2013年06月25日

象のロケット クリアデカールシート 半光沢 Z-CDCA4 A4サイズ(水転写式デカール/透明)

2015年2月11日更新:光沢タイプ(Z-GCDA4)の販売も開始しました。
2014年10月5日更新:通常価格になりました。
2014年7月20日更新:特別価格3か月間延長中。(2014年9月末まで)
2014年1月4日更新:画像の最後にクリアコーティング画像を追加しました。
【品名】:象のロケット クリアデカールシート 半光沢
【型番】:Z-CDCA4

MDプリンタのサポート開始が2009年6月25日。5年目スタートの記念の日2013年6月25日、象のロケットはサポート開始当初より多くのユーザーの皆様からご要望をいただいておりました『クリアデカールシート』を販売開始いたします。

全世界のMDプリンタユーザーの皆様の期待に応えるべく開発前のリサーチを重ね、印刷性・水転写作業性・仕上がりの美しさ、そしてもちろん安心してMDプリンタを使える安心設計など細部にわたりとことん吟味をし尽くし、ようやく納得の出来栄えとなりました。

【従来のクリアデカールシートに比べて4つの大きなステップアップ!】
1.印刷性:吸い付くようなインクののりの良さにご満足いただけると思います。
2.水転写作業性:台紙が吸水すると水転写が可能となります。透明度が高く薄く強固な水溶性接着層が対象物へ一緒にスライドします。マークセッターやマークソフターなどのデカール軟化剤とも抜群の相性の良さです。フィルム層の薄膜化と強度・耐久性の向上を両立させました。
3.仕上がりの美しさ:転写後の透明フィルム部を目立たせない適度な光沢感です。水性コーティング、ラッカーコーティング、ウレタンコーティングなど各種コーティング塗装剤との相性も良く、まるで対象物に直接印刷したかのような仕上がりにすることも可能です。研ぎ出し(削り出し)作業も安心して行えます。あとは皆さんの腕次第です!
4.MDプリンタを故障させる原因を徹底排除したシート設計:安心してお使いください。

模型製作・デカール製作・販売のプロの方々にも検証していただき、二重丸の評価をいただいております。
模型、プラモデル、フィギュア、デコレーション、ネイルアート、ヘルメットや自転車・バイク・自動車の装飾、釣り竿や浮きなどへのマーキング・名入れなど、幅広くご利用ください。

レーザープリンタでの印刷も美しい仕上がりです。
(注意:レーザープリンタは機種によって印刷できない場合があります。)

Z-CDCA4.jpg

【使い方】
1.MDプリンタやレーザープリンタを使って印刷します。(レーザープリンタは機種によって印刷できない場合があります。)
2.貼り付けたい部分をはさみやナイフで切り出します。白色の文字の印刷場所も容易に認識しやすいように台紙の色は薄い水色となっています。
3.水に切り出したデカールを浮かべ(5秒〜10秒程度)、台紙が吸水したら台紙のまま引上げ、(更に10秒〜30秒ほど保持して)フィルム層が台紙上をヌルヌルと移動できることを確認した後、対象物に薄膜フィルム層を台紙からスライドさせながら貼り付けます。
4.濡れた綿棒や細い筆などで位置を調整しながら、余分な水や気泡を除きます。多少のしわやヨレは乾燥が進むと目立たなくなります。
5.必要に応じてマークセッターやマークソフターなどのデカール軟化剤を使用してください。水性コーティング、ラッカーコーティング、ウレタンコーティングなど各種コーティング塗装剤を使用すると、より美しく強固に仕上がります。 研ぎ出し作業も安心して行えます。

【価格】
象のロケット クリアデカールシート 半光沢 Z-CDCA4 A4サイズ
¥1,000/5枚(1枚あたり¥200) ×○セット
¥5,400/30枚(1枚あたり¥180) ×○セット
¥34,000/200枚(1枚あたり¥170) ×○セット
¥160,000/1,000枚(1枚あたり¥160) ×○セット

尚、クリアデカールシート各セットには『デカール保護シート』1枚を同梱しています。
『デカール保護シート』は印刷後のデカールを、保管中のこすれ傷などから保護するための特殊シートです。両面の平滑度は極めて高く、紙粉の発生もほとんどありません。
『デカール保護シート』のみの販売も行っています。

象のロケット デカール保護シートZ-DHGA4 A4サイズ
¥200/5枚(1枚あたり¥40) ×○セット
¥600/30枚(1枚あたり¥20) ×○セット
¥3,000/200枚(1枚あたり¥15) ×○セット
¥10,000/1,000枚(1枚あたり¥10) ×○セット

【購入方法】
象のロケットクリアデカールシートやインクカセットの購入につきましては、『各種インクカセット・付属品販売中!』ページの「ここからコピー」〜「ここまでコピー」をメールに貼り付けて送信してください。午後2時までにご注文メールをいただき、ご入金の方が確認できましたら、当日発送し、伝票番号をご返信いたします。 ご不明なことがありましたら、遠慮なくご連絡ください。
各種インクカセット・付属品販売中!
お問い合わせ連絡先

貼り付けの様子はこちらに写真を掲載しています。→象のロケット クリアデカールシート Z-CDCA4 貼り方

模型などへの使用例です。→鉄道模型Nゲージ

3Dプリンタによる造形物やフィギュアに色づけ・着色・マーキング

CDC1.jpg
MD-5500で紙用CMYK4色を使ったフルカラー印刷です。まず、用紙切り替えレバーを手差し(M側)に倒してreadyボタンを1回押してクリアデカールシートを引き込み、印刷スタンバイ。

CDC3.jpg
まずは特色ホワイト+光沢仕上げ(光沢仕上げまたは光沢仕上げ2)で下地印刷。「ページ合成」にチェックを入れて印刷すると印刷後に定位置まで戻ります。

CDC4.jpg
紙用CMYK4個のインクを順番に自動で印刷しています。まずはシアン

CDC5.jpg
デカールシートが自動で行ったり来たり。

CDC6.jpg
次はマゼンタ

CDC9.jpg
次はイエローを印刷して、また戻って…。

CDC11.jpg
最後にブラックで印刷完了。

CDC12.jpg
この印刷例では写真が含まれているのでフルカラー自動印刷を行いましたが、MDプリンタの場合、小さな文字やマーキングをフルカラー印刷すると拡大して見ると網点印刷によるドットが目立ちます。

そこで、プラモデル用のデカールなど小さなマーキング用では、「ページ合成機能」(ページ合成にチェックを入れて印刷すると印刷終了後に定位置まで戻り印刷スタンバイ状態となること)を利用し、それぞれのインクを単色ベタで重ねていきます。

CDC20.jpg
今度は、MD-5000を使ってみましょう。MD-5500でももちろん同じです。

CDC21.jpg
今回は、必要とする箇所だけに下地の特色ホワイト+光沢仕上げ(光沢仕上げまたは光沢仕上げ2)を印刷しました。
シート上部にフラッシュゴールドフラッシュシルバーを印刷中です。下地は自動のCMYKです。

CDC22.jpg
シアンマゼンタイエローブラックの順番で、1色ずつ単色印刷で色を重ねていきます。それらに使用する画像ファイルはすべて黒単色で作ります。

CDC24.jpg
シートの下部には、メタリックゴールドメタリックシルバーメタリックブルーメタリックレッドなどを下地印刷なしで印刷しました。

CDC25.jpg
印刷完了です。この印刷では、特色ホワイトによる下地印刷と印刷完了時のフラッシュ系とメタリック系以外の部分に光沢仕上げをかけています。インクの定着を強くすることと光沢感を持たせるためです。

CDC26.jpg
CMYKを使ったカラー部分は、すべて下地に特色ホワイトを使い、上部から順番に「シアン」、「マゼンタ」、「シアンマゼンタ」、「シアンイエロー(グリーンの部分)」、「イエロー」、「マゼンタイエロー」、「ベースドホワイト(つまり特色ホワイトベースドホワイト)」、「下地の特色ホワイトのみ」、そして下地印刷なしで「ブラックのみ」となります。

CDC27.jpg
上部拡大です。

CDC29.jpg
上部拡大です。

CDC28.jpg
上部拡大です。

CDC30.jpg
下部拡大です。メタリックが綺麗にのっています。

CDC301.jpg
更にその拡大です。5ポイントの小さな文字も綺麗です。

CDC31.jpg
下部拡大です。メタリックブルーメタリックレッドが綺麗です。 その上は下地無しのシアン単色とマゼンタ単色です。

CDC401.JPG
貼ってみましょう! 貼りたい部分をはさみやナイフで切り出し、水に浮かせます(5秒〜10秒程度)。水から引き上げて一呼吸置くと透明フィルム部分が台紙上を滑るようになります。 コツは長く水に入れ過ぎないことと水から引き上げた後ヌルヌルと台紙上を滑るようになるまで慌てずに待つ(10秒〜30秒程度)ことです。水の中で台紙とフィルムを分離させてはいけません。

CDC403.JPG
MD-5000i(ボンダイブルー)の筐体上に貼ってみました。 片側を指や濡れた綿棒で押さえて台紙を滑らせながら貼り付けます。

CDC406.JPG
極限まで薄くしていますが、それでも強靭かつ柔軟なフィルム層により長い文字やマークも曲面にもなじみながら綺麗に貼れます。

CDC407.JPG
外回りの余分な水分は乾いた綿棒、位置決めや小さなしわやマーク内側の余分な水分や気泡の除去などは濡れた綿棒や細い筆を使いながら接着層が固化する前に整えます。

CDC426.JPG
乾燥が進むと、極めて薄い接着層と柔軟性のあるフィルム層が一体となり小さなしわなどはほとんど目立たなくなります。 Mr.マークセッターやMr.マークソフターなどのデカール軟化剤との相性も良いようにシート開発を行いましたが、それらをほとんど使う必要もないほどです。 貼り付け後に細部で浮きなどが気になった場合は、Mr.マークソフターを少量お使いください。

CDC427.JPG
象のロケットクリアデカールシートの真骨頂! MD-5000の筐体プラスチック最上部はざらつきのある梨地仕上げとなっていますが、接着層と柔軟性のある極薄フィルム層が一体となりプラスチックのざらつき感までもデカール表面に再現します。 まるでざらついたプラスチック表面に直接印刷したかのようなできばえです。 写真ではデカール軟化剤も使用していません。

cdc428.JPG
ラッカー系のクリアー(光沢)を吹きました。 対象物への固着強度が上がり、透明フィルム部分が目立たなくなります。 ラッカー系の他、水性クリアーやウレタンコーティングなど各種コーティング塗装剤との相性も良く、まるで対象物に直接印刷したかのような仕上がりにすることも可能です。 研ぎ出し(削り出し)作業も安心して行えます。

cdc429.JPG
拡大写真です。

貼り付けの様子はこちらにもその他の写真を掲載しています。→象のロケット クリアデカールシート Z-CDCA4 貼り方

模型などへの使用例です。→鉄道模型Nゲージ
ネイルへの使用例です。→ネイルシールを自作! 簡単ネイルアート!

(象のロケット 技術センター)


 
posted by 象のロケット at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | MDプリンタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月17日

水転写式クリアデカールシート、もうすぐ発売です。

<象のロケット クリアデカールシートZ-CDCA4 A4サイズ>
MDプリンタのサポート開始が2009年6月25日。早いものでもうすぐ5年目となります。
サポート開始当初より、多くのユーザーの皆様からご要望をいただいておりました『クリアデカールシート』を5年目スタートの記念の日、来週2013年6月25日に発売いたします。

全世界のMDプリンタユーザーの皆様の期待に応えるべく開発前のリサーチを重ね、印刷性・水転写作業性・仕上がりの美しさ、そしてもちろん安心してMDプリンタを使える安心設計など細部にわたりとことん吟味をし尽くし、ようやく納得の出来栄えとなりました。
模型製作・デカール製作・販売のプロの方々にも検証していただき、二重丸の評価をいただいております。

模型、プラモデル、フィギュア、デコレーション、ネイルアート、ヘルメットや自転車・バイク・自動車の装飾、釣り竿や浮きなどへのマーキング・名入れなど、幅広くご利用ください。
レーザープリンタでの印刷も美しい仕上がりです。

象のロケットの渾身作、あと1週間で販売開始です。
(象のロケット 技術センター)

 
posted by 象のロケット at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | MDプリンタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月09日

特色ブラック MLC-SBLK 販売中! 沖データ製MICROLINE 7050c用インク

*沖データ製マイクロラインML7050c(MICROLINE 7050c)プリンタ用の特色ブラック(MLC-SBLK)です。
*プロセスブラック(MLC-PHDK)よりも濃い黒色(高濃度クロ)です。
*印刷プロパティ→特色印刷→POPカラーで使用します。
*特色ホイルゴールド(MLC-SFLG)と特色ホイルシルバー(MLC-SFLS)の下地印刷としても使用します。印刷プロパティ→特色印刷→特色ホイルカラーを選択し「下地処理なし」にチェックを入れずに印刷する場合は必ず特色ブラック(MLC-SBLK)をセットしておきます。
*印刷プロパティ→特色印刷→特色カラー→単色または多色設定でも使用します。
*普通紙や平滑紙の他、MD用ビューカルクリアデカールシート、各種フィルム類への印刷にも使用します。
*不透明インクですので下地の色や文字やデザインを透過しません。
*適応機種:沖データ製マイクロラインML7050c(MICROLINE 7050c)

ご購入はこちら→各種インクカセット・付属品販売中!

アルプス電気製、沖データ製インクカセット販売中!
MDC:アルプス電気製
MLC:沖データ製

≪MDC紙用≫
シアン MDC-FLCC
マゼンタ MDC-FLCM
イエロー MDC-FLCY
カラー3個パック MDC-FLC3
ブラック MDC-FLCK
ブラック3個パック MDC-FLK3
エコブラック MDC-ECBK
MFインク3個パック MDC-PREP
MFインク3個パックの中の1個
光沢仕上げ2 MDC-FRVG
光沢仕上げ MDC-FLCG

≪MDC特色≫
フラッシュゴールド MDC-FMEG
フラッシュシルバー MDC-FMES
メタリックカラー・ゴールド MDC-METG
メタリックカラー・シルバー MDC-METS
メタリックカラー・ブルー MDC-METB代替えインク
メタリックカラー・レッド MDC-METR代替えインク
特色ホワイト MDC-SCWH
ベースドホワイト MDC-OPWH

≪MDCフォトカラー≫
フォトカラー シアン MDC-DSCC
フォトカラー マゼンタ MDC-DSCM
フォトカラー イエロー MDC-DSCY
フォトカラー 光沢 MDC-DSCF
フォトカラー オーバーコート MDC-DSCO

≪MD-1000/1300/1500/5000/5500使用可能ベースドホワイト/認識バーコード(ブラックへ)変更済み≫
ベースドホワイト ZK-MDC-OPWH

≪MD使用可能MLCインクカセット≫
特色メタリックブルー MLC-SMTB
特色メタリックレッド MLC-SMTR

≪MD使用可能MLCインクカセット/認識バーコード(ブラックへ)変更済み≫
プロセスシアン ZK-MLC-PHDC
プロセスマゼンタ ZK-MLC-PHDM
プロセスイエロー ZK-MLC-PHDY
プロセスブラック ZK-MLC-PHDK
特色ブルー ZK-MLC-SDTB
特色レッド ZK-MLC-SDTR
特色グリーン ZK-MLC-SDTG

≪MLC 沖データ製ML7050c用インクカセット≫
プロセスシアン MLC-PHDC
プロセスマゼンタ MLC-PHDM
プロセスイエロー MLC-PHDY
プロセスブラック MLC-PHDK
特色ブラック MLC-SBLK
特色ブルー MLC-SDTB
特色レッド MLC-SDTR
特色グリーン MLC-SDTG
特色ホイルゴールド MLC-SFLG
特色ホイルシルバー MLC-SFLS
特色メタリックゴールド MLC-SMTG
特色メタリックシルバー MLC-SMTS
特色メタリックブルー MLC-SMTB
特色メタリックレッド MLC-SMTR
光沢フィニッシュ MLC-EGFR
オペークホワイト MLC-EOPW

≪沖データ製ML7050c使用可能インクカセット/認識バーコード変更済み≫
オペークホワイト Z-MLC-EOPW

ご購入はこちら→各種インクカセット・付属品販売中!

(象のロケット 技術センター)


 
posted by 象のロケット at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | MDプリンタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

軟包装透明フィルム MLS-SF3W 販売中! 沖データ製MICROLINE 7050c用印刷フィルム

*沖データ製マイクロラインML7050c(MICROLINE 7050c)プリンタ用の軟包装透明フィルム(MLS-SF3W)です。
*作成したイラストや写真などを軟包装透明フィルムに印刷しパッケージのデザインとしてシュリンク加工します。
*適応機種:沖データ製マイクロラインML7050c(MICROLINE 7050c)
*本商品を夏場6月〜9月に弊社より発送する際には、保冷発送を行っています。

ご購入はこちら→各種インクカセット・付属品販売中!

(象のロケット 技術センター)


 
posted by 象のロケット at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | MDプリンタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オペークホワイト Z-MLC-EOPW 販売中! 沖データ製MICROLINE 7050c用インク

*沖データ製マイクロラインML7050c(MICROLINE 7050c)プリンタ用のオペークホワイト(Z-MLC-EOPW)です。
*アルプス電気製MD(マイクロドライ)プリンタ用のベースドホワイト(MDC-OPWH)を加工した、沖データ製オペークホワイト(MLC-EOPW)の代替品です。MICROLINE 7050cでそのまま使用できます。色合いや巻き量、紙やフィルムへの定着性も同じです。
*白色インクです。
*透明フィルムにフルカラー印刷を行った後に、それらの印刷を覆うようにホワイト印刷を行うインクです。印刷後にフィルム側から見ると印刷の色合いがしっかりと際立ちます。
印刷プロパティ→軟包装透明フィルムまたは軟包装転写フィルム→詳細設定で「オペークホワイト」にチェックを入れます。
*オペークホワイト単色による印刷も可能です。
印刷プロパティ→軟包装透明フィルムまたは軟包装転写フィルム→特色印刷→特色カラー「オペークホワイト」で印刷します。
*沖データ製軟包装透明フィルム、象のロケットオリジナルMDプリンタ用両面印刷透明フィルムシート、MD用ビューカル・クリア(透明)VC9700-MDA4などへの印刷に利用されます。
*不透明インクですので下地の色や文字やデザインをほとんど透過しませんが、白色インクですので下地の色が濃かったり光にかざすと下地が透けて見えます。
*沖データ製オペークホワイトも販売中です。→オペークホワイト MLC-EOPW
*適応機種:沖データ製マイクロラインML7050c(MICROLINE 7050c)

ご購入はこちら→各種インクカセット・付属品販売中!

アルプス電気製、沖データ製インクカセット販売中!
MDC:アルプス電気製
MLC:沖データ製

≪MDC紙用≫
シアン MDC-FLCC
マゼンタ MDC-FLCM
イエロー MDC-FLCY
カラー3個パック MDC-FLC3
ブラック MDC-FLCK
ブラック3個パック MDC-FLK3
エコブラック MDC-ECBK
MFインク3個パック MDC-PREP
MFインク3個パックの中の1個
光沢仕上げ2 MDC-FRVG
光沢仕上げ MDC-FLCG

≪MDC特色≫
フラッシュゴールド MDC-FMEG
フラッシュシルバー MDC-FMES
メタリックカラー・ゴールド MDC-METG
メタリックカラー・シルバー MDC-METS
メタリックカラー・ブルー MDC-METB代替えインク
メタリックカラー・レッド MDC-METR代替えインク
特色ホワイト MDC-SCWH
ベースドホワイト MDC-OPWH

≪MDCフォトカラー≫
フォトカラー シアン MDC-DSCC
フォトカラー マゼンタ MDC-DSCM
フォトカラー イエロー MDC-DSCY
フォトカラー 光沢 MDC-DSCF
フォトカラー オーバーコート MDC-DSCO

≪MD-1000/1300/1500/5000/5500使用可能ベースドホワイト/認識バーコード(ブラックへ)変更済み≫
ベースドホワイト ZK-MDC-OPWH

≪MD使用可能MLCインクカセット≫
特色メタリックブルー MLC-SMTB
特色メタリックレッド MLC-SMTR

≪MD使用可能MLCインクカセット/認識バーコード(ブラックへ)変更済み≫
プロセスシアン ZK-MLC-PHDC
プロセスマゼンタ ZK-MLC-PHDM
プロセスイエロー ZK-MLC-PHDY
プロセスブラック ZK-MLC-PHDK
特色ブルー ZK-MLC-SDTB
特色レッド ZK-MLC-SDTR
特色グリーン ZK-MLC-SDTG

≪MLC 沖データ製ML7050c用インクカセット≫
プロセスシアン MLC-PHDC
プロセスマゼンタ MLC-PHDM
プロセスイエロー MLC-PHDY
プロセスブラック MLC-PHDK
特色ブラック MLC-SBLK
特色ブルー MLC-SDTB
特色レッド MLC-SDTR
特色グリーン MLC-SDTG
特色ホイルゴールド MLC-SFLG
特色ホイルシルバー MLC-SFLS
特色メタリックゴールド MLC-SMTG
特色メタリックシルバー MLC-SMTS
特色メタリックブルー MLC-SMTB
特色メタリックレッド MLC-SMTR
光沢フィニッシュ MLC-EGFR
オペークホワイト MLC-EOPW

≪沖データ製ML7050c使用可能インクカセット/認識バーコード変更済み≫
オペークホワイト Z-MLC-EOPW

ご購入はこちら→各種インクカセット・付属品販売中!

(象のロケット 技術センター)


 
posted by 象のロケット at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | MDプリンタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする