2017年01月23日

『サバイバルファミリー』お薦め映画

★★★★ 2017年製作 日 (117 min)
【監督】矢口史靖(WOOD JOB! 神去なあなあ日常、ウォーターボーイズ、ロボジー、アドレナリンドライブ)
【出演者】
小日向文世(仄暗い水の底から、愛を乞うひと、いま、会いにゆきます、重力ピエロ)
深津絵里(ステキな金縛り、恋ノチカラ TV版Vol.1〜4、女の子ものがたり)
泉澤祐希(君と100回目の恋)
葵わかな、菅原大吉、徳井優、桂雀々
【あらすじ】ある朝、緊急事態が発生する。 テレビや冷蔵庫、スマホにパソコンといった電化製品ばかりか、電車、自動車、ガス、水道、乾電池に至るまで、電気を必要とするすべてのものが完全にストップしてしまったのだ! 情報も絶たれた中、突然訪れた超絶不自由生活。 東京に暮らす鈴木家の父親は、一世一代の大決断を下す…。 サバイバル・ドラマ。

『サバイバルファミリー』象のロケット
『サバイバルファミリー』作品を観た感想TB

画像Copyright:(C)2017フジテレビジョン 東宝 電通 アルタミラピクチャーズ

survival1.jpg 【解説と感想】年末年始、私はほぼ潜伏生活を送っていた。一歩も外へ出なくても、続々と年末年始のご馳走や正月飾りが届く。汚れ物は白物家電にお任せ。室温・湿度も快適。それもこれも通販、宅配便、便利家電のおかげである。ありがとう!
しかし、ライフラインがストップしたら、こんな食っちゃ寝グータラ生活は送れないのである。年末に観た本作を思い出し、毎日の有り難さを噛み締める正月であった。

そう、本作「サバイバルファミリー」は、電気・ガス・水道がストップしてしまうお話である。なぜか乾電池も使えなくなり時計も動かない。ガソリンで動くはずの自動車も動かない。動く乗り物は自転車だけ。テレビ・ラジオやスマートフォンも使えないので、どこかで大災害があったのか、なかったのか、この不便な生活がいつまで続くのかも、全く分からないのだ。

主人公は、この危機に直面した鈴木一家4人(父・母、思春期の息子、娘)。食べ物も水も手に入らなくなり、このまま家にいても餓死を待つばかり。亭主関白を気取る父(小日向文世)は東京を捨てる決心をし、俺について来いと宣言する。田舎に行けば何とかなると思ったのだ。しかし、自転車でようやく空港へたどり着いたものの、当然のことながら飛行機は飛んでいない。文句を言いながらもついて来た家族は、父が頼りにならないことを再認識する。

妻(深津絵里)は主婦ならではの備えと知恵を発揮し当座をしのぐ。生活面では母強しである。しかし、日頃の運動量も少なく華奢な母には、体力がなかった! 息子(泉澤祐樹)、娘(葵わかな)は、カッコつけとスマホ生活から抜けられないイマドキの若者である。特に娘のブータレ状態ときたら話にならない。

survival3.jpg こんな時、他人の面倒まで見ていられないのはお互い様。途中、印象的な4人家族(父:時任三郎、母:藤原紀香、息子二人:大野拓朗・志尊淳)が登場する。彼等は日頃からアウトドア生活に慣れ親しんでいるらしく、服装も持ち物も準備万端。「ボクたちこんな非常事態だって楽しんでますよ」という雰囲気がちょっと鼻につく。頼りがいある両親とハンサムな息子たちを、鈴木家の娘は羨望の眼差しで見つめる。ウチのオトーサンとは雲泥の差! 情けないが仕方ない。娘はダメ親父について行くしかないのだ。

survival5.jpg もう飢え死にしそうだという時、鈴木一家は老人(大地康雄)宅で意外な親切を受ける。普段はバカにしている田舎に、煙たがっている老人に、ほぼ就活の対象外である農林水産業に、イザという時は必ずお世話になるのだ。いつも口にしている野菜や肉・魚、豊富にあると思っている水や電力も、供給しているのは地方なのだということを、都会人はウッカリ忘れている。戦争の時も、震災の時も、多くの人々が地方へ移動した。田舎の方が都会より自然豊かで、人情があり、簡単に食料が手に入り、安全で健康的な生活を送っているイメージがある。実際はそうでもないのだが…。

survival4.jpg 大災害発生時、直接の被災は免れても、水道・ガス・電気の供給や交通機関が一時ストップし、大変な思いをされた方々は多いだろう。そんな時、ラジオやインターネットの情報が頼りとなる。しかし本作の場合はそんな情報機器すらも使えない。普段、情報に踊らされている私たちだが、情報がなければ自分の判断で動くしかない。

 さて、ボロボロになりながらも鈴木一家は自転車で苦難の旅を続ける。もし目的地にたどり着いたとしても、そこでどうするのか? 2011年の東日本大震災から5年以上が経過したというのに余震はまだまだ続いているし、最近の地震は首都圏大震災の前震ではと煽る人もいる。防災用品は準備万端の方もそうでない方も、アウトドア生活が趣味の方も苦手な方も、頼る田舎がある方もない方も、参考のために見て欲しい。深刻になり過ぎない明るい冒険サバイバル。お薦め作品だ。

(象のロケット 映画・ビデオ部 並木)

 
posted by 象のロケット at 15:44| Comment(0) | TrackBack(2) | 超お薦め映画作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

サバイバルファミリー
Excerpt: ある朝、緊急事態が発生する。 テレビや冷蔵庫、スマホにパソコンといった電化製品ばかりか、電車、自動車、ガス、水道、乾電池に至るまで、電気を必要とするすべてのものが完全にストップしてしまったのだ! 情報..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2017-01-26 19:02

「サバイバルファミリー」電気消滅!その時、あなたは?
Excerpt: [矢口史靖] ブログ村キーワード  「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」の矢口史靖 監督待望の新作。「サバイバルファミリー」(東宝)。突然電気消滅!その時、あなたならどうする? ..
Weblog: シネマ親父の“日々是妄言”
Tracked: 2017-02-10 21:33