2013年09月16日

『死霊館』お薦め映画

★★★★★ 2013年製作 米 (112 min)
【監督】ジェームズ・ワン
【出演者】ヴェラ・ファーミガ、パトリック・ウィルソン、ロン・リビングストン、リリ・テイラー
【あらすじ】1971年、アメリカ・ロードアイランド州。 両親と5人の娘たちのペロン一家は人里離れた地の広くて古い一軒家へ引っ越してきた。 彼らにとっては夢のマイホームだったが、室内は外よりも寒く死臭が漂い、夜になると何者かが部屋にやって来ると娘たちは口々に訴える。 ペロン夫妻に助けを求められた、心霊学者の夫エドと透視能力者である妻ロレインのウォーレン夫妻が調べると、その家にはおぞましい歴史があったことが判明した…。 超常現象ホラー。

『死霊館』象のロケット
『死霊館』作品を観た感想TB

画像(C)2013 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC. All rights reserved.

conjuring.jpg 【解説と感想】本作「死霊館」の監督ジェームズ・ワンは、マニアックな殺人ゲーム的スプラッタホラー『ソウ<SAW>』の大ヒットで世界に衝撃を与えたが、その人気シリーズも一応終了した。で、その後の「デッド・サイレンス」、「インシディアス」はオカルト系だった。いずれの作品も確かに怖かったが、私はどこか「所詮、映画は映画だ」的捉え方をしていた。見たら終わりで引きずりもしなかった。だから、本作もそんなものかと思い、特に気にも留めず夜の試写に出かけてしまったのだ(ああ、後悔!)。

ところが見ている途中から、かなりの恐怖から背筋が凍りついた。帰りには厄除けに香辛料たっぷりの大辛カレーを食べて帰った(根拠はないが何となく)。そして、夜間のジョギング中、いつもは怖くない公園がザワザワと不気味に感じられ、なんと口裂け魔女にも遭遇してしまった! と思ったら散歩犬のフンを始末している老婆であった(失礼)。

conjuring1.jpg 夫ロジャー(ロン・リビングストン)、妻キャロリン(リリ・テイラー)のペロン夫妻は野中の一軒家を購入し、かわいい盛りの5人の娘たちと共に引っ越してきたが、家の中に出没する“恐ろしい何か”に悩まされ、心霊研究家の夫エド(パトリック・ウィルソン)、透視能力者の妻ロレイン(ベラ・ファーミガ)のウォーレン夫妻に助けを求める。本作は一応、実話を元にしており、ウォーレン夫妻もペロン一家も実在の人物だという。「真実の恐怖」への先入観で、ますます「何かが来るぞ来るぞ」感が煽られてしまう。

「引っ越した途端に怪奇現象が!」的作品を観ていつも思うのだが、人生で最も高額な買い物である住居の購入時に、なぜ事前調査を怠るのであろうか? ご近所さんのいない野中の一軒家というのがそもそも怪しい。前の住人がどんな人物だったのか、なぜ出て行ったのかくらいは、賃貸でさえ気にするものである。そして隠し扉は仕方ないにしても、地下室くらいは確認すべきだ。購入検討時に違和感はなかったのだろうか? 一家の引っ越し時、愛犬セイディーは決して家に入ろうとしなかった。動物は鋭い。自然災害にしてもそうだが、文明に毒された人間は相当鈍くなってしまっている。

conjuring2.jpg 詳しい説明はお楽しみなので省くが、いやはや想像以上の怖さであった。何が怖いって、恐怖に怯えている人々の普通の状態が非常に現実的で怖いのである。人が引きずられたり飛び上がったりすると、少々作り物感が感じられて逆にホッとするくらいなのだ。

conjuring3.jpg ロレインは危険な研究に従事する夫エドを信頼し、どこまでもついていく覚悟を決めた理想の美人妻。彼女の全てを見通すような、そして慈愛に満ちたまなざしが、ペロン一家を勇気づけると同時に、相手がいかに恐ろしい存在であるかを教えてくれる。エドはちょっと能天気で、依頼者たちから託された恐怖の元凶である人形などをどっさり自宅にコレクションなぞしている。しっかり者の妻の掌で遊んでいる悪魔オタク夫。エドはカトリック教会が唯一公認した悪魔研究家らしい。彼も終盤のここぞという場面で能力を発揮する。

ホラー映画はお化け屋敷のようなもの。大好きでたまらない! と言うと変人扱いされることもあるし、怖いから観たくない! と言うと意気地なしだとバカにされる。私は今回、初めて意気地なしになってしまった。「全然怖くなかったもんね。」という方は、かなり自慢していいだろう。カップルでレイトショーを観に行ったら、彼女から「怖いから、今夜は家へ帰りたくない!」なーんて言われること間違いなし。彼女の気が済むまで一緒にいてあげよう。かなりの恐怖体験ができるお薦め超常現象・オカルト・エクソシスト・ホラー作品だ。

(象のロケット 映画・ビデオ部 並木)




 
posted by 象のロケット at 21:01| Comment(0) | TrackBack(6) | 超お薦め映画作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

死霊館
Excerpt: 1971年、アメリカ・ロードアイランド州。 両親と5人の娘たちのペロン一家は広くて古い一軒家へ引っ越してきた。 彼らにとっては夢のマイホームだったが、室内は外よりも寒く死臭が漂い、夜になると何者かが部..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2013-09-17 06:15

死霊館
Excerpt: なかなかに怖くてイイ!
Weblog: だらだら無気力ブログ!
Tracked: 2013-10-13 00:47

死霊館
Excerpt: 評価:★★★★【4点】(P) 今やミステリーホラー界の第一人者の異名をとるワン監督の
Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
Tracked: 2013-10-30 23:18

死霊館(2013)**THE CONJURING
Excerpt:    “心霊現象の大半は科学的に解明できる”と証言する著名な学者が、キャリア史上唯一100%本物と認めた事件。 結局この前観た「悪いやつら」は記事アップ出来..
Weblog: 銅版画制作の日々
Tracked: 2013-11-05 00:18

死霊館
Excerpt: 【THE CONJURING】 2013/10/11開 アメリカ PG12 112分監督:ジェームズ・ワン出演:ヴェラ・ファーミガ、パトリック・ウィルソン、ロン・リヴィングストン、リリ・テイラー &..
Weblog: ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
Tracked: 2014-02-18 12:51

死霊館
Excerpt: 「・・・おかずです」 「・・・ずーこです」 「2人揃って」 「映画に耽溺〜〜」 「したいけど」 「けど〜〜〜」 「これは・・・・」 「これはだわよね〜〜〜!!!!」 「ううっ」 「..
Weblog: 映画に耽溺
Tracked: 2014-12-27 14:48