時間が少なくなってしまいそうです。で、少し更新頻度がさがると思いますが、ご容赦ください。  今回は旬のものです..
Weblog: かろうじてインターネット
Tracked: 2011-03-15 12:02

スピーチこそが
Excerpt: 8日のことですが、映画「英国王のスピーチ」を鑑賞しました。 アカデミー賞作品賞をはじめ 4部門受賞した 話題作です 吃音に悩む ジョージ6世 スピーチ矯正の専門家 ライオネルに出会い、吃音を克服し..
Weblog: 笑う学生の生活
Tracked: 2011-03-15 22:19

『英国王のスピーチ』 映画レビュー
Excerpt: 『 英国王のスピーチ 』 (2010)  監  督 :トム・フーパーキャスト :コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム・カーター、ガイ・ピアース、ティモシー・スポール、デレク..
Weblog: さも観たかのような映画レビュー
Tracked: 2011-03-15 23:39

映画「英国王のスピーチ」主演男優賞はうなずけるが・・・。
Excerpt: 「英国王のスピーチ」★★★★ コリン・ファース、ヘレナ・ボナム=カーター、 ジェフリー・ラッシュ出演 トム・フーパー監督、118分、2011年2月26日公開 2010,イギリス、オーストラリア,ギャ..
Weblog: soramove
Tracked: 2011-03-16 19:54

英国王のスピーチ
Excerpt: さて、お久しぶりの更新です。ずいぶん間を開けてしまいましたね。とりあえずはアカデミー賞で話題になった作品です。しかし私はそれと知らずに見ました。あらすじ:幼いころから、...
Weblog: にき☆ろぐ
Tracked: 2011-03-17 01:41

映画『英国王のスピーチ』劇場鑑賞
Excerpt:  昨日はレディースデイだったので、今年度のアカデミー賞最多12部門ノミネートされ主要部門の4部門(作品賞・主演男優賞・監督賞・脚本賞)を受賞した話題作『英国王のスピーチ(英題:THE KING'S S..
Weblog: 続・蛇足帳〜blogばん〜
Tracked: 2011-03-18 00:21

英国王のスピーチ
Excerpt:  『英国王のスピーチ』を、吉祥寺バウスシアターで見てきました。 (1)この映画に関しては、それがアカデミー賞を獲得しようがしまいが、予告編の時から見てみたいと思っていましたから、実際にアカデミー賞の..
Weblog: 映画的・絵画的・音楽的
Tracked: 2011-03-21 09:50

「英国王のスピーチ」
Excerpt: 〔2010年/イギリス・オーストラリア〕   英国のジョージ6世(コリン・ファース)は、 4〜5歳の頃からの吃音に悩まされ、 そのせいか、性格は内気で癇癪持ち、 本当は優しいのに、自分..
Weblog: のんびり。
Tracked: 2011-03-31 13:44

英国王のスピーチ
Excerpt: 「ブリジット・ジョーンズの日記」「シングルマン」のコリン・ファースが、 エリザベス女王の父にして国民から慕われたイギリス国王ジョージ6世を 演じて絶賛された感動の伝記ドラマ。 吃音症に悩みながらも..
Weblog: だらだら無気力ブログ
Tracked: 2011-04-02 02:21

「英国王のスピーチ」 友が聞いている
Excerpt: 本作は現在のエリザベス女王の父親にあたるジョージ6世の物語。 ジョージ6世は幼い
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2011-04-09 00:29

映画・英国王のスピーチ
Excerpt:   原題 THE KING'S SPEECH 2010年 イギリス・オーストラリア     ただただ良かった! これこそがア..
Weblog: お花と読書と散歩、映画も好き
Tracked: 2011-04-09 15:28

「英国王のスピーチ」
Excerpt: ご存じの通り今年のアカデミー作品賞・監督賞・脚本賞・主演男優賞を受賞した作品。こんな予備知識があると観客も構えてしまうしハードルも思いっきり上げて観てしまうもの。結論から言うと、この『英国王のスピーチ..
Weblog: 古今東西座
Tracked: 2011-04-09 19:15

英国王のスピーチ
Excerpt: 吃音って日本映画だとまず題材にしないと思います。 国王の父が亡くなって、兄が国王に不適格だったため国王になって、 戦争のスピーチをする、という面だけ見ると暗い話にもなりかねないのですが、 全編ほのぼ..
Weblog: Blue Blue Blue
Tracked: 2011-04-09 23:31

映画『英国王のスピーチ』
Excerpt: アカデミー賞受賞作品ですもんね!! 観てきましたよ〜(^^)v 実話ってことでしたが、時代背景とかも知らずに何の前知識もなく見始めましたが、 すんなり、ついていけました。 現在のイ..
Weblog: よくばりアンテナ
Tracked: 2011-04-10 08:14

映画「英国王のスピーチ」
Excerpt: 英国王のスピーチ - goo 映画 英国王のスピーチ(映画.com) 「英国王のスピーチ」オフィシャルサイト 英国王のスピーチ@ぴあ映画生活 英国王のスピーチ - Wikipedia ○作品データ(..
Weblog: itchy1976の日記
Tracked: 2011-04-10 18:59

英国王のスピーチ☆独り言
Excerpt: アカデミー賞で注目されて、受賞後の劇場は賑わってます。吃音で、思うようにしゃべれないことが悩みの種のジョージ父は英国王・・・兄は皇太子。厳格な父と社交的な兄の下でセカンド的ポジションだったから、美しい..
Weblog: 黒猫のうたた寝
Tracked: 2011-04-11 09:51

英国王のスピーチ
Excerpt: 評価点:71点/2010年/イギリス・オーストラリア 監督:トム・フーパー 邦画を見ているような安定感と予定調和。 1900年代初頭のイギ..
Weblog: secret boots
Tracked: 2011-04-14 22:09

映画:英国王のスピーチ
Excerpt:  言わずと知れた、アカデミー賞4部門受賞、英国アカデミー賞7部門受賞などなど多くの賞にノミネート・受賞に輝いた英国王のスピーチを見てきました。
Weblog: よしなしごと
Tracked: 2011-05-14 01:15

英国王のスピーチ/The King's Speech
Excerpt: 後に「善良王」と呼ばれた英国王ジョージ6世が、ヨーク公爵時代に出会った言語聴覚士ライオネル・ローグの助けで自身の吃音を克服する姿を描いた伝記ドラマだ。主演は『シングルマン』のコリン・ファース。共演にジ..
Weblog: LOVE Cinemas 調布
Tracked: 2012-02-13 19:55