2013年07月29日

『パシフィック・リム』お薦め映画

★★★★★ 2013年製作 米 (130 min)
【監督】ギレルモ・デル・トロ
【出演者】チャーリー・ハナム、イドリス・エルバ、菊地凛子、チャーリー・デイ、ロブ・カジンスキー、マックス・マーティーニ、ロン・パールマン
【あらすじ】2013年8月、太平洋の深海から出現した、謎の巨大生命体“KAIJU(カイジュウ)”によって、3つの都市が瞬く間に壊滅。 環太平洋沿岸(パシフィック・リム)諸国は、PPDC(パン・パシフィック・ディフェンス・コープ)を設立し、人型巨大兵器“イェーガー”を開発するが、KAIJUとの戦いは5年、10年と長引いていった。 一線を退いていたイェーガーの元パイロット、ローリーは再び戦線に復帰し、日本人女性マコとコンビを組もうとするが…。 SFアクション。

『パシフィック・リム』象のロケット
『パシフィック・リム』作品を観た感想TB

画像(C)2013 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.AND LEGENDARY PICTURES FUNDING,LCC All rights reserved.

pacificrim1.jpg 【解説と感想】「パシフィック・リム」は、巨大怪獣と巨大ロボットの戦いを描いた作品だ。朝の試写室は空いているから大好きなのだが、満席で熱気ムンムンなのに驚いた。アクション大作はなるべく後ろで観たいのに、何と一番前の席になってしまった。こんな席で3Dだなんて最悪だなあと思ったが、上映が始まったら、そんなことは全く気にならなくなった。まさにかぶりつき席で、スクリーンにかぶりつくように楽しんだのである。

2013年8月、超高層ビル並みの大きさの謎の“KAIJU(カイジュウ:怪獣)”が太平洋の深海の裂け目から出現した! アメリカ人ですら“カイジュウ”と発音するだけあって、その風貌は日本が世界に誇る特撮キャラクター“ゴジラ”のような懐かしの“怪獣”あり一体一体、見た目が違う。そして謎のエイリアンでもある。

世界中の都市を次々と破壊してゆくKAIJUに対し、滅亡の危機を感じた各国は利害を捨てて一致団結。人型巨大兵器“イェーガー”を開発した。こちらのルックスは、「マジンガーZ」や「機動戦士ガンダム」のような巨大人型ロボットだが、パイロット同士の神経がシンクロしなければならないという、「新世紀エヴァンゲリヲン」を彷彿とさせる複雑なシステムだ。

メキシコ生まれのギレルモ・デル・トロ監督(48歳)は「鉄人28号」や「ウルトラマン」シリーズが大好きだという。日本のアニメや怪獣映画は世界の青少年に影響を与えている。そんな怪獣映画大国で生まれながら、特撮映画に別段親しまずに大きくなってしまった日本人の私が、今ごろ逆輸入のKAIJU映画に胸を熱くするとは、お恥ずかしい限りである。

pacificrim2.jpg 最初のKAIJU出現から20年以上が経った2025年、もう出動できるイェーガーは4機しかない。オーストラリアの“ストライカー・エレウカ”(パイロット:父子)、中国の“クリムゾン・タイフーン”(パイロット:三つ子の兄弟)、ロシアの“チェルノ・アルファ”(パイロット:夫婦)、そしてアメリカの“ジプシー・デンジャー”。 かつて主人公ローリー(チャーリー・ハナム)は、これを兄と一緒に操縦していたのだが、今回は日本人女性マコ(菊地凜子)と組もうとしている。マコの搭乗に反対する司令官スタッカー(イドリス・エルバ)のカリスマ性あふれる表情が、怪獣パニック映画に重厚さを与えている。

ビルが立ち並ぶ大都市が戦場となり、巨大なKAIJUとロボットが戦うシーンは圧巻。中に入っているパイロットの動きに合わせて、見ているこちらの手や足までが動いてしまいそうだ。破壊モンスター“KAIJU”に投げ飛ばされるロボット(パイロット)の痛みが私の身体にも伝わり、拳や肩に力が入る。テーマ音楽も勇ましくてノリがいい。頑張れ、ジプシー・デンジャー、人類の未来のために! 

本作の公開を一番喜んでいるのは、ゴジラやガンダムで育ったお父さんたちかもしれない。中にはおじいちゃんだっているだろう。子どもから若者、中高年まで幅広い年代が楽しめる、夏休みイチ押しの怪獣&ロボット映画。お薦め作品だ。
(象のロケット 映画・ビデオ部 並木)




 
posted by 象のロケット at 12:04| Comment(0) | TrackBack(8) | 超お薦め映画作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/370543886

この記事へのトラックバック

パシフィック・リム
Excerpt: 2013年8月、太平洋の深海から出現した、謎の巨大生命体“KAIJU(カイジュウ)”によって、3つの都市が瞬く間に壊滅。 環太平洋沿岸(パシフィック・リム)諸国は、PPDC(パン・パシフィック・ディフ..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2013-07-29 22:48

パシフィック・リム
Excerpt: 特撮や日本の怪獣もの&アニメも大好きなギレルモ・デル・トロ監督が創り上げたSFアクションです。 巨大怪獣に立ち向かう巨大ロボットという映像を観て、凄そうだなと楽しみにしていました。 昔に観た怪獣たちを..
Weblog: とりあえず、コメントです
Tracked: 2013-08-03 22:38

映画:パシフィック・リム Pacific Rim この夏激押しのロボットアクション!
Excerpt: 何たって、監督が ギデルモ・デル・トロ! 前作「パンズ・ラビリンス」の文学的なキモ怪しさは勿論、ユーモラスたっぷりに超キモい悪役たちを最高峰に面白く演出した「ヘルボーイ」。 実はその彼、子供のころ..
Weblog: 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
Tracked: 2013-08-07 00:54

[映画『パシフィック・リム』を観た]
Excerpt: ☆待望の『パシフィック・リム』、甥っ子を連れて朝一で観に行きましたよ。  とてもキチッと作られた作品だったので、荒削りな作品の持つ異常なテンションはなかったのですが、素晴らしい完成度に満足しました。..
Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
Tracked: 2013-08-09 15:04

パシフィック・リム : おっさんに、超おすすめ映画!!
Excerpt:  CSKAモスクワ所属の本田のACミラン遺跡が濃厚になったようですね。個人的には、香川よりも自分の意見をはっきりと述べる本田の方が好みなので、よい方向に進むことを大いに期待し
Weblog: こんな映画観たよ!-あらすじと感想-
Tracked: 2013-08-09 20:17

パシフィック・リム
Excerpt: 中露のイェーガーの噛ませ犬っぷりにはワロタ。
Weblog: だらだら無気力ブログ!
Tracked: 2013-08-13 21:55

映画「パシフィック・リム」ロボットVSかいじゅう
Excerpt: 映画「パシフィック・リム」★★★★IMAX・3D チャーリー・ハナム、イドリス・エルバ、 菊地凛子、ロン・パールマン、芦田愛菜出演 ギレルモ・デル・トロ監督、 131分、2013年8月9日より全国公..
Weblog: soramove
Tracked: 2013-08-22 06:46

パシフィック・リム
Excerpt:  『パシフィック・リム』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)評判がよさそうなので、随分と遅ればせながらも見に行ってきました。  本作は、深海にできた時空を越える通路を通って他の天体(「異世界アンテ..
Weblog: 映画的・絵画的・音楽的
Tracked: 2013-09-23 07:24