2018年07月29日

『泣き虫しょったんの奇跡』お薦め映画

★★★★ 2018年製作 日  (127 min)
【監督】 豊田利晃(空中庭園、青い春、ナイン・ソウルズ、クローズ EXPLODE
【出演者】
松田龍平(長州ファイブ、青い春、恋の門 、昭和歌謡大全集)
野田洋次郎(トイレのピエタ)
永山絢斗(ソフトボーイ、フレフレ少女、クローバー、みなさん、さようなら)
染谷将太、渋川清彦、駒木根隆介、新井浩文
【あらすじ】横浜の小学生・瀬川晶司(しょったん)は、中学3年生の時、東京の奨励会(日本将棋連盟のプロ棋士養成機関)に入会した。 だが奨励会には年齢制限があり、26歳までに四段になれなかった晶司は退会を余儀なくされる。 人生の方向転換をすることになった晶司は、27歳で大学生となるが…。 実話から生まれたヒューマンドラマ。

『泣き虫しょったんの奇跡』象のロケット
『泣き虫しょったんの奇跡』作品を観た感想TB

画像Copyright:(C)2018「泣き虫しょったんの奇跡」製作委員会(c)瀬川晶司/講談社

shottan1.jpg 【解説と感想】 昨年2017年、歴代最多連勝記録を更新(29連勝)した藤井聡太棋士はトントン拍子で七段になった。若き大御所・羽生善治棋士は今年2018年に国民栄誉賞を受賞した。2人とも中学生でプロになった天才。今や何度目かの将棋ブームで、棋士が主人公の映画も2016年『聖の青春』、2017年『3月のライオン』、そして2018年の本作『泣き虫しょったんの奇跡』と続いている。本作は羽生善治と同じ1970年生まれの男の、実話から生まれた物語だ。

shottan2.jpg 主人公“しょったん”こと瀬川晶司(松田龍平)は、中学3年で東京の奨励会(日本将棋連盟のプロ棋士養成機関)に入会した。奨励会には年齢制限があり、例外はあるが26歳の誕生日までに四段になれなければ退会となる。三段で停滞した彼は、26歳で退会を余儀なくされた。27歳で大学生になり、卒業後は一般企業に就職。親のすねかじりが続き回り道はしたものの、これで真っ当なサラリーマン生活が送れるはずだったが…。

覚えてらっしゃる方もいるだろう。2005年、アマチュア棋士である35歳のサラリーマン(NEC系企業のシステムエンジニア)瀬川晶司は、日本将棋連盟にプロ入り希望の嘆願書を提出し、61年ぶりにプロ編入試験が行われることとなった。それまでは奨励会の落伍者に二度とチャンスはなかったので、試験が認められたこと自体が奇跡だった。

shottan3.jpg 彼は天才ではない。だからこそ人一倍努力し人付き合いも遊びも一切せず将棋一筋だったかというと、そうでもなかった。年齢制限のプレッシャーから逃げるように、先輩や奨励会の仲間(永山絢斗、染谷将太、渋川清彦、駒木根隆介)と遊ぶこともあった。頑張りたいのに頑張れない。のほほんとしているように見えるが、プロになれるかどうかわからないギリギリのラインにいる者たちの焦りと辛さが、痛いほど伝わって来る青春ドラマである。理解ある父(國村隼)、影響を与えた恩師(松たか子)、プロを目指さなかった親友(野田洋次郎)、奨励会でのエピソードから浮かび上がって来るのは、ひねくれずに育った者が持つ、人の好さである。ある意味それが、勝負師としてはいけなかったのかもしれない。

世の中、望む仕事に就けない人は山ほどいるし、様々な事情で就職が遅れる人もいる。幼い頃の夢を実現できる人の方が少ないのだから、プロ棋士になれなかったからといっても不幸ではない。実際のところ晶司は、奨励会を辞めてから逆に将棋の楽しさに目覚め、アマチュア名人として活躍することとなった。本人も、もう将棋は趣味に留めるつもりでいただろう。

shottan4.jpg プロ入り嘆願書は、現役・元の奨励会員やプロ棋士から反発も受けたはずだ。マスコミに大々的に報じられただけに、失敗したら笑い者になるだろう。合格しても将棋だけではメシが食えないかもしれない。サラリーマンを続ける方が安泰に決まっている。でももし好きな道で生きていけたら、これほど幸せなことはない。何より、奨励会以外からでもプロになれる道を拓いたことは、全国の将棋ファンに強くなる楽しみと夢を与える快挙であった。

浮世離れした天才も人を夢中にさせるが、凡人に天才の真似は出来ない。しかし挫折や絶望、紆余曲折を経て今がある人には味があり、その経験は万人の道しるべとなり共感を呼ぶ。一度は夢破れながらもプロ棋士に再挑戦した、諦めの悪い男の人生ドラマ。お薦め作品だ。

(象のロケット 映画・ビデオ部 並木)

 
 
posted by 象のロケット at 15:19| 超お薦め映画作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする