2012年09月30日

『桃さんのしあわせ』お薦め映画

★★★★★ 2011年製作 中国・香港 (119 min)
【監督】アン・ホイ
【出演者】ディニー・イップ、アンディ・ラウ、チン・ハイルー、ワン・フーリー、チョン・プイ、アンソニー・ウォン、サモ・ハン・キンポー
【あらすじ】現代の香港。 やり手の映画プロデューサー、ロジャーの家には、60年間、梁(リョン)家4代に仕えてきたメイドの桃(タオ)さんがいる。 ある日、タオさんが脳卒中で倒れ入院してしまう。 「もう仕事はできないから辞める」と告げられたロジャーは、彼女の希望に沿って老人ホームに入居させることに。 他の入居者に義理の息子だと名乗ったロジャーの訪問を、タオさんは何よりも楽しみにしていたのだが…。 ヒューマンドラマ。

ヴェネチア国際映画祭主演女優賞、アカデミー賞外国語映画賞香港代表、アジアン・フィルム・アワード主演女優賞、他多数受賞

『桃さんのしあわせ』象のロケット
『桃さんのしあわせ』作品を観た感想TB

画像(C)Bona Entertainment Co.Ltd. All rights reserved.

taosan1.jpg 【解説と感想】 本作は年老いたメイドの老後を見守った雇い主の男性の物語である。中国・香港の作品で、香港の高齢者事情は、本作を観る限りでは今の日本とそう変わらないように思える。どこの国でも老人介護は大きな問題で、自分の親の面倒さえ見ることが困難な世の中であることは間違いない。

60年間、梁(リョン)家4代の主人に仕えてきたメイドの桃(タオ)さん(ディニー・イップ)は、現在の主人ロジャー(アンディ・ラウ)が産まれた時から世話をしてきた。好き嫌いの多いロジャーが体調を崩さないように、彼が食べられる物だけで栄養のバランスが取れるよう料理には気を配っている。ロジャーにとって桃さんは空気のような存在で、普段は特に気に留めることはなかった。しかし彼女が倒れて初めて彼女がいないと回っていかない家だったことに気づく。まるで古女房の有難さに気づく、やもめ男のようだ。どこを探しても、桃さんの代わりが務まるメイドなどいないのである。

taosan2.jpg もう仕事はできないから辞めると申し出た桃さんに、ある程度の退職金を渡せばそれで済むことだったが、ロジャーは身寄りのない彼女の希望に沿う老人ホームを探し、入居後も度々面会に訪れる。アメリカに移住しているロジャーの母親をはじめ、梁家の人々は誰一人桃さんを厄介者扱いせず、家族同様にその身を案じている。

桃さんには名家のメイドとして長年働いてきたプライドがある。身寄りのない彼女にとっては梁家の人々が唯一の家族で、ロジャーは息子のようなもの。雇い主一家の愛情を素直に受け止め、決して自分の立場を卑下したりしない。いい歳だが独身のロジャーの結婚はまだかと心配し、彼との面会の日を心待ちにしている。そんな愛される普通のおばさん役を演じているジョニー・イップは、元香港ポップス界の人気スターで、映画界にも進出し演技派女優となったが、今回は11年ぶりの映画出演だという。笑うと少女のような愛らしさがある。

taosan3.jpg 登場人物はほとんどいい人ばかりで、話がうますぎると言う人もいるかもしれない。通常、高齢者を扱う作品のほとんどは、老人を抱える家族の葛藤を描き、問題提起しているが心が痛くなることも多い。だが、たまにはこんないい話も悪くない。シンプルなストーリーでも全く退屈しないのは、主演二人の力量によるものだろう。少子高齢化社会の理想的な姿の一つを描いている。私も身近な高齢者に対してロジャーのように敬意を払って接したいし、自分自身も桃さんのような老後を迎えたいと思った。鑑賞後、誰もがそういう気持ちになるだろう。心がじんわり温かくなる、お薦め作品だ。

(象のロケット 映画・ビデオ部 並木)




 
posted by 象のロケット at 19:35| Comment(0) | TrackBack(11) | 超お薦め映画作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/294892012

この記事へのトラックバック

桃さんのしあわせ
Excerpt: 現代の香港。 やり手の映画プロデューサー、ロジャーの家には、60年間、梁(リョン)家4代に仕えてきたメイドの桃(タオ)さんがいる。 ある日、タオさんが脳卒中で倒れ入院してしまう。 「もう仕事はできない..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2012-10-01 13:49

『桃(タオ)さんのしあわせ』
Excerpt: (原題:桃姐) ----『桃(タオ)さんのしあわせ』? また、 のどかと言うか、地味というか…。 「タイトルだけ聞いたらね。 でも、その内容は、けっこうつらいものがある。 主人公の桃さん(ディニー・..
Weblog: ラムの大通り
Tracked: 2012-10-03 23:49

素朴な人生〜『桃(タオ)さんのしあわせ』
Excerpt:  桃姐  A SIMPLE LIFE  60年間、同じ家庭で住み込みの家政婦として働く春桃(タオさん:ディニー・ イップ)。家族の多くは外国へ移住し、香港に残るのは映..
Weblog: 真紅のthinkingdays
Tracked: 2012-11-06 10:30

桃(タオ)さんのしあわせ
Excerpt: 予告編を見たときに面白そうだなぁと思ったのですが、時間が合えば行けばいいかくらいのボーダーラインの作品だったのですが、ちょうど時間が合ったので見に行きました。テーマがテーマだからか、50歳以上の方がほ..
Weblog: シネマ日記
Tracked: 2012-11-27 15:22

素朴な人生〜『桃(タオ)さんのしあわせ』
Excerpt:  桃姐  A SIMPLE LIFE  60年間、同じ家庭で住み込みの家政婦として働く春桃(タオさん:ディニー・ イップ)。家族の多くは外国へ移住し、香港に残るのは映..
Weblog: 真紅のthinkingdays
Tracked: 2012-11-27 16:07

「桃(タオ)さんのしあわせ」
Excerpt:  (原題:桃姐)監督アン・ホイの円熟味を感じさせる一作。誰にでも訪れる老いと死。最期の時を迎えるにあたって、本当に必要なものは何なのか。黒澤明の「生きる」の主人公のように、ミッションを全うすべく前の..
Weblog: 元・副会長のCinema Days
Tracked: 2012-11-27 22:25

桃さんのしあわせ(2011年中国・香港)
Excerpt: 60年間働いてくれていたメイドの桃(タオ)さんが、脳卒中で倒れた。 雇い主の息子で映画プロデューサーのロジャーは、仕事の合間を縫い病院を訪れ、老人ホームに入ってからも、しばしば訪れ介護するようになる。..
Weblog: 恋染紅葉
Tracked: 2012-11-28 17:03

〜『桃(タオ)さんのしあわせ』〜 ※ネタバレ有
Excerpt: 2011年:中国=香港映画、アン・ホイ監督&製作、スーザン・チャン脚本、ロジャー・リー製作&原作、チャン・プイワー製作、ユー・ドン、アンディ・ラウ、ソン・ダイ製作総指揮、ディニー・イップ、アンディ・ラ..
Weblog: 〜青いそよ風が吹く街角〜
Tracked: 2012-11-29 22:48

『桃(タオ)さんのしあわせ』
Excerpt: 家政婦であり、母親でもあり、お姉さんでもあり、そして一人の女性でもある桃さん。その桃さんへの感謝の心から来るロジャーの気遣いに温かい涙が流れる。 第68回ヴェネチア国際映 ...
Weblog: こねたみっくす
Tracked: 2012-12-12 20:13

桃(タオ)さんのしあわせ 桃姐
Excerpt: 2012年の香港電影金像奨の作品賞、監督賞、主演男優賞、主演女優賞、脚本賞受賞作にして、ヴェネチア国際映画祭の主演女優賞も受賞した作品。監督は許鞍華アン・ホイ、主演は葉徳嫻ディニー・イップと劉徳華ア..
Weblog: まてぃの徒然映画+雑記
Tracked: 2013-02-18 22:52

映画「桃さんのしあわせ」家族について考えてみる時間
Excerpt: 映画「桃さんのしあわせ」★★★☆DVD鑑賞 アンディ・ラウ、ディニー・イップ チン・ハイルー、ワン・フーリー イーマン・ラム、アンソニー・ウォン出演 アン・ホイ監督、 119分、20132年10月1..
Weblog: soramove
Tracked: 2013-09-02 06:34