2012年01月27日

象のロケット デカールシート

MDユーザーの皆様からのご要望にお応えし、全く新しいデカールシートを開発いたしました。 尚、本商品はクリアデカールシートではありません。→象のロケット クリアデカールシートはこちら。

【品名】:象のロケット デカールシート
【型番】:Z-DCLA4
プラモデルや鉄道模型、フィギュアの小さなマーク(長辺10o以下程度)用にデカールを作製するシートです。

【仕様】
1.水に浮かせることによりインク以外は溶解します。
2.シート表面は、MDプリンタのインクがのりやすくなるように処理しています。
3.MDプリンタの故障を抑える、『MDプリンタ印刷対応処理済み品』です。
4.MDプリンタに最適なA4サイズカット品です。

【使い方】シート上に下地印刷として特色ホワイトを使用し好きな色でマークを印刷します。必要なマークの周りをはさみで切り取り、水の入ったお皿[1]に浮かせると用紙が溶けてインクだけが残ります。インクだけを爪楊枝やフィルムですくって、ほんの少し木工用ボンドを溶かした水の入った別のお皿[2]に移します。プラモデルのマークを貼りたい箇所に1〜2滴ほど[2]の水をたらし、[2]に浮かんでいるマークを爪楊枝ですくって、貼りたい箇所にたらした水の上にのせます。そうするとインクが水の上でパッときれいに開きます(爪楊枝ですくったときはインク同士がくっついて閉じています)。綿棒を使って不要な水を吸い取りながらインクを希望の貼り付け位置に合わせます。
広めのマークを貼る場合は、[2]に浮かんでいるマークを爪楊枝ではなく、作業しやすい適当なサイズにカットした透明フィルムの先端にのせて貼りたい箇所まで移動してインクをスライドさせながら対象物にのせます。

比較的大きめのマークの場合、貼り付けた際にインクにしわが寄りやすくなり、インク強度がないために切れることがあります。 そのような場合にはインクを多層にし印刷したマークに張りと強度を持たせます。

【長所】
クリアデカールシートのようにマークの周りに薄いフィルムがはみ出しません。
*張った個所がインクの厚み分しか盛り上がりませんのでとてもリアルな仕上がりとなります。
*ブラック、フルカラー印刷、メタリック系4色、フラッシュ系2色、とすべてのインクで印刷できます。
*MD用のインクがのりやすくなるようにしています。

【欠点】
*大きなマークを制作するのには向きません。
*ひとつづきでない文字や数字などの場合は、ひとつづきの背景上に印刷しないと点や線や各桁がバラバラになってしまいます。

【価格】
象のロケットデカールシートZ-DCLA4 A4サイズ 
¥1,000/5枚(1枚あたり¥200)
¥3,600/30枚(1枚あたり¥120)
¥20,000/200枚(1枚あたり¥100)
¥80,000/1,000枚(1枚あたり¥80)

【購入方法】
象のロケットデカールシートやインクカセットの購入につきましては、『各種インクカセット・付属品販売中!』ページの「ここからコピー」〜「ここまでコピー」をメールに貼り付けて送信してください。午後2時までにご注文メールをいただき、ご入金の方が確認できましたら、当日発送し、伝票番号をご返信いたします。 ご不明なことがありましたら、遠慮なくご連絡ください。
各種インクカセット・付属品販売中!
お問い合わせ連絡先

よくある質問&アドバイスの一覧へ

Dsc01977.jpg
特色ホワイトで下地印刷し、その上に紙用基本4色CMYKで印刷しました。

Dsc01980.jpg
残りは次回の印刷で使用できますので、正確に水平に切りましょう。

Dsc01986.jpg
右のお皿[1]には水道水、左のお皿[2]には水道水+木工用ボンドを少々たらします。

Dsc01989.jpg
はさみで切り取ります。

Dsc01990.jpg
お皿[1]に浮かせます。

Dsc01993.jpg
すぐにデカールシートは水に溶けはじめ、インクだけが水に浮かびます。プカプカ。

Dsc01995.jpg
お皿[1]のマークを爪楊枝ですくい、お皿[2]に移動します。クシュ。

Dsc01996.jpg
お皿[2]の液面につけると元の形に復活します。パッ。

Dsc02001.jpg
次々にお皿[2]に移動します。クシュ。

Dsc02002.jpg
パッ。
Dsc02003.jpg
真っ赤なフェラーリを作りました。 へたです。

Dsc02007.jpg
お皿[2]のマークをすくってフェラーリの運転席前面にスライド。
そんなマーク、フェラーリにつけるなー! 怒られそう…。

DSC02009.JPG
綿棒で余分な水を吸い取りながら、正確に位置を合わせます。

DSC02013.JPG
出来上がり。 木工用ボンドの量を変えて最適な貼り付け強度にしてください。
マークセッターも使えます。 表面保護と光沢のために、水性、ラッカー系などの仕上げ塗料(トップコート)も使えます。

Dsc02015.jpg
8oのマークです。多層印刷(特色ホワイト+フラッシュシルバー+特色ホワイト+好きな色)で強度を持たせています。

Dsc02033.jpg
まずは同様にお皿[1]へ。

Dsc02041.jpg
お皿[2]へ移動します。 紙の繊維がマークの裏側に付着しないように、マークの裏側を爪楊枝で優しくさすってあげます。

Dsc02046.jpg
ゴールドの輝きをフェラーリへ。

Dsc02052.jpg
完成です。 フェラーリファンの皆様、ごめんなさい。

Elephant's Rocket Decal sheet Z-DCLA4
(象のロケット 技術センター)

posted by 象のロケット at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | MDプリンタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック