2012年02月15日

『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』お薦め映画

★★★★★ 2011年製作 米 (130 min)
【監督】スティーヴン・ダルドリー
【出演者】トム・ハンクス、サンドラ・ブロック、トーマス・ホーン、マックス・フォン・シドー、ヴィオラ・デイヴィス、ジョン・グッドマン、ジェフリー・ライト
【あらすじ】2001年9月11日のアメリカ同時多発テロで父を失った少年オスカーは、1年後、父のクローゼットで1本の鍵を見つける。 これは父が仕掛けた調査ゲームに違いないと信じたオスカーは、母に内緒でその鍵に会う鍵穴を探し始める。 手がかりは封筒に書かれた“ブラック”という文字だけ。 電話帳に記載されているニューヨーク中の“ブラック”さん472人全員を訪ねることにしたのだが…。 ヒューマンドラマ。
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』象のロケット
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』作品を観た感想TB

画像(C)2011 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. All rights reserved.

arienai1.jpg 【解説と感想】阪神淡路大震災の衝撃も大きかったが、東日本大震災は天災+放射能汚染という面で世界中に不安を与えた。もう完全に安全な場所などどこにもない。

本作は2001年9月11日にアメリカで起こった同時多発テロで父を失った少年オスカーの物語。一つの家族に焦点を絞ることで、かえって全ての被害者や家族の悲しみが伝わってくる見事な構成である。

元気な父親(トム・ハンクス)が仕事中に9.11テロに遭遇し死亡するが、遺体が見つからなかったため空の棺で葬儀を出すことになってしまった。1年経ってもまだ父の死を受け入れられない少年オスカー(トーマス・ホーン)は、母(サンドラ・ブロック)に内緒で、父の遺した一本の鍵に合う鍵穴を探しに行く。きっと、何かが変わると信じて…。

arienai2.jpg オスカーは人と接することが苦手で、敢えて病名を付けるなら、自閉症やアスペルガー症候群などの発達障害の傾向が見受けられる少年である。唯一の友だちだった陽気な父を喪ったショックは計り知れない。
夫を亡くした母親も思いは同じだが、まだ自分の気持ちに整理がつかず、息子と悲しみを分かち合えないでいる状態だ。

さて、鍵穴を探すためには、一人で家から外に出なくてはならない。それは引きこもり気味のオスカーにとっては大冒険! ニューヨーク中の“ブラックさん”に会いに行くのだが、誰もがオスカーを門前払いにせず、ちゃんと話を聞いて励ましてくれ、すっかり仲良しになってしまう。

arienai3.jpg ちょっと出来過ぎな展開の謎はあとで解けるが、それでも感動してしまった。まるでニューヨークの街全体で、9.11テロ被害者の子どもを温かく支えているような印象を受けたからだ。あくまでも映画の中での話だが、以前なら人々はこんな面倒くさいことはしなかったかもしれない。しかし数千人の被害者を目にして、それが自分や家族だったかもしれないという共通認識が、ニューヨークの人々の気持ちを変えたのだ。

私たち日本人も同じだろう。それ以前にも大きな天災はあったが、3.11震災後、“思いやり”や“絆”など、ちょっと照れてしまうような言葉を若者や子どもまでが口にするようになった。だから地震を経験して良かったとは決して言えないが、確かに私たちは変わった。被災者やその家族の悲しみを自分のことのように受け止め、助け合いの大切さを学び、自分も被害者になり得るという自覚を持つようになった。

arienai4.jpg オスカーに同行する謎の老人(マックス・フォン・シドー)が登場する。彼も9.11後、“絆”に目覚めたのだろう。パパの遺した一本の鍵は確かにオスカーと彼の家族を変えた。それは不本意ながら死んでいった父親からの最高のプレゼントだった。人はみな優しくて温かい。そう信じられるお薦め作品だ。

(象のロケット 映画・ビデオ部 並木)

 

posted by 象のロケット at 21:28| Comment(0) | TrackBack(38) | 超お薦め映画作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/252441335

この記事へのトラックバック

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い/Extremely Loud
Excerpt: ジョナサン・サフラン・フォアのベストセラー小説を2人のオスカー俳優トム・ハンクスとサンドラ・ブロックの初共演で映画化。更に『愛を読むひと』、『めぐりあう時間たち』のスティーヴン・ダルドリーが監督を、..
Weblog: LOVE Cinemas 調布
Tracked: 2012-02-15 23:36

少年の一歩
Excerpt: 9日のことですが、映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」を鑑賞しました。 試写会にて見ました。 9.11で父を亡くした少年オスカー 父のクローゼットから見つけた鍵 その鍵穴を見つけるべく..
Weblog: 笑う学生の生活
Tracked: 2012-02-17 16:53

映画:ものすごくうるさくて、ありえないほど近い Extremely Loud & Incredibly Close 
Excerpt: アカデミー賞レースで、賞にからむか?のうちの一本。 エントリーされているのは、作品賞、助演男優賞。 NYの一家族が直面した911。 父を突然失ってしまった少年が、そのトラウマから立ち直るまでのプ..
Weblog: 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
Tracked: 2012-02-18 12:23

「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」
Excerpt: 〔2011年/アメリカ〕 試写会で観た。 2001年9月11日。 マンハッタンに住む小学生、オスカー・シェル(トーマス・ホーン)は、 学校から急遽、集団下校させられる。 家に帰り、留守電をチ..
Weblog: のんびり。
Tracked: 2012-02-21 13:35

試写会「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」
Excerpt: 2012/2/10、よみうりホール。 開場時刻を15分も過ぎたころ到着したら、入場の列はなくなっていて、 1階席はほぼ満員だった。 いつもより開映時刻が早い(18:30)ためか、始まってからも 暫..
Weblog: ITニュース、ほか何でもあり。by KGR
Tracked: 2012-02-22 10:26

「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」ものすごく哀しくて、ありえないほど前向き…。
Excerpt: [ものすごくうるさくて、ありえないほど近い] ブログ村キーワード  トム・ハンクス&サンドラ・ブロック “2人のオスカー俳優、初の共演!” 「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」(ワーナー・フ..
Weblog: シネマ親父の“日々是妄言”
Tracked: 2012-02-22 11:29

ものすごくうるさくてありえないほど近い
Excerpt: ユナイテッドシネマ豊橋18にて試写会。 会場は超満席でした。 前から2列目の席で画面もありえないほど近かった。 話の内容は、前半「ハマった」と感じるものの、後半どんどん良くなって行きました。 同じ..
Weblog: ★tip of the iceberg★
Tracked: 2012-02-22 21:01

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
Excerpt: 9.11のワールドセンタービル崩壊で父親を失った少年が、父の遺品の中から見つけた鍵の持ち主をニューヨーク中を歩き回って悲しみを克服していく。家族やご近所さんや同じ町で出会う人々が、その悲しみを埋める役..
Weblog: とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
Tracked: 2012-02-22 21:37

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
Excerpt:  繊細な心を持った少年オスカーは、9.11の同時多発テロで大好きだった父親を亡く
Weblog: CINEMA見聞録
Tracked: 2012-02-22 21:40

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い<試写会>
Excerpt: 観てきました。 <文京シビックホール> 監督:スティーブン・ダルドリー 製作:スコット・ルーディン 製作総指揮:セリア・コスタス、マーク・ロイバル、ノーラ・スキナー 原作:ジョナサン・サフラン..
Weblog: お萌えば遠くに来たもんだ!
Tracked: 2012-02-22 23:28

『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』
Excerpt: (英題:Extremely Loud & Incredibly Close) 「なるほど。 これは評判がいいのもうなずける。 基本となる物語がよく練られているのはもちろんのこと、 演技、..
Weblog: ラムの大通り
Tracked: 2012-02-24 00:33

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
Excerpt: タイトルが長すぎるよ!
Weblog: だらだら無気力ブログ!
Tracked: 2012-02-25 00:06

『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』
Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 □監督 スティーヴン・ダルドリー □脚本 エリック・ロス □原作 ジョナサン・サフラン・フォア□キャスト トム・ハンクス..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2012-02-25 08:52

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
Excerpt: ジョナサン・サフラン・フォア著の同名小説を映画化した人間ドラマです。 このタイトル、なかなか正確に覚えられなくて困るなあと思っていたのですけど、 父がトム・ハンクスで母がサンドラ・ブロックの予告編を観..
Weblog: とりあえず、コメントです
Tracked: 2012-02-26 17:20

『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 いま日本で観るべき理由
Excerpt:  『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を2012年2月下旬に公開するかどうか、配給会社は悩んだことだろう。まだ公開すべきではないという意見、今だからこそ公開すべきという意見、いずれもあったは...
Weblog: 映画のブログ
Tracked: 2012-02-26 17:52

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
Excerpt: ものすごくうるさくて、ありえないほど近い ★★★★☆(★4つ) どうせ、お涙ちょうだいだろうと思ってたけど、ふつーによかったです。 良くも悪くも「ふつーによかった」です。。。 思ってたより暗かっ..
Weblog: 食はすべての源なり。
Tracked: 2012-02-26 19:15

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
Excerpt: 試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】もう、これ泣くしかないでしょ。と思っ
Weblog: うろうろ日記
Tracked: 2012-02-26 19:39

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
Excerpt: タイトル長過ぎって、きっと誰もが思うはず。 カウンターでは「ものすごく」で通じま
Weblog: 映画感想メモ
Tracked: 2012-02-26 20:14

「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」
Excerpt:  本日が公開初日、仕事帰りに観て来ました。  「リトル・ダンサー」のダルドリー監督、筆致が好きです。筆ではなくカメラなのですが、描き方と言うか語り口と言うか、そういうものがとても落ち着く。情景と..
Weblog: 首都クロム
Tracked: 2012-02-26 22:54

映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」形あるものは壊されても、途切れない希望はある
Excerpt: 「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」★★★★ トム・ハンクス、サンドラ・ブロック、トーマス・ホーン、 ジェームス・ガンドルフィーニ、ゾーイ・コールドウェル出演 スティーヴン・ダルドリー監督、..
Weblog: soramove
Tracked: 2012-02-27 07:03

「ものすごくうるさくて ありえないほど近い」試写会
Excerpt: 9.11 アメリカ同時多発テロで父親を亡くした少年・オスカー。繊細で不器用な彼に
Weblog: CafeそれいゆU
Tracked: 2012-02-27 11:23

『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』
Excerpt:   トムさんのお父さん役をすごく楽しみにしていた 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』(公式サイト)を 試写会で
Weblog: ほし★とママのめたぼうな日々♪
Tracked: 2012-02-27 23:04

映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」感想
Excerpt: 映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」観に行ってきました。2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ事件で亡くなった父親が残した鍵の謎を追い、ニューヨーク中を...
Weblog: タナウツネット雑記ブログ
Tracked: 2012-02-28 18:59

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
Excerpt: ものすごくうるさくて、ありえないほど近い - goo 映画 2月18日、映画館にて鑑賞。 良作の小説を一ページずつめくって読み進めていく様な、そんな作品でした。 9.11で大好きだっ..
Weblog: 近未来二番館
Tracked: 2012-02-29 11:03

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
Excerpt: 【ものすごくうるさくて、ありえないほど近い】 ★★★★★ 試写会(3) ストーリー 9.11アメリカ同時多発テロで最愛の父(トム・ハンクス)
Weblog: りらの感想日記♪
Tracked: 2012-03-05 21:17

スティーブン・ダルドリー監督『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』(Extremely Loud
Excerpt: 注・内容、台詞に触れています。ジョナサン・サフラン・フォアの小説をスティーブン・ダルドリー監督が映画化『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』出演はトーマス・ホーン、トム・ハンクス、サンドラ・ブロ..
Weblog: 映画雑記・COLOR of CINEMA
Tracked: 2012-03-08 00:19

スティーブン・ダルドリー監督 「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」
Excerpt: 急遽、今日、休みになりました。(ただ単に明日に仕事を振り替えただけですけど…) 私の知ってる映画館で、木曜日にメンズデーを実施している渋谷シネパレス そこで先週末からかかっている映画「ものすごくう..
Weblog: 映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。
Tracked: 2012-03-08 09:50

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
Excerpt: 911を題材に描いた感動作? 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を観てきました。 ★★★★ 観たことがないタイプの特殊な映画だった。 ちょっとネタバレ混じりで書きます。 あらすじをざっ..
Weblog: そーれりぽーと
Tracked: 2012-03-09 21:24

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
Excerpt:  『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)予告編からかなりいい映画ではないかと思ったのですが、実際に見てみてもなかなかの出来栄えの作品だと思いました。  あ..
Weblog: 映画的・絵画的・音楽的
Tracked: 2012-03-11 08:14

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い/Extremely Loud and Incredibly Close
Excerpt: それにしても、タイトルが長い・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 9.11同時多発テロで最愛の父トーマスを亡くした少年オスカー。 その死に納得できないまま一年が経ったある日、父のクローゼ..
Weblog: いい加減社長の映画日記
Tracked: 2012-04-04 05:08

『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 そんなニューヨークで
Excerpt: 一回では覚えきれない長いタイトルの映画。アカデミー賞作品賞にノミネートされていることもあり鑑賞。主人公オスカーを演じたトーマス・ホーン君は、本格的な演技は本作が初めてという。それにしては、その見事な演..
Weblog: コナのシネマ・ホリデー
Tracked: 2012-04-04 09:14

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
Excerpt: 48点 2011年のアメリカ映画で、 監督は「リトル・ダンサー」のスティーブン・ダルドリー、 主演はトーマス・ホーンです。 トーマス・ホーンはこの映画がデビュー作だそうです。 アメリ..
Weblog: 我が頭に巣くう映画達
Tracked: 2012-04-06 00:17

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
Excerpt: オスカー君を演じたトーマス・ホーン少年、すごいねえ。
Weblog: ぷち てん てん
Tracked: 2012-04-17 19:29

「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」
Excerpt: 少年がニューヨーク中を訪問してまわる、その先々で出会う人たちの顔がNYらしくさまざまな人種からそれぞれ物語を感じさせる顔を敷き詰めているのが見もの。 監督のスティーブン・ダルドリーは「リトル・ダンサー..
Weblog: prisoner's BLOG
Tracked: 2012-04-21 21:07

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
Excerpt:  『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を観た。  【あらすじ】  9.11が最愛の父トーマス・シェル(トム・ハンクス)を奪ってしまう。オスカーは父が遺した一本の鍵に、最後のメッセージが込めら..
Weblog: みすずりんりん放送局
Tracked: 2012-04-22 22:10

【ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(2012)】
Excerpt: 【ネタバレあり】 留守電に残る「Are You There?」という父からのラストメッセージ。それを受け取る事を拒絶した少年は、花瓶の中に見つけた鍵が指し示す先に父の真のラストメッセージがあると..
Weblog: 明るいときに見えないものが暗闇では見える。
Tracked: 2012-07-25 20:42

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い : ヒューマンドラマの王道
Excerpt:  今日は、晴れたり雪だったりころころ変わる天気です。では、今日観たこの映画を紹介します。 【題名】 ものすごくうるさくて、ありえないほど近い 【製作年】 2011年 【製
Weblog: こんな映画観たよ!-あらすじと感想-
Tracked: 2012-10-22 20:17

【映画】ものすごくうるさくて、ありえないほど近い…タイトルの意味未理解?
Excerpt: 現在、自家用車を修理に出していて、代車ではどこにも行く気がしないピロEKです どうも最近は車の運転と相性が悪く困っています 前回「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」の前に書いてある近況報告..
Weblog: ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
Tracked: 2013-02-17 17:16