2018年11月01日

『A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー』お薦め映画

★★★★★ 2017年製作 米 (92 min)
【監督】デヴィッド・ロウリー(ピートと秘密の友達)
【出演者】
ケイシー・アフレック(マンチェスター・バイ・ザ・シー、キラー・インサイド・ミー、ジェシー・ジェームズの暗殺、トリプル9 裏切りのコード)
ルーニー・マーラ(ドラゴン・タトゥーの女、キャロル、ローズの秘密の頁(ページ)、LION/ライオン 25年目のただいま)
【あらすじ】田舎町の小さな一軒家で若い夫婦のCとMは幸せな毎日を送っていたが、夫Cは交通事故で死亡してしまう。 妻Mが夫Cの死亡を確認し病院を去った後、夫Cはシーツを被った状態で起き上がり、そのまま自宅まで戻ってきた。 妻Mは夫Cの存在には気が付かないが、ゴースト(幽霊)となった夫Cは、悲しみに暮れる妻Mを見守り続ける…。 ラブ・ファンタジー。


『A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー』象のロケット
『A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー』作品を観た感想TB

画像Copyright:(C)2017 Scared Sheetless, LLC. All rights reserved.

ghost1.jpg 【解説と感想】 人は死んだらどうなるのか? 三途の川で呼び戻されたと言う人もいるけれど、ほとんどの死者は蘇生しないので、正確なことは分からない。微生物に分解されて元素に戻る、星になる、永遠の眠りにつく、天国や地獄に行く、家族の元に霊としてとどまる、別の生物に何度でも生まれ変わる…等、その人の人生観や宗教観、科学的見解や願望によって、考え方は多岐に渡り決して結論は出ない。私自身は、死んだらぐっすり眠りたいと思っているが、日頃の行いが悪いから地獄へ落ちてしまうだろうか?

ghost2.jpg 本作はタイトル通り、ゴースト(幽霊)のお話。田舎の小さな一軒家で若い夫婦が幸せに暮らしていたが、夫Cは交通事故死する。しかし彼はシーツを被ったまま起き上がり、自宅へ戻って来た。ゴースト(幽霊)となった夫Cは妻Mをずっと見守り続け、妻Mはそのことに全く気付かない。

ghost3.jpg 派手さはなく静かな物語だが、グイグイ引き込まれ涙する場面も多かった。本作の主人公は、ハンサムな夫C(ケイシー・アフレック)や美しい妻M(ルーニー・マーラ)ではなく、白いシーツを被ったゴースト。見かけも行動も全然怖くなくて、無表情な顔はむしろユーモラス。シンプルなキャラクター、押しつけがましさのない死生観、見たことのないストーリー展開、美しい色づかい、同じ場所で時間だけが過ぎていくタイムトラベル感など、様々な要素に惹き付けられた。ゴースト自身の戸惑いと悲しみが伝わって来て、胸が締め付けられる。特に、向かいの家のゴーストが、窓越しにゴースト=Cに向かって放つ一言は衝撃的だ。ゴーストがいることを知らずに喋り続ける名もない男性住民の言葉は、非常に示唆に富んでいる。

ghost4.jpg 夫Cを亡くした後も生きていかなければならない妻Mと違い、死んでしまった夫Cの人生に未来はない。あるのは死ぬ前の人間としての過去と、ゴーストとしての現在だけ。特定の人だけが成仏できずゴーストになるのか? 死んだら皆ゴーストになってしまうのか? ゴーストはどれくらいの期間この世に留まるのか?…等、様々な疑問が沸き上がる。人の死には、最初の生物的な死と、自分を覚えてくれている人がいなくなるという2度目の死があるとよく言われる。この孤独なシーツ被りゴーストは、完全なる死を迎えられるのだろうか。

死んだら全て終わりかもしれない。でももし、ゴーストとなって長い時間この世に留まっていられるとしたら…? 言葉を失ってしまうほど切なく悲しいラブ・ファンタジー。お薦め作品だ。

(象のロケット 映画・ビデオ部 並木)

 
 
posted by 象のロケット at 20:49| 超お薦め映画作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする