2017年07月08日

『世界は今日から君のもの』お薦め映画

★★★★ 2017年製作 日 (106 min)
【監督】尾崎将也
【出演者】
門脇麦(こどもつかい、14の夜、太陽、オオカミ少女と黒王子)
三浦貴大(監禁探偵、繕い裁つ人、桜並木の満開の下に、RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語)
比留川遊(最後の命)
岡本拓朗、安井順平、駒木根隆介、マキタスポーツ
【あらすじ】引きこもりがちな毎日を経て、ようやく始めたアルバイトをクビになった女性・真実。 ニート生活に戻ることを心配した父は、娘に新しいバイト先を見つけてくる。 それは新作ゲームをプレイして、バグ(欠陥)がないかチェックする“デバッカー”という仕事だった。 そこで真実は、思わぬ才能を開花させる…。 青春ドラマ。 ≪笑顔まで、あと少し。≫

『世界は今日から君のもの』象のロケット
『世界は今日から君のもの』作品を観た感想TB

画像Copyright:(C)クエールフィルム

kiminomono1.jpg 【解説と感想】学生ならば学校へ行かず、成人ならば仕事をせず、自分の部屋からほとんど出ない「引きこもり」人口は増加の一途だという。引きこもりと似ていて少し違うのが、引っ込み思案や内気な性格。極度の引きこもりは生活が立ちいかなくなるので直した方がいいが、引っ込み思案や内気なのは個性だから、無理に変えなくてもいいのではないかと思う。

本作の主人公・真実(門脇麦)は、引きこもり生活から一歩前進しアルバイトを始めたが、笑っちゃうような事故のせいでクビになる。娘が再び引きこもっては大変だと、父(マキタスポーツ)は早々に新しいバイト先を見つけてくる。それは新作ゲームをプレイして不具合を探す「デバッカー」という仕事で、一日中ほとんど誰とも話さず大好きなゲームが出来るというもの。引きこもり先が自分の部屋から勤務先のゲーム会社に変わっただけのようにも見えるが、ゲーム会社にとっては重要な仕事だし、ちゃんと給料がもらえる。真実には打ってつけの仕事だった。

ひょんなことから、彼女にイラストを描く才能があることが発覚する。自室に引きこもっている間、彼女はゲームをしたり、絵を描いたりしていたのだ。どんな人生にも無駄はないということだろうか。しかし、イラストが本業になるかはまだわからない…。

kiminomono2.jpg 真実がイラストを描くきっかけになったのも、彼女の才能に気づいたのも、ゲーム会社の製作部ディレクター矢部遼太郎(三浦貴大)。真実が遼太郎に好意を持つのは当然かつ自然な流れなのだが、この2人の距離感が絶妙で三重マルなのである。いいなー、この描き方! 三浦貴大にも改めて注目してしまった。


kiminomono3.jpg もう一人、彼女に大きくかかわるのが安藤恵利香(比留川游)という男前な女性。真実と恵利香が出会うサバゲー(サバイバルゲーム)シーンは見せ場の一つ。二人の性格は正反対だが、違いすぎるから相手の欠点が気にならないのだろう。娘に恵利香のようなしっかり者の友人が出来たと知ったら、父親は泣いて喜ぶはずである。

真実のファッションは、すべて古着から選んだのだという。内気だがイラストが得意な真実らしく、多色使いでも派手にならない大人しい感じのガーリーなコーディネート。若い子なら真似したくなるだろう。監督がイメージしたのは「アメリ」のような風変わりな女の子というから、ピッタリだ。カッコよすぎるサバゲーの衣装も、似合わないようで似合っている。

kiminomono4.jpg 自分の定規を押しつけがちな母親(YOU)を除き、真実の周囲の人間はみな、不器用で引っ込み思案な彼女の性格を理解して、遠巻きに応援している。あまり近くに寄ると、彼女は逃げ出してしまうだろう。先を急がないストーリー展開にも好感が持てる。登場人物がみな個性的で、セリフの言い回しや表情が面白い。何より女優・門脇麦の良さが存分に生かされていると感じられる作品だった。元ひきこもりの女の子が少しずつ成長してゆく、ユーモラスなハートウォーミング・ストーリー。お薦め作品だ。

(象のロケット 映画・ビデオ部 並木)

 
 
posted by 象のロケット at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 超お薦め映画作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/451625201

この記事へのトラックバック