2014年06月17日

『プロミスト・ランド』お薦め映画

★★★★ 2012年製作 米 (106 min)
【監督】ガス・ヴァン・サント(ミルク、グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち、サイコ、小説家を見つけたら
【出演者】マット・デイモン(ミケランジェロ・プロジェクト、ボーン・アルティメイタム、ボーン・スプレマシー、リプリー)
ジョン・クラシンスキー(お家(うち)をさがそう、恋するベーカリー 別れた夫と恋愛する場合、だれもがクジラを愛してる。、かけひきは、恋のはじまり)
フランシス・マクドーマンド(スタンドアップ、バーバー、容疑者、バーン・アフター・リーディング)
ローズマリー・デウィット、ハル・ホルブルック、スクート・マクネイリー、タイタス・ウェリバー
【あらすじ】大手エネルギー会社のエリート社員スティーヴは、女性社員スーと共に、シェールガスの埋蔵地である田舎町マッキンリーに到着した。 この地での任務は、地主たちと契約してシェールガスの採掘権を獲得すること。 有力者に十分根回しをした上で開かれた町民集会は簡単に終わるはずだったが、元科学者の老人が環境への影響を検証するべきだと訴える。 更に環境活動家のダスティンが乗り込んできて、住民の心が揺らぎ始めた…。 社会派ドラマ。

『プロミスト・ランド』象のロケット
『プロミスト・ランド』作品を観た感想TB

画像(C)2012 Focus Features LLC.All rights reserved.

promisedland1.JPG 【解説と感想】主人公スティーヴ・バトラー(マット・デイモン)と相棒のスー(フランシス・マクドーマンド)は、大手エネルギー会社の採掘権交渉者。シェールガスの採掘権を土地所有者から借り上げる契約を結ぶのが仕事だ。シェールガスとは、石油に代わるエネルギー源として注目されている天然ガスである。貸すだけだから先祖代々の土地から離れる必要もない。廃業もできず貧乏な暮らしに甘んじていた地主たちは、多額の契約料を提示され大喜びだ。

promisedland2.JPG ところが、どんな田舎町にもインテリはいるもので、元科学者の老人フランク(ハル・ホルブルック)が、環境への影響に懸念を示す。その上、風来坊の環境活動家ダスティン(ジョン・クラシンスキー)が乗り込んできて、ギョッとするようなシェールガス採掘による被害体験談を話し始めたものだから、地主たちはすっかり怯えてしまう。本当にシェールガスとは、そんなに危険なものなのか?

promisedland3.JPG 自身も田舎町の出身であるスティーヴは、自分は不景気な町を活性化し豊かにする、素晴らしい仕事をしているつもりでいた。スティーヴは賛成派と契約を進める一方で、反対派対策、被害訴訟の事実確認などで多忙を極め、地主の一人アリス(ローズマリー・デウィット)との恋愛も、うまくいかなくなってしまう。一方、スーは子どものためにバリバリ稼いでいるキャリアウーマンで、割り切って仕事をしている印象を受ける。

最近見た『あいときぼうのまち』は、福島原子力発電所の建設地が舞台だが、本作は福島がアメリカに、原子力がシェールガスに変わっただけで、受ける印象はほぼ同じだ。原子力発電所が建設されたのは1960年代以降で、シェールガスは2000年前後から。どちらも最初は、夢のようなエネルギーだと言われていた。

人間が火を使った時から既に環境汚染は始まっているとも言える。厳密には何かを使ってエネルギーを作ること自体、自然に反しているのだ。『ノア 約束の舟』でも、智恵のついた人間の愚かな行為が神の怒りを買い、大洪水が起こってしまった。高度な文明生活は確実に地球を破壊する。しかし、私たちはもう原始人の生活には戻れない。

promisedland4.JPG 大型商業施設、レジャーランド、高層ビル、発電所、病院、公園など大規模な施設が建設される場合、大抵は地元住民への説明会がある。土地の売主は去ることもできるが、建設地周辺の住民は、ずっとその地で暮らすことになる。生活が便利になる、雇用が増える、賑やかになる、人口が増える、周囲の地価まで上がる、というプラス面と、日当たりが悪くなる、騒音・悪臭・大気汚染など環境への影響や、治安の悪化などのマイナス面が考えられる。何事にも表(良い面)と裏(悪い面)があり、裏の話は知ろうとしないと耳に入って来ない。

promisedland5.JPG 火力(石炭、石油、ガス)、太陽光、風力、水力、地熱、原子力等、様々な発電方法が脚光を浴びては、いつの間にか人気がなくなっていく。私たちは今後、何をエネルギー源として生きて行くのが一番いいのだろうか? シェールガス開発をひとつの例として、私たちに物事を見極める目、知ることや選択することの難しさを教えてくれる問題作。お薦め作品だ。

(象のロケット 映画・ビデオ部 並木)



 
posted by 象のロケット at 15:35| Comment(0) | TrackBack(9) | 超お薦め映画作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月03日

『ノア 約束の舟』お薦め映画

★★★★ 2014年製作 米 (138 min)
【監督】ダーレン・アロノフスキー(レスラー、ブラック・スワン、π<パイ>)
【出演者】ラッセル・クロウ(ニューヨーク 冬物語、シンデレラマン、グラディエーター、ビューティフル・マインド)
ジェニファー・コネリー(ニューヨーク 冬物語、砂と霧の家、ビューティフル・マインド、ダーク・ウォーター)
レイ・ウィンストン(ベオウルフ 呪われし勇者、ニル・バイ・マウス、ヒューゴの不思議な発明、インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国)
エマ・ワトソン、アンソニー・ホプキンス、ローガン・ラーマン、ダグラス・ブース
【あらすじ】ある夜、男ノアは眠りの中で恐るべき光景を見る。 それは、堕落した人間を滅ぼすために、すべてを地上から消し去り、新たな世界を創るという神のお告げだった。 大洪水が来ると知ったノアは、妻ナーマと3人の息子、養女イラと共に、つがい(雄と雌の一組)の動物たちを守る巨大な箱舟を作り始める…。 アクション・スペクタクル。

『ノア 約束の舟』象のロケット
『ノア 約束の舟』作品を観た感想TB

画像(C)MMXIV Paramount Pictures Corporation and Regency Entertainment (USA), Inc.All rights reserved.

noah1.jpg 【解説と感想】「ノアの箱舟」は旧約聖書の創世記に登場する有名な物語だ。創世記が“物語”ではなく“事実”だと信じている人も多い国々と、冠婚葬祭でいろんな宗教にお世話になる人が多い日本では、本作の解釈や評価は異なるだろう。ただ“大洪水”は、日本人にとって今や見過ごせないテーマだ。

ノアはともかく、過去に「この世の終わり」のような大洪水が起こったことは間違いない。3.11東日本大震災に伴う津波や原発事故で、「人類の滅亡」は近いと感じた方もいらっしゃるはずだ。今週末公開の『ポンペイ』の火山爆発・地震・津波の映像もすごかったが、本作の大洪水には「世界の終わり」のような迫力があるし、洪水前後の醜い争いや、伴侶を得たいという気持ち、子孫繁栄を望む思いは、震災後の食品争奪戦や、急に結婚する気になった男女が増えた“震災婚”現象、地球環境を心配する人が増えたことなどを思い起こさせる。

ところで、最近見た「大いなる沈黙へ グランド・シャルトルーズ修道院」は、厳格な修道院生活に密着したドキュメンタリーで、目の見えない老修道士が「私は目が見えなくて本当に良かった。」と、穏やかに話していたのが印象的だった。「仕方がない」のではなく「良かった」のだ。つまり、全て神が決めたことだから、世の中に悪いことなどあるはずがないという考え方だ。神道や仏教関係者、スピリチュアル系の方々からも、私は似たような話を聞いた。超能力者でない限り、自然災害や不慮の事故を防ぐことはできない。難しいことだが、嘆き悲しみ続けるより、事実を真摯に受け止め、前へ進む方がいい。そういう時、信仰は心の支えになる。

noah3.jpg さて映画では、神から大洪水が来ることを知らされた男ノア(ラッセル・クロウ)と妻ナーマ(ジェニファー・コネリー)、長男セム(ダグラス・ブース)、次男ハム(ローガン・ラーマン)、幼い三男ヤフェト、養女イラ(エマ・ワトソン)の一家6人は、巨大な箱舟を作って、動物たちと共に乗り込もうとする(設定やストーリーは、聖書と若干異なる。)

noah2.jpg 神に選ばれた偉大な「善人」ノアが、次第に「悪人」に見えてくる。また、動物たちは全て雄と雌の“つがい”になっているのに、息子たちの妻になれるような女はイラ一人。しかもイラは子を産めぬ体なのだ。創世記だというのに、もう人類滅亡の危機を迎えてしまう。

当時のアダムとイブの子孫たちの平均寿命は800〜900歳で、ノアに息子が生まれたのも彼が500歳の時。だから急ぐ必要はないけれど、このままでは子孫が絶える。若い息子たちは女を得たい、イラは子どもを産みたい、ナーマは次の世代を残したい、と、彼らが心配するのは自分や家族の未来のこと。ノアだけは、さすが神に見込まれただけあって、神様優先だが、そういう生き方は一家の主、父親として最低だと家族から非難されてしまう。

先にあげたグランド・シャルトルーズの修道士より、ノア一家の方がずっと人間臭く、本能のままに生きている。彼らは「全て神の御心のままに。」とは考えない。アダムとイブの時代から、人間は神の言葉に背き本能に従って生きてきた。それは神の意思に反することなのか? それとも本能で生きること自体が、神の意思によるものなのか?

noah4.jpg 神が大洪水を起こしたのは、人間が堕落しこの世に悪がはびこっていたからだ。しかし当時の人間と現代人と、いったいどちらが堕落しているだろう。神に似た姿をした人間が智恵を発達させた結果、エデンの園のように美しかった地球は、今や崩壊しつつある。これは、人類を滅亡させこの世をリセットしたいという、神の摂理の現われなのだろうか?

創世記が、普遍的な家族の愛と葛藤、未来への警告が込められた物語として生まれ変わった、壮大なアクション・スペクタクル。お薦め作品だ。

(象のロケット 映画・ビデオ部 並木)



 
posted by 象のロケット at 11:15| Comment(1) | TrackBack(16) | 超お薦め映画作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月15日

『映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』お薦め映画

★★★★ 2014年製作 日 (97 min)
【監督】高橋渉  劇場版3D あたしンち 情熱のちょ〜超能力♪母大暴走!
【出演者】(声)矢島晶子、ならはしみき、藤原啓治
【あらすじ】ある日、ギックリ腰を治しにマッサージに行ったとーちゃんが、なんと、ロボットになって帰ってきた! 戸惑うみさえと大喜びのしんのすけ。 美味しい料理を作ったり、家をピカピカにしたり、リモコンでも操作できる“ロボとーちゃん”は、ちょー便利。 しかしそれは、日本の父親たちの復権を目論む「父ゆれ同盟(父よ、勇気で立ち上がれ同盟)」による巨大な陰謀だった…。 大ヒットアニメ劇場版第22弾!
脚本:中島かずき

『映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』象のロケット
『映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』作品を観た感想TB

画像(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2014

kureyonrobo1.jpg 【解説と感想】仕事柄、アニメや実写ヒーローものなど子ども向け作品もよく観るが、私のような大人でも十分楽しめることが多い。 子どもたちが退屈せず、目を輝かせて楽しめるような内容であることが一番だが、子どもだけでなく、大人や社会への警告や励ましが感じられる、深遠かつ壮大なストーリーであることも非常に多い。

クレヨンしんちゃんは、かなりぶっ飛んだ小学生だが、父ひろし、母みさえはごくごく普通の両親である。どこにでもいるオッサンだから、ひろしはキャッチセールスの美人お姉さんに、いとも簡単に引っかかり、何とロボットにされてしまう!!! 裏で糸を引いているのは、父親復権を目論む「父よ勇気で立ち上がれ同盟(父ゆれ同盟)」だった!!!

カミさんが家庭内の実権を掌握している現代、妻子のために身を粉にして働く父親は、家では臭い、汚い、邪魔だと粗大ゴミ扱い。ひと時の安らぎを求めて公園で煙草を吸いながらボーっとしたり、知らない子どもにニッコリ話しかけようものなら、不審者扱いされてしまう。オトーサンって、どこにも居場所がないから、ひたすら働くしかないのだ。会社でも女子社員から煙たがられているかもしれないが…。

kureyonrobo2.jpg さて、スーパーロボットひろしの働きぶりは素晴らしく、会社でも家庭でもご近所でも好感度がグーンとアップ! みさえはひろしに惚れ直し、しんのすけは尊敬の眼で父を見つめるのだが、そんな一家団欒が長続きするはずがなかった!

kureyonrobo4.jpg 本作は威張りクサった妻、言うことを聞かないガキ、公園を占拠している犬散歩ババアを蹴散らし、「亭主関白」「男性上位」社会の復活を目指す、父ゆれ同盟の陰謀による春日部市“父親革命”を描くサスペンス・アクションなのである。脚本は「劇団☆新感線」の座付作家でもある中島かずき。やっぱり哀れなオトーサン世代だった(ゴメンナサイ)。

子連れでしんちゃんを観に行く(行かされる)オトーサンたちは、「うんうん、そーなんだよ、父ゆれ最高! ひろし頑張れ!」と、コーフンし拳を振り上げることだろう。オカーサンたちは、ひろしに同情しつつも「男って、ほんとバカよね。」と呆れる妻みさえのセリフに頷くことだろう。

kureyonrobo3.jpg 私は個人的には、落ちこぼれ女性警察官・段々原照代が気に入った! ボロボロになっても戦うロボ父ちゃんはカッコイイし、ちょっぴり「ターミネーター2」的感動をもたらしてくれる。

ところで、子どもたちは、この作品でいったい何を思うのだろう? 可哀そうなオトーサンのこと、ちょっとは分かってくれるのかな?「ワーイ、うちの父ちゃんもロボ父ちゃんだったらいいなー。何でもやってくれるし、ガンダムみたーい!」で、終わっちゃうんだろうか…。

夫のホンネと妻のホンネがはっきり見えてしまう爆笑ファミリー愛アニメ。 やっぱり野原一家は最高! お父さんを勇気づけてくれるゴールデンウィークのお薦め作品だ。
(象のロケット 映画・ビデオ部 並木)



 
posted by 象のロケット at 19:34| Comment(0) | TrackBack(2) | 超お薦め映画作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月27日

『ウルフ・オブ・ウォールストリート』お薦め映画

★★★★★ 2013年製作 米 (179 min)
【監督】マーティン・スコセッシ (ディパーテッド、ヒューゴの不思議な発明、タクシードライバー、ザ・ローリング・ストーンズ:シャイン・ア・ライト)
【出演者】レオナルド・ディカプリオ (タイタニック、ディパーテッド、ブラッド・ダイヤモンド、ワールド・オブ・ライズ)
ジョナ・ヒル (マネーボール)
マーゴット・ロビー、マシュー・マコノヒー、カイル・チャンドラー、ロブ・ライナー、ジョン・ファブロー
【あらすじ】1980年代、アメリカ・ニューヨーク。 22歳で株式業界に飛び込んだジョーダン・ベルフォートは、すぐにブラック・マンデー(1987年の世界的株価大暴落)で失業してしまう。 しかし巧みな話術でペニー株(価格高リスクの操作されやすい株)を売りさばき大儲け。 26歳で証券会社ストラットン・オークモントを設立して更に大成功。 年収4900万ドル(49億円)を稼ぎ出し、週給100万ドル(1億円)も目前となったが…。 実話から生まれた破天荒な男の物語。

原作:ジョーダン・ベルフォート

『ウルフ・オブ・ウォールストリート』象のロケット
『ウルフ・オブ・ウォールストリート』作品を観た感想TB

画像(C)2013 Paramount Pictures. All rights reserved.

wolf1.jpg 【解説と感想】昔から「詐欺事件は被害者にも責任がある。」と言われ、気の毒だが同情されないケースもある。今までどれだけ多くの人が、あの手この手の詐欺に引っかかってきたことだろう。騙されていることに被害者が全く気づかないほど(その方が幸せかもしれないが)巧妙な手口もあるから、詐欺という犯罪は厄介で恐ろしい。

本作の主人公ジョーダン・ベルフォート(レオナルド・ディカプリオ)は、26歳で悪名高き証券会社ストラットン・オークモントを設立。非合法な取引を繰り返し億万長者になった。株式投資は大儲けすることもあれば、破産してしまう可能性もある。リスクは承知で投資するのだから、最初にしっかり儲けさせておけば(これが詐欺の常套手段!)、大損しても「夢よ、もう一度!」という欲が先に立ち、顧客は懲りずに投資を繰り返すのである。

wolf2.jpg 出番は少なかったが、ジョーダンの最初の上司であるマーク・ハンナ(マシュー・マコノヒー)は強烈な印象を残す。その後のジョーダンがどんなバカをやろうが、しょうがないのかもと納得させられてしまう。ジョーダンがウォール街のウルフ(狼)になるきっかけを作ったのは彼だ。

wolf3.jpg アルコール・セックス・ドラッグに溺れ贅沢三昧、ハチャメチャな社内の様子など見せ場が多く、カリスマ・ブローカーがのし上がっていく様子は面白い。特に片腕ドニー・エイゾフ(ジョナ・ヒル)との乱痴気騒ぎは笑いを通り越して呆れるばかり。大量の札束を見ているだけでお腹いっぱいになってしまう。 成金ぶりが鼻につき、中には低俗すぎる、嫌な奴らだと眉をひそめる方もいらっしゃるかもしれない。実際、被害者からの裁判も起こされているし、ジョーダン本人の原作本や映画からの収入も被害者補償に充てるべきと言う意見もあるらしい。

ところで日本は今、アベノミクスと消費税増税前の駆け込み購入、震災復興事業、東京オリンピック開催決定で好景気到来も目前だと言われている。投資や高額商品の購入を考えている方も多いだろう。チャンスを逃してもいけないが、風評に踊らされて泣くことにならないようご注意を。自分は絶対に大丈夫だから億万長者を目指すという方は、凡人のつぶやきなど気にせず頑張って欲しい。

wolf4.jpg あぶく銭見せびらかし屋のジョーダンと、彼に目を付けたFBI捜査官パトリック・デナム(カイル・チャンドラー)は対照的。ゴージャスな妻(マーゴット・ロビー)と豪邸に住み、豪華クルーザーや高級車に乗る金持ちジョーダンと、地下鉄で通勤し、シケた自宅へ帰ればサエない妻が待っている一般庶民デナムの、どちらが幸せかと問うような場面がある。たぶん彼らは、それぞれ自分の方が幸せだという信念があるからこそ徹底抗争ができたのだ。しかし、この映画はジョーダンの22歳から36歳までの物語で、現時点ではまだ人生半ば。彼らは最期に一体どんな答えを出すことだろう。株式ブローカーの本性を、ここまでやるかという程さらけ出した金融ブラックコメディ。179分という長さを感じさせない、お薦め作品だ。

(象のロケット 映画・ビデオ部 並木)



 

posted by 象のロケット at 20:35| Comment(0) | TrackBack(9) | 超お薦め映画作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月22日

『新しき世界』お薦め映画

★★★★ 2013年製作 韓国 (134 min)
【監督】パク・フンジョン
【出演者】
イ・ジョンジェ (黒水仙、タイフーン TYPHOON、ラスト・プレゼント、ハウスメイド)
チェ・ミンシク (オールド・ボーイ、ラブ・レター 〜パイランより〜、シュリ、クライング・フィスト)
ファン・ジョンミン (生き残るための3つの取引、黒い家、ユア・マイ・サンシャイン、浮気な家族)
パク・ソンウン、ソン・ジヒョ、チュ・ジンモ、チャン・グァン
【あらすじ】表向きは一般企業を装う韓国最大の犯罪組織ゴールド・ムーンの理事イ・ジャソンは、実は8年間も潜入捜査をしている警察官。 彼は、兄貴分であるチョン・チョンの信頼を裏切っていることへの後ろめたさを感じていた。 そんな中、組織のトップが急死し後継者争いが勃発する。 ジャソンの上司カン捜査課長は、ジャソンの知らないところで「新世界プロジェクト」という極秘作戦を決行するのだが…。 クライム・サスペンス。

青龍映画賞男優主演賞、大鐘賞音楽賞、韓国映画批評家協会賞CJ CGV スター賞、他多数受賞

『新しき世界』象のロケット
『新しき世界』作品を観た感想TB

画像(C)2012 NEXT ENTERTAINMENT WORLD Inc. & SANAI PICTURES Co. Ltd. All rights reserved.

atarasiki11.jpg 【解説と感想】本作の主人公は、もう8年も韓国最大の犯罪組織ゴールド・ムーンに潜入し、ヤクザとして出世してしまった捜査官イ・ジャソン(イ・ジョンジェ)。彼はいつになれば元の警察官に戻れるのかと、ほとほとウンザリしている。無口でニコリともしないクールな二枚目。妻や兄貴分への接し方も素っ気ないが、気持ちは十分通じ合っているようだ。

atarasiki1.jpg 表社会でのジャソンの上司であるソウル警察捜査課長カン・ヒョンチョル(チェ・ミンシク)は、居並ぶヤクザに脅されてもひるみもしない心臓の持ち主だが、のらりくらりとしていて腹の底が読めない男。彼がOKを出さない限りジャソンは警察に戻れないから、不満はあっても絶対服従するしかない。課長たちが画策する「新世界プロジェクト」は、当のジャソンにさえ詳細が知らされていない極秘作戦である。

atarasiki2.jpg 裏社会でのジャソンの上司であるチョン・チョン(ファン・ジョンミン)は、企業型犯罪組織ゴールド・ムーンのNO.2。ジャソンと同じ韓国華僑(韓国国内で長年差別を受けてきた中国からの移民の子孫)で、華僑の組員を束ね中国マフィアとの商売を任されている。切れ者だが陽気。冗談の通じないジャソンをからかってばかりいるが、二人は本当の兄弟のような強い絆で結ばれている。

atarasiki3.JPG 蛇足ながら、以上の主要人物3人と、チョン・チョンと後継者争いをすることになる悪役で、華僑嫌いな組織のNO.3イ・ジュング(パク・ソンウン)の名前はしっかり区別できるよう頭に入れておこう。私はどっちの「イ?」と、一瞬こんがらかってしまった。

ジャソンは、上司カン課長と兄貴分チョン・チョンとの板挟みで、ますます表情が暗くなっていく。どう見ても上司より兄貴の方が愛すべき人物なのだ。捜査のためなら手段を厭わぬ警察組織が腹黒く、ギャング社会が人情味のある世界に思えてくる。だが実はどちらの組織も、大義の前では人ひとりの命なんて何とも思っていない非情な集団であることは、ジャソン自身が一番良く知っている。果たしてジャソンは警察とヤクザ、どちらへ義理を立てるのか? どちらがジャソンの新しく生きる世界なのか?

atarasiki4.JPG 壮絶な“出入り”抗争シーンはあるが、ド派手なアクションはない。セクシー美女とのお楽しみシーンもない。そんなものはなくても十分見応えがある。そして極秘作戦「新世界プロジェクト」の構想には、アッと驚かされてしまう。

ここぞという場面では、どの男も情に流されず、冷酷で非情で肝が据わっていて、それぞれがみなカッコイイ! 続編も是非観たいし、決定済みだというハリウッド・リメイクも楽しみである。紫煙の中に男の哀愁が漂う韓国ノワール・サスペンス。お薦め作品だ。

(象のロケット 映画・ビデオ部 並木)




posted by 象のロケット at 16:38| Comment(0) | TrackBack(3) | 超お薦め映画作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする