2014年08月01日

『猿の惑星:新世紀(ライジング)』お薦め映画

★★★★★ 2014年製作 米 (131 min)
【監督】マット・リーヴス(モールス、クローバーフィールド/HAKAISHA、ハッピィブルー)
【出演者】
アンディ・サーキス(猿の惑星:創世記(ジェネシス)、キング・コング、タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密、アレックス・ライダー)
ジェイソン・クラーク(ゼロ・ダーク・サーティ、ホワイトハウス・ダウン、華麗なるギャツビー、パブリック・エネミーズ)
ゲイリー・オールドマン(ドラキュラ、裏切りのサーカス、シド・アンド・ナンシー、エアフォース・ワン)
ケリー・ラッセル、コディ・スミット=マクフィー、トビー・ケベル、ジュディ・グリアー
【あらすじ】天性のリーダーシップで2000頭の猿を統率するシーザーは、サンフランシスコ郊外の森の奥深くに、巨大なコミュニティを築き上げていた。 一方、10年前に世界的に拡散したウイルスの影響で人類の大半は死滅しており、免疫を持つわずかな生存者たちが、荒廃したサンフランシスコ都市部で共同生活を送っていた。 互いの存在を忘れつつあった人間と猿は森で遭遇し、互いにパニックに陥ってしまう…。 SFスリラー。

『猿の惑星:新世紀(ライジング)』象のロケット
『猿の惑星:新世紀(ライジング)』作品を観た感想TB

画像(C)2014 Twentieth Century Fox All rights reserved.

dawnapes1.jpg 【解説と感想】人間が高度な知能を持つ猿に支配される前代未聞の世界観を描いたSF映画の傑作『猿の惑星』(1968年製作)。元祖『ゴジラ』(1954年製作)同様、今見てもオリジナルの素晴らしさに恐れ入ってしまう名作である。また、何度続編が作られても面白いのがすごい。本作は、なぜ人類の文明は崩壊し、猿が支配者になったのかという大きな謎、「猿の惑星」の起源に迫る新シリーズの第2弾だ。

前作で、サンフランシスコの製薬会社ジェネシスの研究所に勤める若き神経科学者ウィル(ジェームズ・フランコ)と、彼が可愛がって育てた高知能猿シーザー(アンディ・サーキス)は、悲しくも袂を分かつことになってしまった。(今回ウィルの登場は写真のみ。)

dawnapes2.jpg 本作は、それから10年後のサンフランシスコが舞台。猿は郊外の森で、人間は廃墟となった市街地で、それぞれが互いの存在を知らずに暮らしている。知らぬが仏の平和的共存だったが、偶然顔を合わせた時の両者の驚きと言ったら、互いに声も出ない有り様。戦争は不安と恐怖から始まる。最近の緊迫した政治状況が思い浮かぶ。

猿のオスは狩りをし、メスは子育てをする。簡単な言葉を話し、住居は樹木で作った素朴なもので、ほぼ旧石器時代の原人の生活に等しい。ここから人類が文明を持った現代人になるまでには100万年以上かかったが、この猿たちの場合、知能が高いので、あっという間に現代人に追いつきそうだ。もっとも、猿らしい一面もあり、ボス猿シーザーの頭と腕っぷしの強さに、2000匹のサルが絶対服従している。時には反抗的なオスをブッ飛ばすことも、ボスの強さをアピールするためには必要なのだ。

dawnapes3.jpg 前作より使われている、俳優の動きを取り込む撮影技術も更に進化。今回は木々が生い茂る森に3Dカメラ、モーション・キャプチャー・カメラを設置し、50人の役者が猿として森をうろつく姿を撮影したという。表情や動きがリアルで、猿それぞれの顔が違う。特にシーザーはハンサムで、強烈なカリスマオーラが漂っている。残念ながら、シーザーの妻コーネリア(ジュディ・グリア)は、美女には見えなかった。シーザーの片腕のコバ(トビー・ケベル)ときたら、悪の親玉のような人(猿?)相。俳優と猿のルックスは、必ずしも一致しているわけではないらしい。この最先端技術を駆使した映像と、練りに練られたストーリーのお蔭で、猿がしゃべっても、馬に乗っても、銃を構えても、現実味を帯びた物語として受け止めることができる。

人(猿?)格者のシーザーは、人間との外交交渉にも硬軟使い分けた政治手腕を発揮する。一方、生き残ったわずかな人類を率いるリーダー、ドレイファス(ゲイリー・オールドマン)には、最初から猿を殺す発想しかない。リーダーのレベルからして、既に人類は猿に負けている。ああ、情けない!

電力不足解消のため、人間が森の古いダムを訪れたせいで、サルとヒトは望まぬ再会を果たした。現代人は、電力なしでは生活が成り立たない。戦いも武器に頼るしかない。裸では暮らせない。不便な生活への不満が蓄積し元気がない。身一つでも森で暮らせる猿とは大違いで、文明に毒された私たち人間が哀れに思えてくる。

シーザーと、彼と心を通わせる人間マルコム(ジェイソン・クラーク)は、猿と人間の平和的共存を願っている。しかし、人間と猿の一部の者たちが暴走し、今にも両者の戦争が始まろうとしている。勢いのある「これからの猿」と、落ち目の「終わりつつある人間」は、もう戦うしかないのだろうか? 好奇心を掻き立てるSFスリラー。お薦め作品だ。

(象のロケット 映画・ビデオ部 並木)



 
posted by 象のロケット at 22:50| Comment(0) | TrackBack(10) | 超お薦め映画作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月08日

『太秦ライムライト』お薦め映画

★★★★ 2013年製作 日・米 (104 min)
【監督】落合賢
【出演者】福本清三(オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー)
山本千尋
本田博太郎(大帝の剣、北京原人 Who are you?、大怪獣東京に現わる、能登の花ヨメ)
松方弘樹、合田雅吏、萬田久子、小林稔侍
【あらすじ】かつて日本のハリウッドと呼ばれた京都・太秦。 70歳の香美山は、日映撮影所に所属する斬られ役一筋の大部屋俳優。 半世紀近く続いた人気テレビ時代劇が打ち切りとなり出番がない日が続く中、駆け出しの女優さつきに請われ、殺陣の指導をする師弟関係となる。 稽古の甲斐あって、時代劇でチャンスを掴んださつきは東京へ旅立った。 …時が経ち、さつきは太秦撮影所を訪れるが…。 ≪どこかで誰かが見ていてくれる…≫

『太秦ライムライト』象のロケット
『太秦ライムライト』作品を観た感想TB

画像(C)2013 UzumasaLimelight.

uzumasa1.JPG 【解説と感想】主演俳優は、斬られ役のアクション俳優として50年以上のキャリアを持つ“5万回斬られた男” 福本清三(71歳)で、本作が初主演。役柄はまるで彼自身のような、京都・太秦撮影所に所属する、斬られ役の老いた俳優・香美山清一。チャップリンの『ライムライト』をモチーフにした、ベテラン俳優と新進女優・伊賀さつき(山本千尋)の交流を描いた物語だ。

uzumasa2.jpg この香美山、毎日役作りのための稽古は欠かさない。謙虚で腰が低く、若手俳優に対する言葉遣いも丁寧。どんな仕事でも引き受ける。それが彼の処世術なのだろう。斬られ役の大御所的存在だが、どこから見ても、もうおじいちゃん。彼は満足に殺陣ができない若手に仕事を奪われていく。まだ見ていないが秋公開の、スーツアクター(ヒーローの着ぐるみ等を着て演技するアクション俳優)が主人公の「イン・ザ・ヒーロー」ともイメージが重なる。

uzumasa3.JPG 時代劇に欠かせないのが、クライマックスのチャンバラシーン。真剣(本物の刀剣)で本当に斬り合いをしているように見えると、観終わった後の満足感が違う。それを支えているのは殺陣(たて:立ち廻り)に長けた斬られ役だが、登場するのはほんのわずかなシーンなので、観客に顔を覚えられることはほとんどない。しかし撮影所のスタッフはみな、香美山がすごい役者であることを知っている。

uzumasa4.JPG 香美山と時代劇の大スター尾上清十郎(松方弘樹)が対峙する時、誰もが両者の立場を理解する。役者の輝きが違うのは、天性のスターオーラのせいばかりではなかった。ライムライト(照明)が当たるのは主役であり、斬られ役はあくまでも影の存在。斬られ役が主役より目立つのもご法度である。どんなに上手くても、香美山は斬り合いの主役にはなれないのだ。

古来の日本刀での斬り合いと、木刀を使う剣道は別物で、真剣に似せた刀で見栄えよく演技する時代劇の殺陣はもっと違う。本作にも登場するが、昨今はCGを使ったチャンバラも可能になった。歌舞伎の流れを汲む、情感漂う伝統的な時代劇には香美山のような斬られ役は欠かせないが、若手スターが活躍するスピーディーなアクション時代劇にはCGが欠かせない。どちらが優れているとも言えない時代になりつつある。

uzumasa5.jpg 物語を史実と照らし合わせる時代考証は大切だ。セットや道具はもちろん、衣装、話し言葉や表情、所作、思考回路までが昔と現代では違う。時代劇が減って、役者や技術スタッフが育つ場がなくなったと危惧されているが、最近ちょっぴり時代劇が復活してきているようにも感じる。若者の間でも、着物や浴衣が新しいファッションとして流行っているようだ。今の時代に即した新しい時代劇と伝統的な時代劇、私はどちらも楽しみたい。時代劇の巻き返しを強く望む。

香美山の「ヨッ、待ってました!」のアクションシーンは、「斬られて本望!」の一言に尽きる。撮影所で様々なスタッフと役者が作り上げる時代劇の舞台裏と、消えゆく老役者の美学を垣間見ることができるお薦め作品だ。

(象のロケット 映画・ビデオ部 並木)



 

posted by 象のロケット at 21:07| Comment(0) | TrackBack(4) | 超お薦め映画作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月17日

『プロミスト・ランド』お薦め映画

★★★★ 2012年製作 米 (106 min)
【監督】ガス・ヴァン・サント(ミルク、グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち、サイコ、小説家を見つけたら
【出演者】マット・デイモン(ミケランジェロ・プロジェクト、ボーン・アルティメイタム、ボーン・スプレマシー、リプリー)
ジョン・クラシンスキー(お家(うち)をさがそう、恋するベーカリー 別れた夫と恋愛する場合、だれもがクジラを愛してる。、かけひきは、恋のはじまり)
フランシス・マクドーマンド(スタンドアップ、バーバー、容疑者、バーン・アフター・リーディング)
ローズマリー・デウィット、ハル・ホルブルック、スクート・マクネイリー、タイタス・ウェリバー
【あらすじ】大手エネルギー会社のエリート社員スティーヴは、女性社員スーと共に、シェールガスの埋蔵地である田舎町マッキンリーに到着した。 この地での任務は、地主たちと契約してシェールガスの採掘権を獲得すること。 有力者に十分根回しをした上で開かれた町民集会は簡単に終わるはずだったが、元科学者の老人が環境への影響を検証するべきだと訴える。 更に環境活動家のダスティンが乗り込んできて、住民の心が揺らぎ始めた…。 社会派ドラマ。

『プロミスト・ランド』象のロケット
『プロミスト・ランド』作品を観た感想TB

画像(C)2012 Focus Features LLC.All rights reserved.

promisedland1.JPG 【解説と感想】主人公スティーヴ・バトラー(マット・デイモン)と相棒のスー(フランシス・マクドーマンド)は、大手エネルギー会社の採掘権交渉者。シェールガスの採掘権を土地所有者から借り上げる契約を結ぶのが仕事だ。シェールガスとは、石油に代わるエネルギー源として注目されている天然ガスである。貸すだけだから先祖代々の土地から離れる必要もない。廃業もできず貧乏な暮らしに甘んじていた地主たちは、多額の契約料を提示され大喜びだ。

promisedland2.JPG ところが、どんな田舎町にもインテリはいるもので、元科学者の老人フランク(ハル・ホルブルック)が、環境への影響に懸念を示す。その上、風来坊の環境活動家ダスティン(ジョン・クラシンスキー)が乗り込んできて、ギョッとするようなシェールガス採掘による被害体験談を話し始めたものだから、地主たちはすっかり怯えてしまう。本当にシェールガスとは、そんなに危険なものなのか?

promisedland3.JPG 自身も田舎町の出身であるスティーヴは、自分は不景気な町を活性化し豊かにする、素晴らしい仕事をしているつもりでいた。スティーヴは賛成派と契約を進める一方で、反対派対策、被害訴訟の事実確認などで多忙を極め、地主の一人アリス(ローズマリー・デウィット)との恋愛も、うまくいかなくなってしまう。一方、スーは子どものためにバリバリ稼いでいるキャリアウーマンで、割り切って仕事をしている印象を受ける。

最近見た『あいときぼうのまち』は、福島原子力発電所の建設地が舞台だが、本作は福島がアメリカに、原子力がシェールガスに変わっただけで、受ける印象はほぼ同じだ。原子力発電所が建設されたのは1960年代以降で、シェールガスは2000年前後から。どちらも最初は、夢のようなエネルギーだと言われていた。

人間が火を使った時から既に環境汚染は始まっているとも言える。厳密には何かを使ってエネルギーを作ること自体、自然に反しているのだ。『ノア 約束の舟』でも、智恵のついた人間の愚かな行為が神の怒りを買い、大洪水が起こってしまった。高度な文明生活は確実に地球を破壊する。しかし、私たちはもう原始人の生活には戻れない。

promisedland4.JPG 大型商業施設、レジャーランド、高層ビル、発電所、病院、公園など大規模な施設が建設される場合、大抵は地元住民への説明会がある。土地の売主は去ることもできるが、建設地周辺の住民は、ずっとその地で暮らすことになる。生活が便利になる、雇用が増える、賑やかになる、人口が増える、周囲の地価まで上がる、というプラス面と、日当たりが悪くなる、騒音・悪臭・大気汚染など環境への影響や、治安の悪化などのマイナス面が考えられる。何事にも表(良い面)と裏(悪い面)があり、裏の話は知ろうとしないと耳に入って来ない。

promisedland5.JPG 火力(石炭、石油、ガス)、太陽光、風力、水力、地熱、原子力等、様々な発電方法が脚光を浴びては、いつの間にか人気がなくなっていく。私たちは今後、何をエネルギー源として生きて行くのが一番いいのだろうか? シェールガス開発をひとつの例として、私たちに物事を見極める目、知ることや選択することの難しさを教えてくれる問題作。お薦め作品だ。

(象のロケット 映画・ビデオ部 並木)



 
posted by 象のロケット at 15:35| Comment(0) | TrackBack(9) | 超お薦め映画作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月03日

『ノア 約束の舟』お薦め映画

★★★★ 2014年製作 米 (138 min)
【監督】ダーレン・アロノフスキー(レスラー、ブラック・スワン、π<パイ>)
【出演者】ラッセル・クロウ(ニューヨーク 冬物語、シンデレラマン、グラディエーター、ビューティフル・マインド)
ジェニファー・コネリー(ニューヨーク 冬物語、砂と霧の家、ビューティフル・マインド、ダーク・ウォーター)
レイ・ウィンストン(ベオウルフ 呪われし勇者、ニル・バイ・マウス、ヒューゴの不思議な発明、インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国)
エマ・ワトソン、アンソニー・ホプキンス、ローガン・ラーマン、ダグラス・ブース
【あらすじ】ある夜、男ノアは眠りの中で恐るべき光景を見る。 それは、堕落した人間を滅ぼすために、すべてを地上から消し去り、新たな世界を創るという神のお告げだった。 大洪水が来ると知ったノアは、妻ナーマと3人の息子、養女イラと共に、つがい(雄と雌の一組)の動物たちを守る巨大な箱舟を作り始める…。 アクション・スペクタクル。

『ノア 約束の舟』象のロケット
『ノア 約束の舟』作品を観た感想TB

画像(C)MMXIV Paramount Pictures Corporation and Regency Entertainment (USA), Inc.All rights reserved.

noah1.jpg 【解説と感想】「ノアの箱舟」は旧約聖書の創世記に登場する有名な物語だ。創世記が“物語”ではなく“事実”だと信じている人も多い国々と、冠婚葬祭でいろんな宗教にお世話になる人が多い日本では、本作の解釈や評価は異なるだろう。ただ“大洪水”は、日本人にとって今や見過ごせないテーマだ。

ノアはともかく、過去に「この世の終わり」のような大洪水が起こったことは間違いない。3.11東日本大震災に伴う津波や原発事故で、「人類の滅亡」は近いと感じた方もいらっしゃるはずだ。今週末公開の『ポンペイ』の火山爆発・地震・津波の映像もすごかったが、本作の大洪水には「世界の終わり」のような迫力があるし、洪水前後の醜い争いや、伴侶を得たいという気持ち、子孫繁栄を望む思いは、震災後の食品争奪戦や、急に結婚する気になった男女が増えた“震災婚”現象、地球環境を心配する人が増えたことなどを思い起こさせる。

ところで、最近見た「大いなる沈黙へ グランド・シャルトルーズ修道院」は、厳格な修道院生活に密着したドキュメンタリーで、目の見えない老修道士が「私は目が見えなくて本当に良かった。」と、穏やかに話していたのが印象的だった。「仕方がない」のではなく「良かった」のだ。つまり、全て神が決めたことだから、世の中に悪いことなどあるはずがないという考え方だ。神道や仏教関係者、スピリチュアル系の方々からも、私は似たような話を聞いた。超能力者でない限り、自然災害や不慮の事故を防ぐことはできない。難しいことだが、嘆き悲しみ続けるより、事実を真摯に受け止め、前へ進む方がいい。そういう時、信仰は心の支えになる。

noah3.jpg さて映画では、神から大洪水が来ることを知らされた男ノア(ラッセル・クロウ)と妻ナーマ(ジェニファー・コネリー)、長男セム(ダグラス・ブース)、次男ハム(ローガン・ラーマン)、幼い三男ヤフェト、養女イラ(エマ・ワトソン)の一家6人は、巨大な箱舟を作って、動物たちと共に乗り込もうとする(設定やストーリーは、聖書と若干異なる。)

noah2.jpg 神に選ばれた偉大な「善人」ノアが、次第に「悪人」に見えてくる。また、動物たちは全て雄と雌の“つがい”になっているのに、息子たちの妻になれるような女はイラ一人。しかもイラは子を産めぬ体なのだ。創世記だというのに、もう人類滅亡の危機を迎えてしまう。

当時のアダムとイブの子孫たちの平均寿命は800〜900歳で、ノアに息子が生まれたのも彼が500歳の時。だから急ぐ必要はないけれど、このままでは子孫が絶える。若い息子たちは女を得たい、イラは子どもを産みたい、ナーマは次の世代を残したい、と、彼らが心配するのは自分や家族の未来のこと。ノアだけは、さすが神に見込まれただけあって、神様優先だが、そういう生き方は一家の主、父親として最低だと家族から非難されてしまう。

先にあげたグランド・シャルトルーズの修道士より、ノア一家の方がずっと人間臭く、本能のままに生きている。彼らは「全て神の御心のままに。」とは考えない。アダムとイブの時代から、人間は神の言葉に背き本能に従って生きてきた。それは神の意思に反することなのか? それとも本能で生きること自体が、神の意思によるものなのか?

noah4.jpg 神が大洪水を起こしたのは、人間が堕落しこの世に悪がはびこっていたからだ。しかし当時の人間と現代人と、いったいどちらが堕落しているだろう。神に似た姿をした人間が智恵を発達させた結果、エデンの園のように美しかった地球は、今や崩壊しつつある。これは、人類を滅亡させこの世をリセットしたいという、神の摂理の現われなのだろうか?

創世記が、普遍的な家族の愛と葛藤、未来への警告が込められた物語として生まれ変わった、壮大なアクション・スペクタクル。お薦め作品だ。

(象のロケット 映画・ビデオ部 並木)



 
posted by 象のロケット at 11:15| Comment(1) | TrackBack(16) | 超お薦め映画作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月15日

『映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』お薦め映画

★★★★ 2014年製作 日 (97 min)
【監督】高橋渉  劇場版3D あたしンち 情熱のちょ〜超能力♪母大暴走!
【出演者】(声)矢島晶子、ならはしみき、藤原啓治
【あらすじ】ある日、ギックリ腰を治しにマッサージに行ったとーちゃんが、なんと、ロボットになって帰ってきた! 戸惑うみさえと大喜びのしんのすけ。 美味しい料理を作ったり、家をピカピカにしたり、リモコンでも操作できる“ロボとーちゃん”は、ちょー便利。 しかしそれは、日本の父親たちの復権を目論む「父ゆれ同盟(父よ、勇気で立ち上がれ同盟)」による巨大な陰謀だった…。 大ヒットアニメ劇場版第22弾!
脚本:中島かずき

『映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』象のロケット
『映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』作品を観た感想TB

画像(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2014

kureyonrobo1.jpg 【解説と感想】仕事柄、アニメや実写ヒーローものなど子ども向け作品もよく観るが、私のような大人でも十分楽しめることが多い。 子どもたちが退屈せず、目を輝かせて楽しめるような内容であることが一番だが、子どもだけでなく、大人や社会への警告や励ましが感じられる、深遠かつ壮大なストーリーであることも非常に多い。

クレヨンしんちゃんは、かなりぶっ飛んだ小学生だが、父ひろし、母みさえはごくごく普通の両親である。どこにでもいるオッサンだから、ひろしはキャッチセールスの美人お姉さんに、いとも簡単に引っかかり、何とロボットにされてしまう!!! 裏で糸を引いているのは、父親復権を目論む「父よ勇気で立ち上がれ同盟(父ゆれ同盟)」だった!!!

カミさんが家庭内の実権を掌握している現代、妻子のために身を粉にして働く父親は、家では臭い、汚い、邪魔だと粗大ゴミ扱い。ひと時の安らぎを求めて公園で煙草を吸いながらボーっとしたり、知らない子どもにニッコリ話しかけようものなら、不審者扱いされてしまう。オトーサンって、どこにも居場所がないから、ひたすら働くしかないのだ。会社でも女子社員から煙たがられているかもしれないが…。

kureyonrobo2.jpg さて、スーパーロボットひろしの働きぶりは素晴らしく、会社でも家庭でもご近所でも好感度がグーンとアップ! みさえはひろしに惚れ直し、しんのすけは尊敬の眼で父を見つめるのだが、そんな一家団欒が長続きするはずがなかった!

kureyonrobo4.jpg 本作は威張りクサった妻、言うことを聞かないガキ、公園を占拠している犬散歩ババアを蹴散らし、「亭主関白」「男性上位」社会の復活を目指す、父ゆれ同盟の陰謀による春日部市“父親革命”を描くサスペンス・アクションなのである。脚本は「劇団☆新感線」の座付作家でもある中島かずき。やっぱり哀れなオトーサン世代だった(ゴメンナサイ)。

子連れでしんちゃんを観に行く(行かされる)オトーサンたちは、「うんうん、そーなんだよ、父ゆれ最高! ひろし頑張れ!」と、コーフンし拳を振り上げることだろう。オカーサンたちは、ひろしに同情しつつも「男って、ほんとバカよね。」と呆れる妻みさえのセリフに頷くことだろう。

kureyonrobo3.jpg 私は個人的には、落ちこぼれ女性警察官・段々原照代が気に入った! ボロボロになっても戦うロボ父ちゃんはカッコイイし、ちょっぴり「ターミネーター2」的感動をもたらしてくれる。

ところで、子どもたちは、この作品でいったい何を思うのだろう? 可哀そうなオトーサンのこと、ちょっとは分かってくれるのかな?「ワーイ、うちの父ちゃんもロボ父ちゃんだったらいいなー。何でもやってくれるし、ガンダムみたーい!」で、終わっちゃうんだろうか…。

夫のホンネと妻のホンネがはっきり見えてしまう爆笑ファミリー愛アニメ。 やっぱり野原一家は最高! お父さんを勇気づけてくれるゴールデンウィークのお薦め作品だ。
(象のロケット 映画・ビデオ部 並木)



 
posted by 象のロケット at 19:34| Comment(0) | TrackBack(2) | 超お薦め映画作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする