2011年11月26日

『ロボジー』お薦め映画

★★★★★ 2011年製作 日 (111 min)
【監督】矢口史靖
【出演者】五十嵐信次郎(ミッキー・カーチス)、吉高由里子、濱田岳、川合正悟、川島潤哉、田畑智子、和久井映見
【あらすじ】一週間後のロボット博覧会への出展が決まっている木村電器の二足歩行ロボット“ニュー潮風”が制作中に大破し、修復不可能になってしまった。 窮地に立たされた開発部の小林・太田・長井の3人は、ロボットの中に人間を入れて誤魔化す計画を立てる。 選ばれたのは、73歳の独居老人・鈴木重光。 ところが、ちょっとしたアクシデントから“ニュー潮風”は日本中の人気者になってしまう…。 ロボット・ジジイ・コメディ。
『ロボジー』象のロケット
→『ロボジー』作品を観た感想TB

画像(C)2012 フジテレビジョン 東宝 電通 アルタミラピクチャーズ

roboji1.jpg 【解説と感想】今回の主人公・鈴木重光役は73歳の新人俳優・五十嵐信次郎が演じるという。一体どんな老人が出てくるのかと思ったら、どこかで見た顔…ミッキー・カーチスではないか。本作では普通のジイさんらしくということなのか、本人の希望で以前から憧れていた日本人らしい名前・五十嵐信次郎という俳優名を使うそうだ。

roboji2.jpg この鈴木爺、ヒマで元気だが高齢のため仕事がない。年齢制限なしの「着ぐるみショー」のアルバイトに応募したら、サイズ的にOKで採用されてしまう。実はそれは、ロボット博覧会に出すはずのロボットが壊れてしまったために、中に人を入れてごまかそうとする家電メーカー木村電器社員、小林・太田・長井(濱田岳、川合正悟、川島潤哉)の苦肉の策だった。

昭和の家電を連想させるレトロなルックスのロボット“ニュー潮風”の二足歩行に、鈴木爺の老人歩行が見事にマッチ! 博覧会で妙に頑張っちゃったもんだから、さあ大変! そのリアルな動きが日本中で大人気となってしまう。 いやあ、笑った。

roboji4.jpg なぜ、この時にバレなかったかというと、日本のロボット技術は世界一で、ダンスをしたり、自ら考えて行動するなど、鈴木爺がやってのけたくらいのことは全て可能だからだ。産業用ロボットは既に稼働中で、人がやりたがらない3K(危険・キツイ・汚い)作業に大活躍。福島原発事故処理作業にも新たにホンダASIMOの技術を取り入れたアームロボットの導入が検討されているという。就職難の現在でも慢性的に人手不足の医療機関では外国人労働者を受け入れているが、将来はロボットに介護してもらう日が来るだろう。

さて、自分がロボットの代わりをやらされていたことを知ると、この鈴木爺、途端に社員たちの足元を見てやりたい放題。社員たちはいつバレるかと生きた心地がしない。
そして、ロボットオタクの女子大生・葉子(吉高由里子)が登場するたびに話が大きくなってゆき、偽ロボットは引っ込みがつかなくなってしまう。

roboji3.jpg 「実はロボットでなく、ロボジー(爺)でした。」なんてことがバレたらどうするのかと、だんだん心配になってくる。鈴木爺の可愛い孫たちや日本中のファンは夢を壊されてガッカリしてしまう。サンタはいないと言うのに等しい。ロボットオタクの学生たちは社員たちを軽蔑し、企業の売名行為の胡散臭さに、ますます就職への希望を失ってしまうだろう。思いがけない“ニュー潮風”の成功に大喜びの木村社長(小野武彦)から、社員3人はクビを言い渡されること必至。世界中から嘘つき企業だと報道されれば、木村電器の存続も危うい。

このジジイとロボット、一体どうオチをつけるのか? 最初は知らなかったこととはいえ、結局は社員たちと共犯になってしまったことへの自覚と責任から、やるときはやる昭和の男・鈴木爺の取った行動とは…? 思わず胸が熱くなる、ロボット開発への夢が広がる爆笑ストーリー。隅々まで楽しいお薦め作品だ。
(象のロケット 映画・ビデオ部 並木)

 
posted by 象のロケット at 11:24| Comment(0) | TrackBack(10) | 超お薦め映画作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「ロボジー」主演・五十嵐信次郎って誰?
Excerpt: [ロボジー] ブログ村キーワード  「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」「ハッピーフライト」の矢口史靖 監督、待望の最新作!「ロボジー」(東宝)。今回のテーマは『ジジイとロボット』!『変形し..
Weblog: シネマ親父の“日々是妄言”
Tracked: 2012-01-08 16:47

ロボジー
Excerpt: 次々とヒット作を生み出す矢口史靖監督が『ハッピーフライト』以来3年ぶりに贈る新作。ロボット開発を任された3人の技術者がお披露目の1週間前にうっかりそのロボットを壊してしまう。切羽詰った彼らはとある老人..
Weblog: LOVE Cinemas 調布
Tracked: 2012-01-12 00:00

「ロボジー」  、文句なし。大絶賛
Excerpt: まさか、ロボットの中におじいさんが入っているとは思わない。そのまさかを逆手に取った傑作だ。これぞ日本のロボット技術。大ヒット間違いなし。世界に配給できる出来栄え。抜群におもしろい。前半に配置した伏せん..
Weblog: とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
Tracked: 2012-01-14 21:59

ロボジー
Excerpt: 2012/01/14公開 日本 111分監督:矢口史靖出演:五十嵐信次郎、吉高由里子、濱田岳、川合正悟、川島潤哉、田畑智子、和久井映見、小野武彦 変形しない。戦わない。働きもしない。そんなロボッ..
Weblog: 新・映画鑑賞★日記・・・
Tracked: 2012-01-15 18:11

『ロボジー』 成長の鍵はコレだ!
Excerpt:  『ロボジー』で主役を務める五十嵐信次郎って誰?そんな役者さんいたっけ?  ……と思ったら、『時空戦士スピルバン』(1986年)のギローチン皇帝や『世界忍者戦ジライヤ』(1988年)の黒猫こと闇忍デ..
Weblog: 映画のブログ
Tracked: 2012-01-16 02:03

ロボジー
Excerpt: Data監督矢口史靖出演五十嵐信次郎 吉高由里子 濱田岳 川合正悟 川島潤哉 田畑智子 和久井映見公開2012年 1月
Weblog: 映画 K'z films 2
Tracked: 2012-01-22 14:13

ロボジー
Excerpt: 吉高由里子が素晴らしい。
Weblog: だらだら無気力ブログ!
Tracked: 2012-01-26 00:25

映画「ロボジー」
Excerpt: 2012/1/14、109シネマズ木場。 五十嵐信次郎(ミッキー・カーチス)、吉高由里子、浜田岳、川合正悟(チャンカワイ) * 木村電器の小林(浜田岳)、太田(チャンカワイ)、長井(川島潤哉)は..
Weblog: ITニュース、ほか何でもあり。by KGR
Tracked: 2012-02-10 12:35

『ロボジー』
Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「ロボジー」□監督・脚本 矢口史靖 □キャスト 五十嵐信次郎、吉高由里子、濱田 岳、川合正悟、川島潤哉       田畑智子、和久井映見、小野武彦鑑賞日 1月14日(..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2012-02-15 08:15

【映画】ロボジー…北九州は映画ロケが多い的な話
Excerpt: ゴールデンウィークも本日で終了。 そんなゴールデンウィーク後半の過ごし方・その2 2013年5月4日(日曜日・みどりの日)は、朝から友達と福岡のコンサートに行くという娘を小倉駅まで送った後に昼寝。..
Weblog: ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
Tracked: 2013-05-06 14:54