2018年01月23日

『シェイプ・オブ・ウォーター』お薦め映画

★★★★★ 2017年製作 米 (124 min)
【監督】ギレルモ・デル・トロ(パシフィック・リム、ヘルボーイ ゴールデン・アーミー、ヘルボーイ、パンズ・ラビリンス)
【出演者】
サリー・ホーキンス(しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス、パディントン2、ブルージャスミン、デザート・フラワー)
マイケル・シャノン(テイク・シェルター、ノクターナル・アニマルズ、THE ICEMAN 氷の処刑人、ドリーム ホーム 99%を操る男たち)
リチャード・ジェンキンス(扉をたたく人、ハンナとその姉妹、モールス、アウトロー)
ダグ・ジョーンズ、マイケル・スタールバーグ、オクタヴィア・スペンサー
【あらすじ】冷戦時代の1962年、アメリカ。 声が出せない女性イライザは、政府の極秘研究所の清掃員。 清掃中、彼女はアマゾンの奥地で神のように崇められていたという不思議な生き物を見て、心を奪われる。 密かに“彼”と交流を深めたイライザは、実験室で虐待されている“彼”を何とか助けようとするが…。 ラブ・ファンタジー。 
ベネチア国際映画祭金獅子賞

『シェイプ・オブ・ウォーター』象のロケット
『シェイプ・オブ・ウォーター』作品を観た感想TB

画像Copyright:(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation All rights reserved.

shape1.jpg 【解説と感想】自分と全然違うタイプの人間は大変新鮮に映るから、興味を持って接しているうちに、友情→恋愛→結婚へと進んでしまうことがある。結婚後トラブルが発生しても、「自分とは世界が違う人だから」と、案外許せてしまう(我慢できず→離婚となる場合もあるが…)。現実的な話だと、昔なら身分違いの恋、現代なら国際結婚などがそうだ。物語の中だと、古くは神様、妖怪、動物などとの異類婚。近年なら宇宙人や吸血鬼、超能力者との恋愛だろうか。ああ、魅力的な異星人と結婚したい!

shape2.jpg 本作の主人公は、アメリカ政府の機密研究所の女性清掃員イライザ(サリー・ホーキンス)。孤児で声が出せない彼女は、職場と家を往復するだけの地味で慎ましい毎日を送っている。友人は面倒見のいい同僚女性ゼルダ(オクタヴィア・スペンサー)と、隣のお人好しの老画家ジャイルズ(リチャード・ジェンキンス)だけ。少々不便で寂しいが、不幸ではない。

ある日、ホフステラ―博士(マイケル・スタールバーグ)が運び込んだ不思議な生き物が、研究所のボスであるストリックランド(マイケル・シャノン)に虐待され、ボスに逆襲した。血に染まった部屋の清掃を任されたイライザは、生き物の“彼”(ダグ・ジョーンズ)を見て心を奪われる。ゆで卵で気を惹くうちは単なる餌付けかと思っていたが、同情→友情→恋への進展は早かった!

shape3.jpg “彼”は、アマゾンの奥地では神のように崇められている存在なのだという。目がギョロリと大きく、全身に鱗がある人魚のような二本足の男。奇妙だがグロテスクではなく、ETのような愛嬌があり、ガッシリとした体格で頼りがいがある。衣装もすごいが、メーキャップには2時間から4時間かかったというから、ダグ・ジョーンズの素顔は全く分からない。人間の言葉は話せないものの“彼”には感情と知性があり、不思議な能力を持っている。イライザと“彼”は言葉ではなく、心と心で通じ合っていく。そして驚くことに、関係は更に進展するのだ! エェ〜! と驚かされるが、この2人なら…許せる。

時代は冷戦期。“彼”もアメリカとロシアの威信をかけた戦争に巻き込まれてしまう。人魚男と人間女性の恋というだけで十分ハードルが高いのに、ボスからも国家からも狙われる2人。しかし、きな臭い現実を前にしても、イライザと“彼”は(それどころではないのに)夢の世界に浸りきっている。果たして彼らの命と恋の行方は…?

shape4.jpg 失礼ながらそんなに若くない(41歳)サリー・ホーキンスが、本作では恋して夢見る乙女になりきっている。女性が恋をして、強く美しくなっていく様子は、見ていていいものである。水中でのツーショットは幻想的だ。彼女は3月の同時期に公開となる「しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス」でも、地味だが恋に積極的な女性主人公を演じている。どちらも甲乙つけがたいほどの名演で、不思議な魅力のある女優だなと思う。孤独な女と神様かもしれない男のユニークな異類恋愛譚。お薦め作品だ。

(象のロケット 映画・ビデオ部 並木)

 
 
posted by 象のロケット at 22:30| 超お薦め映画作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする