2013年08月18日

3Dプリンタによる造形物やフィギュアに色づけ・着色・マーキング

金型不要で立体的なモノづくりを容易に行うことができる3Dプリンタ。
既に1990年代には大手のモノづくり企業で本格的に普及を始め、当時は光(紫外線)硬化型の液体樹脂を使い設備も1,000万円ほどの高価なもので、もっぱら工業製品の試作用に利用されていました。
そして、2013年の今夏、いよいよヤマダ電機やビッグカメラなど大手家電量販店が個人需要を見込み低価格機の販売を開始しました。金型代の初期投資無しで、個人が自由にプラスチック成形品を作ることができるのです。
オリジナルな日用品の数々、カップ、スプーン、フォーク、キーホルダー、洋裁好きの方ならオリジナルなボタン、プラモデルや模型ファンならばジオラマ製作のための小さな人物模型や未販売のオリジナル模型、もちろんフィギュアも、多方向からの人物写真を使って家族全員のそっくりフィギュアも。釣り好きの方ならオリジナルの浮き、有名な工芸品や美術品のミニチュア、日曜大工が趣味のお父さんなら…、考え出すときりがないほどです。

そんな夢のプリンタですが、実は弊社ではMDプリンタのサポート開始と同時に、多くの3Dプリンタユーザーの皆様に、弊社のサービスを提供しています。
それは3Dプリンタユーザーの皆様が、出来上がった造形物に着色したり、絵をかいたり、写真画像を張り付けたり、小さなマーキングをするのに、MDプリンタを使用するからなのです。
理由は、MDプリンタならではの以下のような特徴です。
1.水転写式クリアデカールシートが使える。
2.フルカラーのみならず、白・金・銀などの特色カラーが使える。
3.顔料系のドライインクで耐候性が極めて高く退色がほとんど起こらない。
4.色の再現性が極めて高く、量産前の試作に最適である。

1の水転写式クリアデカールシートにつきましては、従来の水転写式クリアデカールをさらに進化させたシートを開発いたしました。2013年6月より販売を開始し、自動車やガンダムなどのプラモデルや鉄道模型、そしてフィギュアの瞳や服の装飾文字の再現印刷、建築模型など3Dプリンタユーザーの皆様にも大好評です。
貼り付け対象の材料も、現在3Dプリンタで主流の各種プラスチック(樹脂)、また今後普及が加速するであろう金属系の材料に対しても接着します。
また、『象のロケットのクリアデカールシート Z-CDCA4』はMDプリンタのみならずレーザープリンタにも最適です。(注意:レーザープリンタは機種によって印刷できない場合があります。)
是非一度お試しください。

マークセッターやマークソフターなどのデカール軟化剤や水性コート、溶剤系ラッカーコート、ウレタンコートなど各種クリアー塗装剤との相性も良く、より美しく強固に仕上がります。

象のロケット クリアデカールシート Z-CDCA4
MD-5000/MD-5500販売中!
MD-1500/MD-1300/MD-1000販売中!

CDC426.JPG
乾燥が進むと、極めて薄い接着層と柔軟性のあるフィルム層が一体となり小さなしわなどはほとんど目立たなくなります。 Mr.マークセッターやMr.マークソフターなどのデカール軟化剤との相性も良いようにシート開発を行いましたが、それらをほとんど使う必要もないほどです。 貼り付け後に細部で浮きなどが気になった場合は、Mr.マークソフターを少量お使いください。

CDC427.JPG
象のロケットクリアデカールシートの真骨頂! MD-5000の筐体プラスチック最上部はざらつきのある梨地仕上げとなっていますが、接着層と柔軟性のある極薄フィルム層が一体となりプラスチックのざらつき感までもデカール表面に再現します。 まるでざらついたプラスチック表面に直接印刷(塗装)したかのようなできばえです。 写真ではデカール軟化剤も使用していません。

CDCT102.jpg
クリアデカールシート Z-CDCA4を使ってJR東日本E653系1000番代Nゲージにマーキングしたものです。3Dプリンタで作ったものではありません。(模型工房たぶれっと

(象のロケット 技術センター)


 
posted by 象のロケット at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | MDプリンタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月29日

クリアデカール Z-CDCA4で鉄道模型Nゲージ用デカール作成/模型工房たぶれっと

全国の鉄道模型店へNゲージ用HOゲージ用を中心にオリジナルデカールを納品されている『模型工房たぶれっと』。
クリアデカール Z-CDCA4の開発にあたり、従来のデカール用紙の問題点などをアドバイスしていただきました。

Z-CDCA4の感想は、MDプリンタでの印刷性、レーザーでの印刷性、水転写作業性、今までにない透明フィルム層の薄さと柔軟性・強度の両立など、まさに望んでいたデカール用紙そのものだとご評価をいただきました。
その後、耐久性の評価や各種デカール軟化剤およびクリアーコーティングに対しても相性が良いことを確認していただき、今月7月東京浜松町で開催されました第19回JNMA(日本Nゲージモデラーズ協会)フェスティバルではJR東日本白新線・羽越本線『特急いなほ』に今年2013年の秋より投入開始予定のE653系1000番代NゲージデカールセットをZ-CDCA4を使って発表され実演即売会でも大好評だっととのことです。

CDCT100.JPG
クリアデカールシート Z-CDCA4にJR東日本E653系1000番代Nゲージデカールをレーザープリンタで印刷されたものです。

CDCT101.JPG
その拡大写真です。

CDCT102.jpg
Nゲージ車両に貼り付けた写真です。

模型工房たぶれっと』では、今後すべての販売デカールが順次Z-CDCA4による印刷デカールとなります。水転写し易く、大変リアルな仕上がりとなる鉄道模型Nゲージ用オリジナルデカールです。

CDCT105.JPG
JR九州肥薩線いさぶろう・しんぺいNゲージ用デカールです。MDプリンタでクリアデカール Z-CDCA4に印刷。(模型工房たぶれっと製作・販売)

CDCT106.JPG
その拡大写真です。

(象のロケット 技術センター)


 
posted by 象のロケット at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | MDプリンタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月21日

象のロケット クリアデカールシート Z-CDCA4 貼り方

2014年1月4日更新:画像の最後にクリアコーティング画像を追加しました。

CDC22.jpg
MD-5000プリンタを使って、象のロケットクリアデカールシートに印刷しました。 印刷の様子のその他の写真や、シートの特長、ご購入に関しましてはこちらをご覧ください。→ 象のロケット クリアデカールシート Z-CDCA4 A4サイズ(水転写式デカール/透明)

CDC401.JPG
早速、貼ってみましょう! 貼りたい部分をはさみやナイフで切り出し、水に浮かせます(5秒〜10秒程度)。水から引き上げて一呼吸置くと透明フィルム部分が台紙上を滑るようになります。 コツは長く水に入れ過ぎないことと水から引き上げた後ヌルヌルと台紙上を滑るようになるまで慌てずに待つ(10秒〜30秒程度)ことです。水の中で台紙とフィルムを分離させてはいけません。

CDC402.JPG
透明フィルム部分が台紙上を滑らない時は、水に再度入れるのではなく、もう一呼吸待ってください。台紙が吸水した水分で接着層がとろりととろけてきます。 手で持てないような小さなマークの時は、ピンセットや綿棒を器用に使ってください。 私(長谷)は器用ではありません。

CDC403.JPG
MD-5000i(ボンダイブルー)の筐体上に貼ってみました。 片側を指や濡れた綿棒で押さえて台紙を滑らせながら貼り付けます。

CDC404.JPG
長い白い文字列を貼ります。 フォークのようなものを使うと水から引き上げるのに便利です。

CDC405.JPG
左手で透明フィルムの端を固定し、右手で台紙をまっすぐに引きます。なるべく気泡が入らないように台紙は対象物に触れたまま引きます。

CDC406.JPG
かどで台紙を引く角度も回転させます。 極限まで薄く、尚且つ強靭で柔軟なフィルム層により長い文字やマークも曲面にもなじみながら綺麗に貼れます。

CDC407.JPG
外回りの余分な水分は乾いた綿棒で吸水します。位置決めや小さなしわ、マーク内側の余分な水分や気泡の除去などは濡れた綿棒や細い筆を使いながら接着層が固化する前に整えます。大きなマークや長いマークを移動させるときは、スポイトなどで数か所水をたらしマークが移動しやすいようにします。移動後は余分な水分を吸水します。

CDC408.JPG
乾燥すると透明フィルムの多少のヨレやしわは自然に消滅します。

CDC409.JPG
もっと貼ってみましょう。

CDC410.JPG
白い文字列です。今度は右手で透明フィルムの端を固定し、左手で台紙をまっすぐに引いています。

CDC411.JPG
なるべく気泡が入らないように台紙は対象物に触れたまま引きます。

CDC412.JPG
赤い文字列です。

CDC413.JPG
外回りの余分な水分は乾いた綿棒で吸水します。位置決めや小さなしわ、マーク内側の余分な水分や気泡の除去などは濡れた綿棒を使いながら接着層が固化する前に整えます。大きなマークや長いマークを移動させるときは、スポイトなどで数か所水をたらしマークが移動しやすいようにします。移動後は余分な水分を吸水します。

CDC414.JPG
黄色の文字列です。

CDC415.JPG
調子に乗って、どんどん貼りましょう。

CDC416.JPG
調子に乗って、このようにフィルムを浮かせてはいけません。気泡が入りやすくなります。

CDC417.JPG
メタリックシルバーの文字列です。

CDC418.JPG
メタリックシルバーは光を反射しますので、白文字とは一味違う出来栄えとなります。MD-5000の筐体プラスチック最上部はざらつきのある梨地仕上げになっています。貼り付け直後はフィルム部分が目立ちますが、乾燥すると驚きの仕上がりになります(このページの最後に掲載しています)。

CDC419.JPG
メタリックゴールドです。左手で透明フィルムの端を押さえて、右手で台紙を引きます。

CDC420.JPG
右手で引く台紙は対象物に密着させています。

CDC421.JPG
するするすると台紙を引きます。メタリックゴールドもメタリックシルバー同様に光を反射しますので、模型用デカールなどで自動車のエンブレムや金属製の案内板など輝きのある印刷が必要な時にはかかせないインクです。

CDC422.JPG
外回りの余分な水分は乾いた綿棒で吸水します。位置決めや小さなしわ、マーク内側の余分な水分や気泡の除去などは濡れた綿棒や細い筆を使いながら接着層が固化する前に整えます。大きなマークや長いマークを移動させるときは、スポイトなどで数か所水をたらしマークが移動しやすいようにします。移動後は余分な水分を吸水します。

CDC423.JPG
しつこく白文字です。

CDC424.JPG
するするすると台紙を引きます。

CDC425.JPG
いっぱい貼りました。 室温や湿度にもよりますが、30分〜3時間程度で接着層は乾燥固化します。

CDC426.JPG
乾燥が進むと、極めて薄い接着層と柔軟性のあるフィルム層が一体となり小さなしわなどはほとんど目立たなくなります。 Mr.マークセッターやMr.マークソフターなどのデカール軟化剤との相性も良いようにシート開発を行いましたが、それらをほとんど使う必要もないほどです。 貼り付け後に細部で浮きなどが気になった場合は、Mr.マークソフターを少量お使いください。

CDC427.JPG
象のロケットクリアデカールシートの真骨頂! MD-5000の筐体プラスチック最上部はざらつきのある梨地仕上げとなっていますが、接着層と柔軟性のある極薄フィルム層が一体となりプラスチックのざらつき感までもデカール表面に再現します。 まるでざらついたプラスチック表面に直接印刷したかのようなできばえです。 写真ではデカール軟化剤も使用していません。

CDC427.JPG
象のロケットクリアデカールシートの真骨頂! MD-5000の筐体プラスチック最上部はざらつきのある梨地仕上げとなっていますが、接着層と柔軟性のある極薄フィルム層が一体となりプラスチックのざらつき感までもデカール表面に再現します。 まるでざらついたプラスチック表面に直接印刷したかのようなできばえです。 写真ではデカール軟化剤も使用していません。

cdc428.JPG
ラッカー系のクリアー(光沢)を吹きました。 対象物への固着強度が上がり、透明フィルム部分が目立たなくなります。 ラッカー系の他、水性クリアーやウレタンコーティングなど各種コーティング塗装剤との相性も良く、まるで対象物に直接印刷したかのような仕上がりにすることも可能です。 研ぎ出し(削り出し)作業も安心して行えます。

cdc429.JPG
拡大写真です。

印刷の様子や、シートの特長、ご購入に関しましてはこちらをご覧ください。→ 象のロケット クリアデカールシート Z-CDCA4 A4サイズ(水転写式デカール/透明)
模型などへの使用例です。→鉄道模型Nゲージ
ネイルへの使用例です。→ネイルシールを自作! 簡単ネイルアート!

(象のロケット 技術センター)


 
posted by 象のロケット at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | MDプリンタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月18日

メンテナンス済みMD-1500/MD-1300/MD-1000販売中!

2015年5月5日更新:[MDプリンタ ユーザーサポート期間に関する重要なお知らせ]を追記いたしました。

アルプス電気製プリンタMD-1500/MD-1300/MD-1000メンテナンス済み中古品を2013年7月18日より販売開始致します。 MD-5000/MD-5500も好評販売中です。→こちら。
MD-1500/MD-1300/MD-1000は、MD-5000シリーズよりも以前の機種で、部品の劣化が進んでおりましたが、今般弊社にて駆動関連の重要部品の調達が可能となりましたので、メンテナンス済み中古品を保証付きにて販売開始いたします。 従来1000シリーズをお使いの方も、今までにない滑らかでしっかりとした印刷動作を感じていただけると思います。

* 6カ月+2年間の動作保証付きです。
* 全機種『耐ビューカル・デカール用紙メンテナンス』 『名刺印刷グレードアップメンテナンス』済みです。
* インクカセットの格安購入や電話サポートなどのMDファン特典サービスもご利用できます。
* 8日間、90日間のお試し利用・短期間利用も可能です。
詳細は本ページの下段をご参照ください。

【ご購入の流れについて】
1.≪★お客様≫ ご購入を希望される機種名、およびご購入希望のサプライ品と数量をご連絡ください。
(機種名はMD-1500、MD-1300、またはMD-1000です。 販売中のサプライ品は、インクカセット、各種シート、USBパラレル変換ケーブル、各種プリンタケーブル、SCSIアダプタ、上質普通紙など、必要なものはほとんど揃っています。)
電話、メール、FAXのいずれでも構いません。
ご連絡先の記載をお忘れにならないようにお願いします。
また、必要な付属品の購入についてよくわからない方は、弊社にてアドバイスを致しますので、プリンタの使用用途をご記入の上、まずはお問い合わせください。
    ↓
2.≪■弊社≫ 合計金額をお伝えします。
(本体価格は消費税・送料込みで、以下の通りです。電源ケーブル、ユーザーズマニュアル(取扱説明書)、用紙受けトレイが付属しています。ユーザーズマニュアルと用紙受けトレイがご不要の場合は、それぞれ1,000円引きとなります。)
36,000円/MD-1500
38,000円/MD-1300
34,000円/MD-1000
    ↓
3.≪★お客様≫ 合計購入代金を弊社口座へお振り込み頂き、弊社のどの口座に振り込まれたかをご連絡ください。→お振込口座一覧 電話、メール、FAXのいずれでも構いません。
    ↓
4.≪■弊社≫ 入金確認後、ただちに現品の方を発送いたします。


[メンテナンス済みMD-1500/MD-1300/MD-1000]
印字ヘッド、プラテン、用紙送りローラー、受光センサー部のクリーニング、更に機器内奥部のクリーニングや機械系部品まわりの必要個所への適切な潤滑グリス塗布、『耐ビューカル・デカール用紙メンテナンス』 『名刺印刷グレードアップメンテナンス』を行い、プリンタがより長期に渡って快適滑らかに稼働するようにメンテナンスしております。 部品状況につきましても、点検修理を行い、近日中に故障が発生する可能性のある部品を無くし、良好な状態にしております。
また、当該機がアルプス電気以外で解体された可能性がある場合は、一度塗布されているオイルを洗浄した後に部品の確認を行い部品の交換を含めて適切なメンテナンスにより長期間の使用に耐えるように整備しております。

尚、MD-1500のスキャナユニットおよびその機能に関しましては、それが印刷機能に対して障害を与えている場合を除き修理メンテナンスは行っておりません。スキャナ機能はご利用できないとお考えください。

[耐ビューカル・デカール用紙メンテナンス]
デカール作成用途のお客様に限定せずに、2010年4月9日より、すべての修理・メンテナンスサービスを対象に実施中です。→詳細

[名刺印刷グレードアップメンテナンス]
2010年6月1日より、すべての修理・メンテナンスサービスを対象に実施中です。→詳細

[MDファン特典サービス]
『MD-5000/MD-5500修理サービス』『MD-5000メンテナンスサービス』『メンテナンス済みMD-5000/MD-5500販売』をご利用されたMDファンの皆様への特典サービスです。『MD-1000/MD-1300/MD-1500修理サービス』、『メンテナンス済みMD-1500/MD-1300/MD-1000販売』をご利用された皆様へも同様に提供致します。
詳しくはこちらをご覧ください。→MDファン特典サービス

[6カ月+2年間の動作保証]
メンテナンス済みプリンタが到着後、6カ月+2年間は弊社(株)象のロケットによる保証期間といたします。 もし6カ月以内に、プリンタが正常に稼働しなくなった場合は、往復の送料を弊社負担とし、1回に限り無料にて修理をいたします。 また、その後の2年間につきましても弊社通常修理料金の半額にて修理を承ります。

弊社の6カ月+2年間動作保証に関する詳細につきましてはこちらをご覧ください。→詳細

[返品とお試し利用・短期間利用]
本製品は、以下の条件に従って返品することが可能です。 返品期間を2種類(8日以内と90日以内)設定していますので、初めてMDプリンタをご使用される方や、まずはMDプリンタの性能がどのようなものなのかをお知りになりたい方、また短期間だけご使用になりたい方も、お気軽にご利用ください。

1.お客様は、本製品に不良が無い場合であっても、本製品の到着後8日以内に限り、本製品を返品することができます。ご希望の方は弊社技術センターまでお申し出下さい。但し、以下の条件にあてはまる場合には返品には応じられませんのでご注意ください。
・ お客様のもとでキズ、破損が生じた場合
・ 事前の連絡を頂かないで、9日以上が過ぎた場合
尚、返送にかかる費用はお客様のご負担となります。また弊社にて発生致します再メンテナンス及び再梱包発送費用の合計8,000円はお客様のご負担となります。あらかじめご了承ください。

2.お客様は、本製品に不良が無い場合であっても、本製品の到着後90日以内に限り、本製品を返品することができます。ご希望の方は弊社技術センターまでお申し出下さい。但し、以下の条件にあてはまる場合には返品には応じられませんのでご注意ください。
・ お客様のもとでキズ、破損が生じた場合
・ 事前の連絡を頂かないで、91日以上が過ぎた場合
尚、返送にかかる費用はお客様のご負担となります。また弊社にて発生致します再メンテナンス及び再梱包発送費用の合計18,000円はお客様のご負担となります。あらかじめご了承ください。

91日以上が過ぎた製品につきましては、返品扱いとはなりませんが、弊社メンテナンス品、弊社販売品につきましてはできる限り高額にて引き取らさせていただきますので、ご不要になりましたらお早めにご連絡ください。

上記1、2において、インクカセットや用紙などの消耗品で一度ご使用されたものにつきましては返品には応じられません。

[注意事項]
注文された本製品の配送先が海外の場合、送料を含めた発送経費はお客様のご負担となります。 また、海外でご使用された場合、保証対象外となります。

[MDプリンタ ユーザーサポート期間に関する重要なお知らせ]
→こちら。



お問い合わせ連絡先
お振込口座一覧
MD-5500/MD-5000/MD-1500/MD-1300/MD-1000の違い
各種インクカセット・付属品販売中!

(象のロケット 技術センター)


 
posted by 象のロケット at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | MDプリンタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月15日

MD-5500/MD-5000/MD-1500/MD-1300/MD-1000の主な違い

[よくある質問&アドバイス]

MD-5500/MD-5000/MD-1500/MD-1300/MD-1000、5機種の主な違いは以下の通りです。

【インクカセット最大装着個数】
MD-5500/MD-5000→7個までです。
MD-1500/MD-1300/MD-1000→4個までです。

【プリンタケーブル接続形状】
MD-5500→USBとパラレルのいずれでも接続可能です。
MD-5000/MD-1500/MD-1300/MD-1000→パラレルのみ接続可能です。
これらの機種でUSB接続をしたい場合は、USBパラレル変換ケーブルを使用し、片方向通信で接続します。
弊社にて各種ケーブルを販売中です。

ベースドホワイトの認識】
MD-5500→認識します。
MD-5000/MD-1500/MD-1300/MD-1000→認識しません。
これらの機種でベースドホワイトを使用する場合は、認識可能な他の種類のインクのバーコードと張り替えて使用します。
弊社にて認識バーコード(ブラックへ)変更済みのベースドホワイト ZK-MDC-OPWHを販売中です。

尚、特色ホワイトは全機種認識し使用できます。

フラッシュゴールドフラッシュシルバーの使用】
フラッシュゴールドフラッシュシルバーは箔押しのような輝きで光を反射するインクです。
MD-5500/MD-5000→使用できます。
MD-1500/MD-1300/MD-1000→使用できません。

MFインクエコブラックの使用】
MD-5500/MD-5000→使用できます。
MD-1500/MD-1300/MD-1000→使用できません。

【フォトカラー印刷(昇華印刷)】
MD-1300→印刷可能です。
MD-5500/MD-5000→昇華ハードウェアキー(弊社にて販売中)を本体後方に装着することにより印刷可能となります。
MD-1500/MD-1000→印刷できません。

【VD(バリアブルドット)フォトカラー印刷】
1ドットを16段階に制御することで、2400dpi相当のより自然に近い色調表現が可能です。
MD-5500/MD-5000→対応しています。
MD-1500/MD-1300/MD-1000→対応していません。

【最大用紙サイズ(mm)】
MD-5500→幅224x縦594(幅はA4ノビ、縦はA4の2倍のサイズ)
MD-5000→幅224x縦355(A4ノビサイズ)
MD-1500/MD-1300/MD-1000→幅210x縦355(幅はA4、縦のみA4ノビサイズ)

尚、最少用紙サイズは全機種、幅98x縦98です。

【用紙サポート】
印刷時に背もたれとして用紙を支える役目をします。

【給紙切換レバー】
普通紙や平滑紙を連続して印刷する場合、このレバーを『A』側(Auto・自動)に起こします。厚紙などでは『M』側(Manual・手差し)に倒します。
MD-5500/MD-5000/MD-1500/MD-1300→独立した給紙切換レバーが付いています。
MD-1000→用紙サポートが給紙切換レバーの役目も担っており、用紙サポートを引き出した状態が『A』側、押し込んだ状態が『M』側となります。

【印刷時の必要用紙余白(上下)】
MD-5500/MD-5000→上余白12o、下余白15oです。但し用紙の種類が『官製はがき』の場合は上余白3o、下余白15oで印刷可能です。
MD-1500/MD-1300/MD-1000→『官製はがき』を含めて、上余白12o、下余白15oです。

尚、左右の必要用紙余白は全機種左右それぞれ3.4oです。


よくある質問&アドバイスの一覧へ
(象のロケット 技術センター)


 
posted by 象のロケット at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | MDプリンタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする