2014年06月17日

『プロミスト・ランド』お薦め映画

★★★★ 2012年製作 米 (106 min)
【監督】ガス・ヴァン・サント(ミルク、グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち、サイコ、小説家を見つけたら
【出演者】マット・デイモン(ミケランジェロ・プロジェクト、ボーン・アルティメイタム、ボーン・スプレマシー、リプリー)
ジョン・クラシンスキー(お家(うち)をさがそう、恋するベーカリー 別れた夫と恋愛する場合、だれもがクジラを愛してる。、かけひきは、恋のはじまり)
フランシス・マクドーマンド(スタンドアップ、バーバー、容疑者、バーン・アフター・リーディング)
ローズマリー・デウィット、ハル・ホルブルック、スクート・マクネイリー、タイタス・ウェリバー
【あらすじ】大手エネルギー会社のエリート社員スティーヴは、女性社員スーと共に、シェールガスの埋蔵地である田舎町マッキンリーに到着した。 この地での任務は、地主たちと契約してシェールガスの採掘権を獲得すること。 有力者に十分根回しをした上で開かれた町民集会は簡単に終わるはずだったが、元科学者の老人が環境への影響を検証するべきだと訴える。 更に環境活動家のダスティンが乗り込んできて、住民の心が揺らぎ始めた…。 社会派ドラマ。

『プロミスト・ランド』象のロケット
『プロミスト・ランド』作品を観た感想TB

画像(C)2012 Focus Features LLC.All rights reserved.

promisedland1.JPG 【解説と感想】主人公スティーヴ・バトラー(マット・デイモン)と相棒のスー(フランシス・マクドーマンド)は、大手エネルギー会社の採掘権交渉者。シェールガスの採掘権を土地所有者から借り上げる契約を結ぶのが仕事だ。シェールガスとは、石油に代わるエネルギー源として注目されている天然ガスである。貸すだけだから先祖代々の土地から離れる必要もない。廃業もできず貧乏な暮らしに甘んじていた地主たちは、多額の契約料を提示され大喜びだ。

promisedland2.JPG ところが、どんな田舎町にもインテリはいるもので、元科学者の老人フランク(ハル・ホルブルック)が、環境への影響に懸念を示す。その上、風来坊の環境活動家ダスティン(ジョン・クラシンスキー)が乗り込んできて、ギョッとするようなシェールガス採掘による被害体験談を話し始めたものだから、地主たちはすっかり怯えてしまう。本当にシェールガスとは、そんなに危険なものなのか?

promisedland3.JPG 自身も田舎町の出身であるスティーヴは、自分は不景気な町を活性化し豊かにする、素晴らしい仕事をしているつもりでいた。スティーヴは賛成派と契約を進める一方で、反対派対策、被害訴訟の事実確認などで多忙を極め、地主の一人アリス(ローズマリー・デウィット)との恋愛も、うまくいかなくなってしまう。一方、スーは子どものためにバリバリ稼いでいるキャリアウーマンで、割り切って仕事をしている印象を受ける。

最近見た『あいときぼうのまち』は、福島原子力発電所の建設地が舞台だが、本作は福島がアメリカに、原子力がシェールガスに変わっただけで、受ける印象はほぼ同じだ。原子力発電所が建設されたのは1960年代以降で、シェールガスは2000年前後から。どちらも最初は、夢のようなエネルギーだと言われていた。

人間が火を使った時から既に環境汚染は始まっているとも言える。厳密には何かを使ってエネルギーを作ること自体、自然に反しているのだ。『ノア 約束の舟』でも、智恵のついた人間の愚かな行為が神の怒りを買い、大洪水が起こってしまった。高度な文明生活は確実に地球を破壊する。しかし、私たちはもう原始人の生活には戻れない。

promisedland4.JPG 大型商業施設、レジャーランド、高層ビル、発電所、病院、公園など大規模な施設が建設される場合、大抵は地元住民への説明会がある。土地の売主は去ることもできるが、建設地周辺の住民は、ずっとその地で暮らすことになる。生活が便利になる、雇用が増える、賑やかになる、人口が増える、周囲の地価まで上がる、というプラス面と、日当たりが悪くなる、騒音・悪臭・大気汚染など環境への影響や、治安の悪化などのマイナス面が考えられる。何事にも表(良い面)と裏(悪い面)があり、裏の話は知ろうとしないと耳に入って来ない。

promisedland5.JPG 火力(石炭、石油、ガス)、太陽光、風力、水力、地熱、原子力等、様々な発電方法が脚光を浴びては、いつの間にか人気がなくなっていく。私たちは今後、何をエネルギー源として生きて行くのが一番いいのだろうか? シェールガス開発をひとつの例として、私たちに物事を見極める目、知ることや選択することの難しさを教えてくれる問題作。お薦め作品だ。

(象のロケット 映画・ビデオ部 並木)



 
posted by 象のロケット at 15:35| Comment(0) | TrackBack(9) | 超お薦め映画作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

プロミスト・ランド
Excerpt: 大手エネルギー会社のエリート社員スティーヴは、女性社員スーと共に、シェールガスの埋蔵地である田舎町マッキンリーに到着した。 この地での任務は、地主たちと契約してシェールガスの採掘権を獲得すること。 有..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2014-06-21 21:50

映画:プロミスド・ランド Promised Land アメリカの田舎町に迫る21世紀 = シェールガス開発
Excerpt: 実は鑑賞したのは遥か昔。 ガス・バン・サントの新作にもかかわらず、日本では公開されないのでは? とビビってた(笑) ヨカッタヨカッタ! さてこの映画のテーマは、なかなかに旬なネタ。 中東への..
Weblog: 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
Tracked: 2014-08-17 07:44

プロミスト・ランド / Promised Land
Excerpt: 世は、“シェールガス革命”と言われていますが、その【革命】の負の部分を描いた社会派作品。マット・デイモンが、主演のほか、制作にも関わっています。 マット・デイモンが、良いですねぇ。オーシャンズシリー..
Weblog: 勝手に映画評
Tracked: 2014-08-24 16:38

プロミスト・ランド
Excerpt:  『プロミスト・ランド』を新宿武蔵野館で見ました。 (1)本作(注1)は、マット・デイモン(注2)が主演の作品だというので映画館に行ってみました。  本作の舞台は、アメリカの小さな田舎町のマッキン..
Weblog: 映画的・絵画的・音楽的
Tracked: 2014-09-07 21:28

「プロミスト・ランド」
Excerpt: 心から素晴らしい作品だったと思える。生い立ち、思い出、プライド、仕事に対する姿勢、積み重ねた生き方…そんなものをまとめた自分自身という名の胸倉を掴まれ上に持ち上げられ、ぐらぐらと揺らされた挙句にパッと..
Weblog: ここなつ映画レビュー
Tracked: 2014-09-17 13:14

プロミスト・ランド
Excerpt:  基本的に自分の好まないプロットですが、ガス・ヴァン・サント監督なら何とか面白いものにしてくれるかも、と期待していきました。実際、終盤までは巧いと思わせる場面があったものの、ラストでがっかりした作品に..
Weblog: 映画好きパパの鑑賞日記
Tracked: 2014-10-07 15:05

プロミスト・ランド
Excerpt: ★ネタバレ注意★  マット・デイモンが自ら脚本を書き、製作・主演を務め、監督もやるつもりだったのに、スケジュールの都合で泣く泣く断念、代わって『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』で組んだ..
Weblog: キノ2
Tracked: 2014-10-07 18:40

[映画][☆☆☆★★]「プロミスト・ランド」感想
Excerpt:  「ミルク」のガス・ヴァン・サント監督、「ボーン・アイデンティティー」のマット・デイモン主演。エネルギー会社のエリート社員が、とある田舎町の天然ガス掘削権を巡るトラブルを通じ、自分自身を向き合う社会..
Weblog: 流浪の狂人ブログ〜旅路より〜
Tracked: 2014-11-05 18:51

エネルギー以上の問題
Excerpt: 22日のことですが、映画館「プロミスト・ランド」を鑑賞しました。 良質のシェールガスが埋蔵されている寂れた田舎町のマッキンリーを訪れた大手エネルギー会社の幹部候補スティーヴ 不況に苦しむ農場主たちか..
Weblog: 笑う社会人の生活
Tracked: 2015-01-31 00:09